記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスのキャリアパスの描き方とは?キャリアアップするための転職方法も解説

情シスのキャリアパスが見えない…。情シスはどうやってキャリアアップしていけば良いのだろうか…。悩んだことはありませんか。

この記事では、そんな悩みを解決するために情シスのキャリアパスやキャリアプランの具体例を交えて、キャリアプランの考え方やキャリアアップを成功させるための考え方を詳しく解説しています。

現在、情シスとしてのキャリアに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスのキャリアパスやキャリアプランの例

情シスは、どのようにキャリアを積んでいくのでしょうか。まずは、情シスのキャリアパスを確認し、自分の将来をイメージしてみましょう。

情シスのキャリアパスの一般的な流れ

情シスのキャリアパスは、管理職・ジェネラリストとして進んでいくのが一般的です。

最初は、メンバーとして社内のIT環境に関連する一連の業務を担当します。業務例は以下の通りです。

  • インフラを中心とするトラブル対応
  • 社員が使うIT機器のセッティング
  • 社内システムの開発・改修
  • 社内インフラの構築・運用

業務内容は多岐にわたりますが、日常の業務は主に改修・運用やトラブル対応が中心となります。

ある程度経験を積んでリーダー職を任されるようになると、平常時はメンバーと同じ業務を行いつつ、社内の管理職や取引先と交渉が必要な場面で、責任者としてやり取りを行います。

リーダーとして少人数をまとめる経験を積むと、マネージャーとしてメンバーの管理業務が中心のポジションに進みます。リーダーまでは実務が多いですが、マネージャーになれば他部署や取引先との調整業務が中心となります。

そして、リーダーとして経験を積むと、社内のIT関連業務全般を管理するCTO(Chief Technology Officer)やCIO(Chief Information Officer)の立ち位置に進む人もいます。ただ、CTOやCIOを設置しているのは基本的に大企業のみという傾向にあります。中小企業だと役員ポジションの数が少ないので、リーダーでキャリアが止まってしまうのが一般的です。

情シスのキャリアプランの立て方

情シスのキャリアは、「業務の中でも、特にどの分野に力を入れるのか?」によってキャリアの選択肢が大きく変わってきます。まずは、自分が「情シスとしてキャリアを積みたいのか」「どの分野のエキスパートとして活躍したいのか」、を考えましょう。

情シスの業務範囲は多岐にわたります。その中から、自分が将来希望するキャリアに関連する業務に力を入れてみましょう。

「こういうことをやってみたい」、と意見を積極的に出して、上司を含む部署内に意思表明をしておくのも効果的です。周りへ自分の意志を伝えることで、キャリアアップを目指していることを認識してもらえるでしょう。

自分の望むキャリアプランを実現するために、力を入れるべき業務に関しては、ただ与えられた仕事をこなすだけでなく、自分で業務改善に取り組むといった積極的な姿勢が大切です。自己学習で学んだ内容をアウトプットすることを意識するのがポイントとなります。

情シスは、業務の担当範囲が広く業務量も多いので、将来のことを考える余裕がない人も少なくありません。その分スキルアップをする機会を作り出せず、知識が広く浅くになり、転職を考え始めた頃にはスキル不足を自覚する方もいるでしょう。。将来を見据えて計画的にキャリアを形成し、転職やキャリアアップを成功させましょう。

情シスのキャリアパスの具体例

情シスの業務内容は以下の通りです。

【外部管理】

  • 外注管理
  • オフィス移転

【管理】

  • 予算管理
  • BCP
  • セキュリティ管理
  • 監査

【業務効率化】

  • ツール導入・開発・運用

【インフラ】

  • ヘルプデスク
  • キッティング・セッティング
  • インフラ構築・運用・管理

このように、情シスの業務は複数に分類できます。例えば、インフラの道に進みたいと思っているなら、インフラエンジニアとして、構築や設計などIT業界における上流スキルと言われる経験を積んでおくと良いでしょう。インフラ関連の業務の中でも、特にトラブル対応ができる人は重宝されます。業務の中で発生したトラブルと、そのトラブルへの対処を理解しておけば転職にも活かせるでしょう。

