記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスに求められるスキルセットとは?スキルマップの活用法もご紹介!

情報システム部門の業務は多岐にわたり、常に変化し続ける技術に対応する必要があるため、情シス担当者には幅広いスキルセットが求められます。自分に必要なスキルを的確に把握し、効果的に習得するためには、情シスのスキルマップが役立ちます。

スキルマップは、技術スキル、ビジネススキル、マネジメントスキル、コミュニケーションスキルなど、様々な側面から求められる能力を体系的に整理したものです。

本記事では、情シスのスキルマップの活用法と、身につけるべきスキルの詳細を解説します。自身のスキルレベルを客観的に評価し、強みと弱みを明確にすることで、キャリア開発の指針とできるでしょう。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスのスキルマップ活用法

情シスのスキルマップ活用法は次のとおりです。

  • 求められる人材像の明確化
  • スキルギャップの把握
  • 情シスのスキルマップで確認すべき能力

求められる人材像の明確化

情報システム部門に最適な人材像を明確にすることは、効果的な採用戦略の基盤となります。まず、ITに関する深い知識と情熱を持ち合わせていることが重要です。また、高いコミュニケーション能力とチームワークを重視する協調性も不可欠でしょう。

また、ストレス耐性があり、複数のプロジェクトを同時に管理できる能力も求められます。問題解決能力に長けており、常に業務改善を意識できる人材が理想的です。

例えば、大手IT企業のシステム部門では、これらの資質を備えたメンバーを集め、生産性の高いチームを構築しています。プロジェクトリーダーには、技術力だけでなく、マネジメント力も求められます。

情シス部門の採用では、単にスキルだけでなく、組織文化にマッチする人物像を明確にすることが成功の鍵を握ります。求める人材像を具体化し、採用基準に落とし込むことで、優秀な人材の確保につなげましょう。

スキルギャップの把握

情報システム部門の現状のスキルと、業務遂行に必要なスキルのギャップを把握することは重要です。まず、スキルマップを作成し、現在の従業員のスキルレベルを可視化しましょう。次に、業務に必要な理想的なスキルセットを定義します。

この2つを比較することで、ギャップを明確にできます。例えば、クラウド技術への対応が不足している場合、それに特化した研修プログラムの導入が有効でしょう。また、専門性の高い分野では、外部からの採用も検討すべきです。

スキルギャップの解消には、データに基づく分析と、具体的なアクションプランが不可欠です。自社の状況に合わせて、研修と採用を戦略的に組み合わせることで、情シス部門の総合力を高めていきましょう。

情シスのスキルマップで確認すべき能力

情報システム部門で成功するためには、技術的スキルと非技術的スキルの両方が重要です。まず、技術面ではプログラミング、データベース管理、ネットワーク設計などの専門知識が不可欠です。これらのスキルは、システムの開発や運用に直結します。

一方、非技術的なスキルも見逃せません。プロジェクト管理やコミュニケーション能力、リーダーシップは、複雑なシステム開発を円滑に進める上で欠かせない能力です。

これらのスキルは、業務の生産性や品質に大きな影響を与えます。例えば、優れたプログラミングスキルは、効率的なコーディングとバグの少ないシステムを実現します。また、コミュニケーション能力は、ユーザー部門とのスムーズな要件定義やトラブル対応に役立ちます。

スキルの習得には、研修や実務経験が効果的です。また、業界の動向に合わせて、新しい技術やフレームワークに継続的に触れることも大切でしょう。

情報システム部門に必要な具体的なスキルは次のとおりです。

  • ビジネス要件定義能力
  • システム企画・設計力
  • 開発・構築スキル
  • 運用・保守対応力

ビジネス要件定義能力

情報システムを計画する際、ビジネスの要件を正確に把握し、技術的な解決策に落とし込む能力が重要です。要件定義のプロセスは、プロジェクトの成功を左右する鍵となります。

