記事FV情シス

情シス(情報システム)への転職は未経験からでも実現可能?必要なスキルや転職成功のポイントを紹介

2024/02/21 更新

「情シス(情報システム)の分野に興味を持っているけれど、経験がないので挑戦できるか迷っている」。こんな疑問を持つ方は少なくありません。事実、情シスへの転職は、未経験者であっても挑戦できます。

この記事で、未経験からの情シス転職に関する疑問や懸念を解消し、必要なスキルや成功へのコツをお伝えします。

情シス(情報システム)の役割

情報システム、一般に「情シス」と称される部門は、企業内のIT関連業務を一手に担当しているのが特徴です

その主要なタスクとして、システムの設計、運営、アップデート、そしてサポートなど、ビジネスを助けるITソリューションの導入があります。特に、情報セキュリティのニーズが増している今日、セキュリティの取り組みも情シスの大きな役目となっています。

さらに、スタッフからのPCやネットワークに関する問題のサポート、いわゆるヘルプデスク業務も、情シスが扱う範疇です。情シスは企業のITインフラを管理し、日常の業務が円滑に行われるよう支援しています。

情シスのチームには、「社内SE」と称されるシステムエンジニアが在籍しています。彼らは、企業内のIT関連業務をリードし、専門的な知識を用いてビジネスをサポートしています。多くの情シスを有する企業では、この社内SEたちがITの中心的役割を果たしています。

情シス(情報システム)は未経験から転職できるか?

情報システム分野への転職を考慮する際、経験がないとどれほどチャンスがあるのか気になると思います。確かに、求人に「未経験OK」との記述を見ることもありますが、詳細を確認することが大切です。

「未経験OK」という条件には、実はニュアンスがあります。大部分は「社内SEとしての経験は不要」という意味で、全くのIT業界未経験者を求めているわけではないのです。もし、エンジニアリングの経験が既にあるが情シス業務は初めてという場合、その背景は大きなアドバンテージとなり得ます。

社内SEとしての役割は多岐に渡るため、すぐに活躍できるスキルが望まれることが多いです。特に「一人情シス」と呼ばれる、IT担当者が非常に少ない企業では、未経験者にはハードルが上がるかもしれません。

しかし、必ずしも全てがこのパターンに当てはまるわけではなく、新卒や若手の場合、企業が将来性を評価して採用するケースも考えられます。また、リーダーシップやマネジメントの経験を持つ方には、情シス部門での機会が増えることも期待できます。

情シス(情報システム)転職時に必要な能力

情報システムの分野に移る時、どのような能力が必要かは多くの人の関心の対象です。本項では、この分野での転職に際して特に注目される能力について説明します。以下の能力を向上させれば、より良い転職の可能性が高まるでしょう。

システム知識

情報システムの部署では、企業のIT体制を支える中心的役割が期待されます。このため、システムに関する幅広く、深い知識が不可欠です。基本として、システムの立ち上げから運営、そして保守までの一連のプロセスを理解することが求められます。

多くの場合、システムの異常に対する対処が主要な業務になるでしょう。この業務は、内部のスタッフからの質問に迅速かつ正確に答える能力が要求されます。また、プロジェクト管理のスキルも、外部の提供者や開発企業との連携において不可欠です。

各企業の規模や業種によって、情報システム部の役割が異なるかもしれませんが、システムに関する幅広い知識は、質の高い業務遂行の鍵となります。

ネットワーク・セキュリティ知識

デジタル技術が進展するにつれて、ネットワークとセキュリティの役割が増加しています。これらの分野の知識は、情報システム部門でのスムーズな運営のために不可欠です。

ネットワークやセキュリティ関連の問題に迅速に対応するための知識や、常に変わるセキュリティの脅威に立ち向かう技術の更新は、情報システム部門のメンバーが持つべき基本的なスキルとされています。

マネジメント能力

技術だけでなく、マネジメントの能力も情報システムの領域で重要視されます。プロジェクトをスムーズに進行させるためのリーダーシップは欠かせません。リーダーシップ、リソース管理、プロジェクトのコントロールなどのスキルは、特に経験のない方々にとって、アピールポイントとなるでしょう。

問題解決の能力

情報システムの領域での業務には、専門的な知識や技術だけでなく、問題を解決する能力も必要です。日常の作業の中で頻繁に発生するシステムの問題に対して、迅速に原因を特定し、適切な措置を取る能力が求められます。この能力は、チーム内や外部専門家との協力をも含んでおり、情報システムの領域での成功には欠かせない要素です。