業務効率化の分野に関しては、特にRPA分野やオープン系システム開発に進む人が多いです。やはりコードがしっかり書ける人材は、どの現場でも重宝されます。

情シスが業務で使う言語は、CやVB.NETなど古い言語に偏りがちです。ただ、これらの言語を使いこなせる人材は貴重なため、オープン系システム開発の現場において重宝され、案件を獲得しやすくなります。

ただ情シスは、企業によっては1人業務になってしまうケースもあります。そのため、コードを書いてみても、それが読みやすいものか、正しいものか判断するのが難しい場合があるでしょう。。対策としては、情シスは自分が書いたコードをレビューしてもらう機会を獲得し、正しく開発スキルを伸ばすのがおすすめです。

情シスがキャリアアップ転職を成功させる方法  

情シスは、転職してもキャリアが横ばいだったり、転職が上手くいかなかったりするケースも少なくありません。ここでは、情シスがキャリアアップ転職を成功させるポイントを紹介します。

転職活動の準備と情報収集

情シスに限らずどの職種でも、転職活動をするうえでの準備と情報収集は必須です。

自分が志望するキャリアを実現するには、「どのようなスキル・経験年数が必要なのか」「企業からはどのような人材が求められているのか」など、客観的に洗い出してみましょう。

情シスの立ち位置は、企業によって異なります。そのため、同じ情シスの求人でも企業によって求められるスキルは変わってきます。様々な求人をチェックし、自分が希望するキャリアを実現できる企業を選びましょう。

また、転職活動では応募書類や面接の準備も入念に行いましょう。企業は、転職者の応募書類の内容や、面接時の態度でスキルや人となりを判断します。いくら経験を積んでいて、人としての魅力を兼ね備えていたとしても、応募書類や面接でそれが伝わらなければ意味がありません。そのため、応募書類を作り込み、落ち着いて面接を受けられるように練習することも忘れないでください。

 自己分析とキャリアビジョンの明確化

転職にあたっては、自分の適性などを判断するための自己分析と、キャリアの方向性をはっきりさせることも忘れてはいけません。

採用の場面では、「転職者は何ができるのか」「本当にその仕事がその人に合っていて、辞める心配がないか」「自分の長所・短所を理解し、長所を活かして短所をカバーする働き方ができるかどうか」も見られます。そこで、自分がこれまでどのような業務を経験してきて、何ができるのかといった経歴・自分がこれまでに成し遂げたこと・これまでに経験した大きな失敗などを洗い出して自己分析をしてみましょう。

また、情シスはキャリアの選択肢が幅広い分、キャリアビジョンが曖昧になりがちです。さらに、企業によって情シスの立ち位置は異なります。採用場面では、「転職希望者の志望するキャリアと会社が募集しているポジションが合っているか」も確認されます。そこで、会社が求めるものと自分の希望に相違がないように、「自分はこれまでどのようなキャリアを積んできて、これからどのようなポジションを目指したいのか」もはっきりさせておきましょう。

WARCエージェントを活用した転職活動

情シスは、自分が希望する条件に合う求人を探すのが難しいのが特徴です。転職活動を成功させるには、転職エージェントを頼るのがおすすめです。WARCエージェントでは、ベンチャーやIT企業の管理職ポジションを中心に採用情報を取り扱っています。。特に、経営管理部門の求人が充実しており、情シスの求人も多数取り扱っています。

管理職の求人が充実していることから、情シスから情シスだけでなく、CIO・CTOなど役員ポジションへキャリアアップが図れる転職サポートも可能です。

特に、情シスとしてある程度経験を積んでいて、「今のポジションではこれ以上上を目指せなさそう」「さらに、自分のスキルを活かして活躍できる職場に転職したい」と感じている方は、ぜひWARCエージェントへ、お気軽にご相談ください。

情シスのキャリアパスを考える重要なポイント

情シスは、キャリアパスの選択肢が多く悩む方も多いでしょう。キャリアパスを考えるうえで、日頃からどのようなことを意識すれば良いのか疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。。ここでは、情シスがキャリア形成のために、日頃から取り組んでおきたいことについて紹介します。