まず、ワークショップやインタビュー、アンケートなどを通じて、ステークホルダーから要件を収集します。この際、関係者の意見を漏れなく取り入れることが重要です。

次に、収集した要件を分析し、優先順位をつけます。相反する要求や実現可能性の低い要件には、代替案を提示するなどの調整が必要でしょう。

システム企画・設計力

効果的なシステム設計は、プロジェクトの成果を大きく左右します。ビジネス要件を技術仕様に的確に落とし込むことが重要です。

システム設計のプロセスは、概念設計から詳細設計へと段階的に進みます。まず、全体像を俯瞰し、システムの構成要素を明らかにします。次に、各コンポーネントの詳細な仕様を定義していきます。

設計では、ユースケース図やフローチャートなどの視覚的なツールが活用されます。これらを用いることで、複雑なシステムの動作を分かりやすく表現できるでしょう。

開発・構築スキル

システムの開発と構築は、プロジェクトの中核を担う重要な過程です。ここでは、プログラミングやデータベース管理など、高度な技術力が問われます。

使用するプログラミング言語は、システムの要件や開発チームのスキルセットを考慮して選定します。例えば、Webアプリケーションの開発であれば、JavaScriptやPythonが適している場合が多いでしょう。

開発プロセスの標準化も重要なポイントです。アジャイル開発手法を取り入れることで、柔軟かつ効率的な開発が可能となります。

運用・保守対応力

システムの運用と保守は、プロジェクトの長期的な成功を左右する重要な段階です。ここでは、問題の予防と迅速な対応が求められます。

運用監視は、システムの安定稼働を維持するために欠かせません。適切なモニタリングツールを使用し、異常を早期に検知する必要があります。

万一障害が発生した場合は、速やかな対応が重要です。あらかじめ定めたエスカレーション手順に従い、関係者と連携しながら問題の解決にあたります。

また、長期的な視点で保守戦略を立てることも大切です。定期的なメンテナンスや、システムの改善提案などを通じて、継続的な価値提供を目指します。

情シスに求められるスキル一覧

情シスに求められる主なスキルは次のとおりです。

  • 業務知識・技術スキル
  • ビジネススキル
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル

業務知識・技術スキル

業務知識・技術スキルに必要な能力は次のとおりです。

  • 業務プロセスの理解
  • プログラミング言語
  • データベース設計力
  • ネットワーク知識
  • セキュリティ知識

業務プロセスの理解

情報システム部門では、関連する業務プロセスを深く理解することが重要です。それにより、効率的なシステム設計や改善が可能となります。

業務プロセスを分析する手法の一つに、プロセスマッピングがあります。これは、業務の流れを可視化し、ボトルネックや改善点を特定するための手法です。

業務プロセスを理解することで、システムの自動化や効率化を図れます。また、ユーザーの要求をより的確に把握し、使いやすいシステムを構築することにもつながります。

プログラミング言語

情報システムの開発では、プログラミング言語の選択が重要な意思決定の一つとなります。プロジェクトの要件や、開発チームのスキルセットに適した言語を選ぶことが重要です。

現在、広く使われている言語としては、Java、Python、JavaScriptなどが挙げられます。Javaは大規模システムの開発に適しており、Pythonはデータ分析や機械学習の分野で人気があります。

言語選択の際は、技術的な適合性だけでなく、ビジネス面での考慮も必要です。例えば、将来のメンテナンス性や、開発者の採用難易度なども検討すべきポイントでしょう。

データベース設計力

情報システムの中核を成すデータベースを適切に設計することは、システム全体のパフォーマンスと保守性に大きな影響を与えます。データベース設計では、正規化やデータモデリングといった基本原則を理解し、それを実践に適用する力が求められます。

例えば、適切な正規化を行うことで、データの重複を排除し、一貫性を維持できるでしょう。また、将来の拡張性を見据えたスキーマ設計は、システムの長期的な運用において重要な役割を果たします。