情シス(情報システム)の職に適した人の特性

情報システム関連の仕事に適している人の特性は、専門的な技術だけでなく、人間関係でのスキルも大切です。高いコミュニケーションスキルを持つ人は、異なる部署や外部との協議が円滑に進む。多岐にわたる業務要求や課題に対し、どれを先に取り組むべきかの「優先順位を判断する能力」も欠かせません。

情報システムの仕事は忍耐力が要される場面が多いため、「勤勉性」は必要不可欠です。そして、持続的な業務や急な問題に対応するための「健康性」も大切です。このような特性を持つ人は、情報システム関連の業務で存分に活躍できるでしょう。

コミュニケーション能力の持ち主

情報システムの業務には、単に技術的な能力だけでは不足です。実際、コミュニケーション能力が鍵となります。

多くの社内メンバーが情報システムのエキスパートではないため、ITやシステムに関する知識が豊富でないことも。このような状況で、技術的な詳細やシステムの振る舞いを明確に伝えるスキルが求められます。また、システムの問題が生じた時のヒアリングも大切です。コミュニケーションの質が良ければ、問題の解決が迅速になります。

優先順位をつけられる人

情報システムの業務は、日々様々なタスクや問題に対処することが想定されます。トラブルが発生した際、どの課題を先に対応するかの判断は必要不可欠です。

たとえば、営業部のシステムトラブルと、経理部のプリンタートラブルが同時に生じた場合、どちらを先に取り組むかは、各問題の影響度を考慮する必要があります。

持続的に学び続ける姿勢を持つ人

ITの世界は絶えず変わっています。新しい技術や知識を継続的に習得する姿勢は、情報システムの職において大切です。特に情報システムの職においては、現在のスキルだけでなく、今後求められる技術や知識への適応能力も重要です。

健康を維持し、長期的に働ける人

情報システム関連の職においては、健康が持続的な業務を支える基盤です。特に、長時間パソコン作業が続くため、運動不足や生活習慣病のリスクが上昇します。

健康な体を維持するための日常の習慣は、長期的なキャリアを築く上での大きなステップとなります。

情シス(情報システム)転職にオススメのサービス

情報システム業界に転職を検討している方々に、適切なサポートが提供されるサービスの利用は非常に有益です。以下では、そのようなサービスをいくつか紹介します。

① SYNCA

SYNCAは、バックオフィス業務に焦点を当てたサービスとして知られています。バックオフィスとは、企業の基盤を支える部門、例えば経理や人事、一般事務などを指します。これらはビジネスの運営や成長に不可欠で、SYNCAはこのジャンルの求人や転職のサポートを得意としています。

SYNCAの掲載企業は一般的な求人サイトとは一線を画し、厳格な基準をクリアした企業だけが紹介されています。これにより、高品質な求人情報を提供し、転職希望者の質の高い選択を後押ししています。情報の収集や企業リサーチにも役立つ点が評価されています。

また、SYNCAが取り扱う主要なエリアは、ビジネスの中心である東京都心です。この地域には多くの企業やチャンスが集まっており、SYNCAを通じてその中の上質な求人情報に触れることができます。

総じて、SYNCAは、バックオフィス分野での転職を考えている特に東京都心希望の方にとって、非常に利用価値の高いサービスとなっています。

② マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、IT業界専門の転職支援サービスとして、多くの信頼を獲得しています。背景には、マイナビの強力なネットワークと実績があります。IT業界特有のスキルや経験に基づく、細かく分類された求人情報を提供しています。また、経験豊富なキャリアアドバイザーが、転職活動の各段階でサポートを提供しています。

③ doda

dodaは、日本の転職市場での高い認知度と実績を誇る転職サイトです。独自の非公開求人が多いことが大きな魅力です。キャリアアドバイザーは、求職者のニーズに応じたサポートを提供しています。また、業界のトレンドや転職市場の動向に関するセミナーやイベントも頻繁に開催されています。

④JAC Recruitment

JAC Recruitmentは1988年の設立から、日本だけでなく、特にアジア11カ国での転職をサポートしてきた信頼の人材紹介エージェンシーです。国際的なキャリアを望む人々に向けても、力強いサポートを展開しています。

