記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスの働き方改革で業務改善!働き方改革に必要なポイントとは?

「日々の業務でもっと効率的に働けないものか?」とお悩みではありませんか?この記事では情シスの働き方改革における実践的な解決策をご紹介します。技術の進化に伴うスキルアップの必要性・増え続けるセキュリティ対策・そして突発的なシステムトラブルへの対応が課題です。

これらの課題に直面する情シスの負担を軽減し、より良いワークライフバランスを叶えるためのポイントを詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスへの負担が増加する原因

情シス部門が直面している負担はどんどん増えています。技術の進化やセキュリティ要求の増加、そして急増するシステム保守の必要性がその背景にあります。これらの背景について以下で詳しく解説します。

技術の進歩と継続的なスキルアップの要求

IT技術が進歩する速度は非常に速く、情シスには常に最新の知識へのアップデートが求められます。このスピードに対応するため、継続的な学習とスキルアップが必要です。

しかし、情シスに必要とされるIT関連の知識は膨大で、日々の忙しさに追われる中での学習時間の確保は簡単ではありません。そのため効率的な学習方法と実務のバランスが求められています。

セキュリティ対策の増加

セキュリティ対策の必要性が増す中、情シスへの負担も増えています。サイバー攻撃の手法は日々進化し、常に最新の対策が求められている状況です。しかし、次々と新しい脅威が生まれる中、情シスにとって簡単な作業ではなく負担が大きくなっています。

対策としては定期的なシステムのアップデート・脆弱性のチェック・社員への教育が挙げられます。また、対策には時間とコストがかかるため、適切なツールの選定や社員一人ひとりがセキュリティ意識の向上に努める必要があります。

システムの保守・運用による緊急対応

システムの保守・運用で発生する緊急対応は情シスにとって切実な課題です。緊急対応が必要な場合は、正確で速やかな処理が必要とされます。たとえばシステムダウンが発生すると、その影響は会社全体に及ぶため、事前に対策を取ることが重要です

緊急事態に備えるため定期的なシステムチェックとリスク評価を実施し、トラブル発生時に素早く対応できる体制を整えておくことが求められます。チーム内での役割を明確にして、どの情シスでも対応できるよう備えておくようにしましょう。

情シスの働き方改革を進める必要性

情シス部門の働き方改革はもはや避けられない課題です。従業員のウェルビーイング向上、業務効率の改善、そして人材の確保が重要な役割を果たします。これらの背景について以下で詳しく解説します。

従業員の健康とウェルビーイングの向上

従業員の健康とウェルビーイングの向上は働き方改革でも重要なテーマです。ストレスの多いIT業務において情シスの心身の健康を守ることは生産性向上に直結します。

適切な休息・労働時間の管理・心理的サポートの整備は、社内の情シスが長期にわたり活躍できる環境づくりには欠かせません。働きやすい環境を整えることで社内の情シスの定着にもつながり、企業の安定した成長を支えることにもつながります。

生産性の向上と業務効率の改善

情シスによる生産性の向上と業務効率の改善は働き方改革の中心的な要素です。そのため近年では自動化ツールの導入やプロセスの見直しによる改善が期待されています。

このような技術を導入することで繰り返し行われる手作業が削減され、情シスの業務の負担を軽減することが可能になります。単純作業をツールに任せられるようになった分、複雑で優先度の高い仕事に専念できるようになります。また、データに基づく意思決定を促すシステムを使用することで業務の品質を大きく向上させ企業の競争力を全体的に強化します。

人材の流出防止と働きがいの提供

働き方改革で効果が得られれば人材の流出を防ぎ、情シスにとって働きがいのある環境をを作ることができます。たとえば社内での適切なキャリアパスを確立することで適正な評価制度ができ、情シスのモチベーションを向上させることができます。

さらに、自動化ツールの導入による業務の軽減と効率化を図れば、社内の情シスに不要な負担を強いることがなくなります。これにより情シスは専門家としてのスキルを効率よく活用し、企業への長期的なコミットメントを促すインセンティブがうまれます。結果的に組織全体の業務効率を大幅に向上させることにつながるでしょう。

情シスの働き方改革が進まない要因

情シス部門の働き方改革が進まない主な原因にはプロジェクトベースの働き方、経営層やマネージャーの意識の低さ、リソース不足、そして従業員のITリテラシーの問題が挙げられます。

これらの原因が統合的に影響を及ぼし、改革の推進が妨げられることが多いです。とくに経営層のサポートが不足している場合、必要な投資や文化の変革が進まず、結果として働き方改革が停滞することになります。

プロジェクトベースでの働き方

プロジェクトベースでの働き方は情シス部門において一般的です。一方で働き方改革を妨げる原因にもなっています。各プロジェクトで設定されている期限は情シスにとって一時的に大きく負荷がかかります。そのため従業員の過労やモチベーションの低下を引き起こしやすく、継続的な業務改善やスキル向上の機会を奪ってしまうことにつながります。

さらにプロジェクト完了後の評価が不十分であることが多く、改善点が次のプロジェクトに活かされず非効率なのも情シスに負担をかけている原因です。これらの問題を解決するためには働き方自体を見直し、必要に応じてサポート体制を強化する必要があります。