データベースは、ビジネスの意思決定や業務効率化に直結するクリティカルな存在です。その設計には、技術的な知見だけでなく、業務要件への深い理解が不可欠となります。

ネットワーク知識

情報システムの安定稼働を支えるのが、ネットワークの設計と運用に関する知識です。TCP/IPやルーティング、スイッチングといった基本技術を理解することは、ネットワークエンジニアにとって必須のスキルと言えます。

また、ネットワークセキュリティの確保は、現代の情報システムにおいて極めて重要な課題です。最新の脅威動向を把握し、適切な対策を講じる能力が求められます。

例えば、大規模なネットワーク障害が発生した際には、問題の原因を迅速に特定し、復旧のための手順を的確に実行する必要があります。そのためには、ネットワークの構成要素と、それらの相互作用についての深い理解が不可欠です。

セキュリティ知識

情報システムのセキュリティを確保することは、現代の情報化社会において極めて重要な課題です。情報漏洩や不正アクセス、マルウェア感染など、さまざまな脅威に対する防御策を講じる必要があります。

セキュリティ対策では、技術的な側面だけでなく、ポリシーの設計と運用も重要な要素となります。例えば、適切なアクセス制御の設定や、従業員のセキュリティ意識の向上などが挙げられます。

実際のセキュリティインシデントの事例を見ると、パッチ適用の遅れや設定ミスなどが原因となるケースが少なくありません。定期的なセキュリティオーディットを実施し、脆弱性を早期に発見・対処することが重要です。

また、ファイアウォールやIDS/IPSといった実践的なセキュリティツールの使いこなしも、情シス担当者に求められるスキルの一つです。最新の脅威動向を踏まえ、適切な防御策を講じることが重要となります。

ビジネススキル

ビジネススキルに必要な能力は次のとおりです。

  • 業務プロセスの理解
  • 要件定義力
  • プレゼンテーション力
  • 業務効率化やDX化の推進力

業務プロセスの理解

情報システム部門にとって、業務プロセスを深く理解することは非常に重要なビジネススキルです。業務の流れを適切に分析し、それをシステム設計に反映させることで、効率的で使いやすいシステムを構築できます。

業務プロセスを可視化する手法としては、フローチャートやBPMN(ビジネスプロセスモデリング記法)などがよく用いられます。これらのツールを活用することで、業務の全体像を俯瞰し、問題点や改善の機会を特定できるのです。

また、業務プロセスの理解は、システムの運用や保守においても重要な役割を果たします。ユーザーの業務の流れを把握していれば、トラブルシューティングや改善提案がスムーズに行えるでしょう。

要件定義力

情報システム開発プロジェクトにおいて、要件定義は極めて重要なフェーズです。ステークホルダーの要求を正確に把握し、システムの機能や性能を明確に定義することが、プロジェクトの成功に直結します。

要件定義を効果的に行うためには、入念な準備と戦略的なアプローチが欠かせません。ワークショップやインタビューを通じて、ユーザーの真のニーズを引き出す必要があります。

例えば、要件定義フェーズで現場の声に耳を傾けることで、業務に即した使いやすいシステムを実現できるでしょう。一方、要件の見落としや曖昧な定義は、後工程での手戻りや、ユーザー満足度の低下を招く恐れがあります。

要件定義のプロセスでは、ファシリテーション力やドキュメンテーション力など、様々なビジネススキルが求められます。ステークホルダーとのコミュニケーションを円滑に行い、要求を明文化する力が重要となるのです。

プレゼンテーション力

情報システム部門において、自分の考えやアイデアを効果的に伝えるプレゼンテーション力は非常に重要なスキルです。プロジェクトの提案や進捗報告、システムの説明など、さまざまな場面でプレゼンテーションの機会があります。

効果的なプレゼンテーションを行うためには、まず内容を論理的に構成することが大切です。聴衆を引き付ける冒頭、説得力のある本論、印象的な結びを意識して準備しましょう。