スキルの継続的な習得と向上

情シスに限らず、IT業界で働く際は新しいスキルの習得をおろそかにしてはいけません。

情シスは、仕事に慣れればあとは特に何も学ばなくても仕事を続けられるケースも少なくありません。それ故に、いざ転職を考えたときにスキル不足に陥りがちです。そのため、業務に関連するスキルだけでなく、自分が希望するキャリアに進むために必要なスキルの習得を心がけましょう。

業界動向や最新技術の把握

IT業界の動向の変化や最新技術を把握することも、忘れないようにしましょう。

IT業界は、他の業界と比べても技術の進歩が早いです。そのため、トレンドを追うことをおろそかにすると、すぐに時代に取り残されてしまいます。特に情シスは、他のIT系の職種と比べて業務で使うシステム・技術が偏っているうえ、古いシステムをそのまま使っている企業が多いことから、積極的にスキルアップを図らなければ、技術面で時代に取り残さてしまうでしょう。

時代の変化に対応するためにも、日頃から新しい技術や業界の動向をキャッチアップする習慣をつけましょう。

ネットワークの構築と人脈作り

情シスのキャリアアップには、情報交換のために同じ職種の人たちとのネットワークの構築・人脈づくりも大切です。

情シスは、一人もしくは少人数チームで仕事をするのが一般的です。また、仕事で他社の情シスと関わる機会も基本的にありません。そのため、井の中の蛙になってしまいがちです。

キャリアに関する情報を集め、時代に取り残されない情シスを目指すには、やはり他の企業で働く情シスとの交流が大切と言えるでしょう。

情シスのコミュニティとしては、「情シスSlack」の名で知られる「corp-engr」が有名です。こちらでは、情シスをターゲットとした勉強会の開催情報や、実務における課題・転職活動に関する情報も共有されています。

ぜひ積極的にコミュニティを活用し、情シスとしての悩みを話したり、業務や転職に関する情報を集めたりしてみてください。

情シスがキャリアを作るために必要なこと

情シスの転職には、他の職種以上に計画性を持って準備に取り組む必要があります。情シスの求人数自体少ない上、実務を通して伸ばせるスキルも限られており、計画的に準備を進めなければ、キャリアアップのタイミングを逃してしまいます。、それでは、情シスがキャリアアップに向けた転職を成功させるために、やっておきたいことについて解説します。

基礎知識と専門性の両立

情シスのキャリア形成においては、業務に特化したスキルだけでなく普遍的なスキルを伸ばすことも大切です。

情シスとして働いていると、携わっている業務については詳しくなるものの、身につくスキルを他で活かせるとは限られています。将来的に転職を考えているなら、業務に関する専門的なスキルだけでなく、他でも活かせるような基礎知識も積極的に身につける必要があるでしょう。

以下が、具体的な例の一部となります。

  • 自社のホームページの改修を通して、Webマーケティングスキルを身につける
  • 予算管理を担当して、経理業務のスキルを身につける

このように情シスは、ただ与えられた仕事で身に付くスキルだけでなく、他でも通用するスキルを自発的に伸ばすよう取り組みましょう。

コミュニケーション能力の向上

情シスに限らず転職を成功させるには、コミュニケーション能力が欠かせません。

社内での立ち位置にもよりますが、情シスは1人もしくは少人数で働くことが多いです。人との関わりが少ないことが多いので、これに魅力を感じて情シスを目指す人もいます。

しかし経験が豊富な情シスほど、責任者として取引先とのやり取りを求められる場面が増え、コミュニケーション能力を要求されます。

多方面と円滑にコミュニケーションを取るためにも、情シスはコミュニケーション能力を磨く必要があると言えるでしょう。

以下が、コミュニケーション能力向上のためにできることの一例です。

  • 他部署の人と積極的にコミュニケーションを取る
  • 色々な集まりに参加してみる
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)を受けてみる

人と接する機会を増やし、周りの人と円滑にコミュニケーションを取れるスキルを伸ばしましょう。

自己啓発の習慣化

情シスがキャリアを形成するためには、積極的な自己啓発を習慣化しましょう。特に、新しい技術については積極的に学ぶよう意識することが大切です。

情シスは同じ技術を長く使い、一つの技術について知識を深めていくポジションです。そのため、新しい技術に触れる機会は自分で作る必要があります。経験が豊富な人ほど、新しい技術のインプットがおろそかになる傾向が伺えます。