彼らの強みは、中途採用のエキスパートとして、多岐に渡る求人を取り扱っていること。専門的なコンサルタントによる、的確なキャリア指導も受けられます。"Quality"と"Speed"を信条として、求職者それぞれのニーズを的確に捉え、迅速なサポートを行います。このアプローチにより、求職者は理想の転職を実現できるのです。JAC Recruitmentは、国内外での経験と知識を活かし、求職者と企業双方のニーズに対応する高いサービスを続けています。

⑤レバテックキャリア

IT・Webの領域に特化したレバテックキャリアは、数多くのエンジニアやクリエイターからの支持を得ています。その背後には、ITの特性やニーズを深く知るキャリアアドバイザーの存在があります。

未公開の求人情報も多数扱っており、公にされていない魅力的な求人にアクセスすることができます。求職者のスキルや希望を基に、最適な求人を提案するサービスも高く評価されています。

キャリア形成のサポートも積極的に行っており、技術のスキルアップを望む者に対して、セミナーや研修の情報も提供。求職活動のプロセス全体に渡り、詳細なアドバイスやサポートも行われています。IT・Webの求職者にとって、レバテックキャリアは信頼できる転職サポートとして存在しています。

⑥ ギークリー

IT・Web分野での転職をサポートするギークリーは、エンジニアやデザイナーなどのプロフェッショナルからの支持を受けています。

独自の特徴として、利用者が自らのスキルや経験をアピールするプロフィールページを作成でき、企業からのオファーを直接受け取ることができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーによる、個別のサポートも提供されており、特に変化が速いIT業界において、そのサポートの価値は計り知れません。

さらに、エンジニアのスキル向上をサポートするセミナーや勉強会の情報も提供しており、キャリアの視点からも非常に価値のあるサービスと言えます。

⑦社内SE転職ナビ

「社内SE転職ナビ」は、社内SEに特化した転職サポートサイトでしょう。社内SEの経験やスキルを生かし、新しいキャリアを築こうとする人々向けの専門的なサイトです。専門性を活かした情報や求人が提供され、社内SEのニーズに合致した業界の動向やアドバイスが得られるでしょう。

また、特定の領域に特化しているため、専門知識を持つキャリアアドバイザーとのコンサルティングが期待できます。同じ経験を持つユーザー同士のコミュニティ形成も期待されます。

具体的なサービス内容や評価を知りたい場合は、公式サイトや利用者の意見を直接参照することをおすすめします。

未経験から情シス(情報システム)への転職の成功ポイント

情報システムへの未経験者からの転職は難しいかもしれませんが、正しい手法と戦略を使えば乗り越えられます。このセクションでは、スムーズに情報システムへ転職するための4つのポイントをお伝えします。

興味・関心をアピールする

情報システムへの転職時、技術や経験だけが問われるわけではありません。あなたがなぜその職種に興味を持ったのか、その動機や背景が大切です。特に未経験者は、技術面だけでなく、その選択に対する情熱が評価されます。熱意や情熱を強く伝えることが重要です。

転職先の会社の製品やサービス、そして働き方や組織文化についてしっかりとリサーチし、それらに魅力を感じる理由や、なぜその会社で働きたいのかを明確に伝えることが大切です。

また、将来のキャリアビジョンについても考慮し、それを通して会社にどんな価値をもたらすのかを明確に伝えることが求められます。

前職の経験を活用する

情報システムへの転職を考える際、どう前職の経験を活かせるのかを明確に伝えることがキーです。例えば、前職でのIT関連の経験や、IT業界外での業務経験も情報システムの職種での価値としてアピール可能です。

企業情報と募集要項を確認する

転職を考える際には、企業情報や募集要項の確認は欠かせません。企業の文化や働き方、また募集しているポジションが自分に合っているかの確認が重要です。

関連する資格を取得する

業務関連の資格は、情報システム転職の強力なバックアップとなります。資格は、面接での自身のスキルや知識を伝える具体的な根拠として役立ちます。

未経験から情シス(情報システム)への挑戦

情シス(情報システム)分野への転職は、未経験者には確かに大きなチャレンジです。情シスに対する熱意や興味をアピールする能力、過去の経歴の有効な伝え方、さらには企業の求人情報や要件を詳しく知ることが求められます。さらに、関連資格を持つことは、面接時に強みとして活かせるでしょう。

転職成功の鍵は情報の取得です。SYNCAを使えば、自分にピッタリな企業や機会を探せる可能性が高まります。SYNCAは選りすぐりの企業情報を提供し、あなたの転職過程を強力にバックアップします。情シスへの第一歩を、SYNCAとともに進めてみてはいかがでしょうか。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。