また、図やグラフ、イメージなどのビジュアルエイドを活用することで、メッセージの理解と記憶の定着を促せます。データを視覚化し、ポイントを明確に伝えることが重要です。

プレゼンテーションでは、聴衆との対話やインタラクションも有効。質疑応答の時間を設け、双方向のコミュニケーションを図ることで、理解と関与を深められるでしょう。

業務効率化やDX化の推進力

現代のビジネス環境において、業務効率化とデジタルトランスフォーメーション(DX)は企業の競争力を左右する重要な要素となっています。情報システム部門には、これらの取り組みを推進する力が求められます。

DXプロジェクトの成功には、綿密な計画と実行力が不可欠です。業務プロセスの分析から、適切なデジタルソリューションの選定、導入、評価までを一貫して行う必要があります。

例えば、生産ラインのIoT化することにより、リアルタイムの設備監視と予知保全を実現できます。これにより、ダウンタイムを大幅に削減し、生産性を向上させられるでしょう。

業務効率化のためには、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAIといった最新技術の活用も有効です。定型業務の自動化や、データ分析の高度化により、業務のスピードとクオリティを高められます。

DXの成果を測定することも重要なポイントです。KPIを設定し、定期的にレビューすることで、取り組みの効果を定量的に評価し、改善につなげられるでしょう。

マネジメントスキル

マネジメントスキルに必要な能力は次のとおりです。

  • プロジェクト管理能力
  • リスク管理力
  • ベンダーコントロール力

プロジェクト管理能力

情報システムプロジェクトの成功には、優れたプロジェクト管理能力が不可欠です。納期、予算、品質の目標を達成するためには、体系的なアプローチと適切な管理手法が求められます。

プロジェクト管理の基本は、スコープ、時間、コストのマネジメントです。プロジェクトの範囲を明確に定義し、タスクの優先順位付けと日程管理を行います。また、予算の策定と監視により、コストの超過を防ぎます。

PMBOKやアジャイル開発など、プロジェクト管理のフレームワークを活用することも有効です。これらの手法を適切に適用することで、プロジェクトの進捗と品質を効果的に管理できるでしょう。

また、プロジェクトのリスクを早期に特定し、適切な対策を講じることも重要です。潜在的な問題を予測し、コンティンジェンシープランを準備しておくことで、プロジェクトの安定した遂行につなげられます。

リスク管理力

情報システムプロジェクトや日常業務において、潜在的なリスクを適切に管理することは非常に重要です。問題を早期に特定し、適切な対策を講じることで、プロジェクトの成功確率を高められます。

リスク管理のプロセスは、リスクの識別から始まります。プロジェクトに影響を与える可能性のある要因を洗い出し、その影響度と発生確率を分析します。定性的・定量的な手法を用いて、リスクの優先順位付けを行うのです。

次に、特定されたリスクへの対応策を立案します。リスクを回避、軽減、移転、受容するなど、様々な戦略の中から最適なアプローチを選択します。

一方、リスク管理を怠ったがために、深刻な問題に直面するケースも少なくありません。十分な対策を講じていなかったために、システム障害や情報漏洩といった事態を招いてしまう可能性もあります。 

ベンダーコントロール力

情報システムプロジェクトにおいて、外部ベンダーとの効果的な協力関係を築くことは非常に重要です。ベンダーの選定から、契約管理、パフォーマンス評価まで、適切なベンダーマネジメントが求められます。

まず、プロジェクトの要件に合致したベンダーを選定する必要があります。技術力、実績、財務状況などの評価基準を設け、客観的な比較を行います。

次に、ベンダーとの契約においては、役割と責任、サービスレベル、知的財産権などの重要な要素を明確に定義します。これにより、双方の期待値を合わせ、トラブルを未然に防げるのです。

また、ベンダーのパフォーマンスを継続的にモニタリングし、必要に応じて改善を求めることも重要です。SLAに基づいた評価を行い、ベンダーとの建設的な関係を維持することが求められます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルに必要な能力は次のとおりです。