そこで、情シスが時代に取り残されないためには、日頃から自分で様々な方向にアンテナを伸ばし、インプットしていくことが大切です。インプットした内容を業務でも使いこなせれば、転職の際の評価にも繋がるでしょう。

したがって、情シスとして働くなら普段から仕事で必要な知識だけでなく、新しい技術や自分が興味を持っている分野のスキルを磨くことも心がけましょう。

情シスのキャリアパスをさえぎるもの

情シスはIT系の職種の中でも、特にキャリアアップ・キャリアチェンジが難しい業種と言われてます。。そのため、事前に情シスとしてのキャリアをよく考えたうえで目指すべきでしょう。中でも知っておくべきなのが情シスのデメリットです。それでは情シスのキャリアパスの妨げになる要素を見ていきましょう。

会社に人材やポジションの流動性がない

情シスは他の職種と比べて人員が固定化しやすく、他部署に比べてキャリアアップがし辛いと言われています。

情シスは、雇用が安定しているのが魅力の一つです。それ故に、1つの企業で長く働くことを希望している職員が多く、他の職種に比べて退職者が出にくい傾向があります。

また、情シスとして働いていると、勤務先で使用されているシステムには詳しくなるものの、そのスキルや知識は他の企業に活かしにくいものが多いです。その結果、転職を希望していてもスキルが足りず、転職を諦めてしまう人も少なくありません。

さらに、情シスに力を入れる企業は少ないのが現状です。基本上層部のポジションを増やす動きが企業内では少なく、、出世は上司が退職するのを待つしかありません。しかし、先述の通り情シスは退職者が出にくい傾向にあるため、ポジションに空きが生まれることが少なく出世ができない、という状況が続きやすいです。このように、人員やポジションに流動性がないことが、情シスの転職やキャリアアップの妨げとなっていると言えるでしょう。。

一人で情シスを担当している

情シスは、他部署と比べて少人数チームで運営されており、企業によっては一人というケースも少なくありません。そのため、業務が属人化しやすく「自分が辞めると企業が回らなくなってしまう」、と思って辞められないケースも多いです。

また、一人で情シスとして働いていると、新しいスキルを身につけるのは自分次第になってしまいます。しかし、人数が少ない故に業務過多になりやすく、新しいスキルを習得する時間を確保できず、結果的にスキルアップが難しい状況に陥る傾向にあります。

 技術の進化への対応の遅れ

企業で採用しているシステムは、古いケースが少なくありません。

企業は、1つのシステムを長く使うことが多いため、仕事で使っているシステムについて詳しくなるものの、その分新しい技術を習得しにくいです。古いシステムを継続して使用している職場であれば、習得した技術を他で活用するのも難しく、スキルが足りずに転職が難しくなる状況に陥りがちです。

情シスとしてキャリアアップをしたい場合、最新の技術を身につけるには独学で取り組む必要があります。しかし、実践の場を自分自身で確保することが困難で、業務過多の中から学習の時間を捻出するには相当な負担が生じます。そのため、情シスは技術の進化への対応が遅れがちになり、時代に取り残されやすくなります。。

転職してキャリアアップを目指すならWARCエージェントを活用しよう!

情シスは、キャリアの選択肢が幅広く、迷う方も多いでしょう。また、社内での幅広い業務への対応とリソース不足に悩まされることが多く、スキルアップのための時間を取りづらいのが課題です。その結果、知識が広く浅くなってしまいがちです。そのため、転職活動が上手くいかない人が多くなる傾向が伺えます。情シスが転職を成功させ、自分が希望するキャリアアップを実現するには、スキルアップを含む徹底的な準備と情報収集が大切になります。

WARCエージェントでは、情シスを含めたハイクラス・経営管理ポジションの求人を多く取り扱っています。特に経験を積んでいて、管理ポジションとして活躍したい情シスに、おすすめの求人が揃っているのが強みです。転職に対するサポート体制も充実しているため、情シスの転職活動でお悩みの方は、ぜひWARCエージェントをご活用ください。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。