経営層・マネージャー層の意識

経営層やマネージャー層の意識は情シス部門の働き方改革を進める上で非常に重要です。上層部が働き方改革の必要性やメリットを理解し積極的にサポートする姿勢を見せない限り改革は進みません。とくに上層部によるリソースの配分や投資の優先順位設定は現場の業務に大きく影響を及ぼします。

経営層やマネージャー層が新しい技術やプロセスの導入に前向きであること、そしてその変化を社内に浸透させるためのリーダーシップを率先して発揮することが必要です。

リソース不足

リソース不足は情シスの働き方改革を進める上で大きな課題です。とくに必要な人員や技術的な設備が不足している場合は業務の効率が落ちてしまい、プロジェクトの遅延やサービスの品質低下につながります。

リソース不足を解決するためには必要な人材の確保と育成・最新のテクノロジーへの投資が急務です。適切なリソース管理と戦略的な計画の立案によって業務の効率を高めることが可能となり、結果として働き方改革を推進する土台が築かれます。

従業員のITリテラシーの欠如

従業員のITリテラシーの欠如は情シスの働き方改革において大きな障害となります。技術の進歩と共に基本的なITスキルだけでなく新しいツールやプラットフォームを効果的に使用するスキルが求められています。

情シスだけが理解するのではなく各部署でのITリテラシーが向上すれば、情シスのリソース不足をカバーする事が可能です。社内全体のITリテラシーを向上させるためには定期的な研修の開催・参加を促し、各個人のスキルアップの必要性を認識してもらうことが重要です。

社内全体の従業員が基本的なIT技術を扱えるようになれば、情シスの業務負担軽減と業務効率が大幅に向上し働き方改革の成功につながるでしょう。

情シスの働き方改革に必要なポイント

情シス部門の働き方改革を成功させるにはいくつかのポイントがあります。柔軟な勤務体系、自動化ツールの導入、そして従業員の積極的な参加が必要です。これらのポイントについて以下で詳しく解説します。

柔軟な勤務時間の導入とリモートワークの推進

柔軟な勤務時間の導入とリモートワークの推進は情シス部門の働き方改革において効果的です。リモートワークの導入により従業員は通勤時間を節約し、仕事と私生活のバランスを改善できるようになります。

また、リモートワークの普及は勤務先の制限を受けることなく優秀な人材を確保する機会をもたらします。優秀な人材が集まれば、従業員の幅広い才能と能力を高めることにもつながるでしょう。結果的に情シスの満足度が向上し企業全体の生産性の向上にも貢献します。

自動化ツールの積極的な導入

自動化ツールの積極的な導入は情シス部門の効率を大きく改善するためのポイントです。自動化ツールを導入すれば日常のルーチンワークや手間のかかる手作業を大幅に削減し、情シスが対応するべき複雑で優先度の高い業務に集中することができます。

とくにデータ処理やレポート生成においては、自動かツールの導入により作業の速度と精度が大幅に向上します。作業の効率化だけでなく情シスの仕事に対するモチベーションを高める効果も期待できるため積極的な利用を検討しましょう。

従業員参加型での働き方改革の推進

従業員参加型での働き方改革の推進は情シススタッフの意見が取り入れやすくおすすめです。情シスが直接働き方改革のプロセスに関与することで現場の意見やアイディアが業務改善に反映され、より実現可能で具体的な解決策がうまれます。

従業員参加型にすることで仕組みや規則の変更に対する抵抗感が減少し現場に対する理解を示すことで情シスのモチベーションを高めることが可能です。また、日々の業務に直結した改善になるため働き方改革の改善効果を実感しやすいのもメリットです。

業務内容の見える化

業務内容を見える化することは情シスにおける働き方改革を進めるにあたって重要です。見える化を推進することでプロジェクトの進行状況や各タスクの詳細が明確になり、チーム内での業務調整や協力体制が整い、業務が円滑に進むようになるでしょう

さらに、業務内容を見える化することで非効率な業務を見つけ出し、速やかに改善策を施すことができます。業務内容の見える化は情シス間のチームワークを強化し、全員が共通の目標に向けて協力しやすい環境を整えることにつながります。

業務の属人化の解消

情シス部門における働き方改革で重要になるのが業務の属人化を解消することです。業務が特定の人物に依存している場合、その人が欠けると作業が止まってしまう問題が発生します。業務の属人化を解消するには業務の手順を標準化・マニュアル化するなどが効果的です。

手順が明確に共有されていれば誰でもその業務を行うことが可能です。さらに、業務をデジタル化することで情報のアクセスが簡単になり業務の見える化にもつながります。

情シスの働き方改革に前向きな企業への転職ならWARCエージェントがおすすめ

情シスの働き方改革に積極的な企業への転職を検討されているなら、WARCエージェントがおすすめです。WARCエージェントは働き方改革を積極的に推進する企業の求人を多く扱っており、ご自身のキャリアと健康を考慮した理想的な職場環境を提案します。

WARCエージェントはIT関連の転職に特化しており、より充実したワークライフバランスを求める情シスの方に適切な職場を見つけるサポートを行います。

理想とする働き方を実現するために、ぜひWARCエージェントの転職サービスをご活用ください。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。