  • ドキュメンテーション作成力
  • プレゼンテーション力
  • ヒアリング力

ドキュメンテーション作成力

情報システムプロジェクトでは、要件定義書、設計書、ユーザーマニュアルなど、さまざまなドキュメントを正確かつ分かりやすく作成する能力が重要です。

一貫性と標準化を保ち、専門用語を平易に説明する技術が求められます。綿密なドキュメンテーションはプロジェクトの成功の鍵となる一方、不十分な場合は混乱を招く恐れがあります。

正確で分かりやすいドキュメントを作成する力は、情報システム部門のコミュニケーションスキルの重要な一角を占めており、プロジェクトの成功に直結する重要なスキルと言えるでしょう。

プレゼンテーション力

情報システム部門では、提案やプロジェクトの成果を効果的に伝えるプレゼンテーション力が重要です。論理的な構成、視覚的に魅力的なスライド、聴衆とのエンゲージメントを意識し、準備と練習を重ねることが鍵となります。

実際のビジネスシーンでは、プレゼンテーション力が成果に直結するケースも多くあります。情報システム部門のコミュニケーションスキルとして、論理的な構成力、ビジュアルデザイン力、対話力を磨き、自分のアイデアを効果的に伝える力を身につけることが求められています。

ヒアリング力

情報システムプロジェクトでは、ステークホルダーのニーズや要件を正確に把握するためのヒアリング力が重要です。

目的を明確にし、オープンエンドとクローズドエンドの質問を使い分け、相手の発言に耳を傾けることがポイントです。コミュニケーションの障壁には柔軟に対応し、相手の立場に立って考えることが求められます。

ヒアリング力は情報システム部門のコミュニケーションスキルの重要な一角を占めており、相手の意見を引き出し、真のニーズを理解する力が必要とされています。

情シスにおすすめな資格

情シスにおすすめな資格は次のとおりです。

  • ベンダー資格
  • 国家資格

ベンダー資格

情報システム部門の専門家にとって、ベンダー資格の取得は技術力向上とキャリアアップに役立ちます。基本情報技術者試験や情報セキュリティマネジメント試験は、IT業界での基礎力を示します。

CCNAやLPIC、AWS Certified Solutions Architect Associateなどの資格は、専門性の高い業務へのアサインやプロジェクトリーダーへの抜擢のチャンスにつながります。

資格取得には体系的な学習と演習が必要ですが、キャリア形成に役立つ重要な要素であり、自身のキャリアビジョンに合わせて戦略的に取得を進めることが求められます。

国家資格

情報システム専門家にとって、国家資格の取得は技術力の証明とキャリア発展に大きく寄与します。ITパスポート、基本・応用情報技術者試験、情報セキュリティマネジメント(SG)、情報処理安全確保支援士試験など、様々なレベルの資格があります。

これらの資格は、IT業界での基礎力や専門性を示すものとして認識され、プロジェクトへのアサインや昇進の機会につながります。

資格取得には体系的な学習が必要ですが、技術力の裏付けとなり、重要な役割を任される可能性が高まります。自身のキャリアビジョンに合わせて、戦略的に資格取得を進めることが求められます。

WARCエージェントであなたのスキルで活躍できる求人を探そう!

本記事では、情報システム部門に求められる技術スキル、ビジネススキル、マネジメントスキル、コミュニケーションスキルなど、多岐にわたるスキルセットとスキルマップの活用法を解説しました。また、ベンダー資格や国家資格の戦略的な取得がキャリアアップにつながることも説明しています。

WARCエージェントでは、情報システム部門で活躍できるさまざまな求人情報を取り揃えています。自身のスキルセットを分析し、キャリアビジョンを明確にした上で、WARCエージェントであなたにマッチする求人を探してみてください。新たなキャリアステージへの扉が開かれるでしょう。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。