記事FV
情シス
2024/03/06 更新

情報システム(情シス)の転職理由と回答の例|アイデアが浮かばない場合の対策について

情報システム部門(情シス)で勤務している方々の中には、転職を検討している方も多いでしょう。

  • 自分のスキルをさらに伸ばせる場所はないだろうか
  • 将来について考えると、今の状態で良いのか疑問に思うこともある
  • 今の職場について不満を感じている

この記事では、情シスのプロフェッショナルが抱える疑問や不安、情シスの転職理由について説明します。情シスの方々が次のステップに進むための具体的なアクションプランも提供します。

この記事を読むことで、現在の仕事に不満を感じている方々や、さらなる成長を望む情シスのプロフェッショナルにとって、問題の解決に向けたアイデアが浮かぶかもしれません。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情報システム(情シス)の転職理由とは

情シスの転職理由に関する適切な回答例を紹介します。

転職理由の具体的な例

  • 新しい仕事に挑戦したい
  • 現在の給料には不満
  • 会社の将来について不安
  • 自身の努力が適切に評価されない
  • 職場の人間関係に課題

それぞれの理由について詳細に説明します。

新しい仕事に挑戦したい

「自分の興味がある仕事がある」という転職理由は非常に有効です。情シスの仕事は多岐にわたり、技術の進化に追いつく必要があります。

特定の興味を持つ仕事がある場合

  1. 以前の職場では、主に古いシステムの保守に従事していました。
  2. 新しい技術に関わる機会が限られていたため、スキルを活かせる新たな職場を探しています。

上記の理由は合理的です。

現在の職場での状況が改善されない場合、スキルの拡充を図るための転職は有効な手段です。

興味がある仕事の面接での回答例

「以前の職場では、AI技術を活用したプロジェクトに参加したいと考えていました。しかし、当時の会社は古い技術に固執しており、新たな技術に取り組む余地が限られていました。そのため、自分の興味がある分野での仕事を追求するため、新しい職場を探し始めました。」

「興味のある仕事がある」と単に述べるのではなく、具体的な技術や目標に対する意欲を示すことで、説得力を高めることができます。

自分のスキルと関心を考慮し、適切な職場を見つけることで、転職後の成功への道を切り拓くことができるでしょう。

現在の給料には不満

情シスの仕事に携わる方々の中には、高度なスキルと専門知識を持ちながらも、給料に対する不満を抱えている人が一定数存在します。

近年、セキュリティリスクの増加やDXの進展により、情シスの役割と重要性が高まっています。情シスの担当者たちがより多くの責務を担う中で、給与が適切でないと感じる人が増えているでしょう。

給料に不満がある場合の面接での回答例

「以前の職場では、情報セキュリティを強化し、システムの更新など多くのプロジェクトを成功に導きました。しかし、そのような成果に見合う報酬を得られなかったため、成長と報酬が調和した環境を求めて転職を検討しました。」

こういった回答をすることで、給料が低かったから転職しただけの印象を与えず、自身のスキルと貢献に対する報酬が見合っていなかった点を強調できます。

給料に不満が主な転職理由であれば、次の職場を選ぶ際に給与体系を詳しく確認することも重要です。

会社の将来について不安

情シスでの転職を考える理由の一つとして、会社の将来に不安を感じるケースもあります。情シスの仕事は、会社の成長や進化と密接に結びついているため、業務内容から会社の将来の展望が見えるためです。

経営状況が厳しい場合、新しいプロジェクトやインフラの更新が滞っている場合など、情シス担当者は早く会社の状況に気付くでしょう。また、IT業界は急速に変化するため、古い技術に固執する会社は市場で遅れをとる可能性が高いです。

社内で問題提起や改善提案を行い、変革を促すことも重要でしょう。しかし、会社の方針が変わらない場合、転職を検討することも選択肢に含めることがあります。

会社の将来に不安を感じる場合の面接での回答例

「現在の職場では、会社の成長が停滞し、新しい技術の導入やプロジェクトが進まない状況でした。会社は安定性を重視する方針をとっており、私は何度も改革や最新技術の導入を提案しても受け入れられませんでした。このような環境では、自身のスキルセットも陳腐化する危険性を感じ、キャリアの成長を検討し、転職を決断しました。」

曖昧な理由ではなく、自身の成長と会社の将来性を検討して転職を決断した姿勢を明確に伝えることが重要です。

自身の努力が適切に評価されない

「正当に評価されない」ことも、情シス担当者の転職理由として考えられます。熱心に働いても、公平な評価を受けられない環境では、モチベーションが低下してしまいます。

ITに理解が不足している企業や、業績の数字に焦点を当てた文化では、専門的なスキルや努力が見過ごされがちです。

たとえば、新しいシステムを導入して業務効率を向上させたとしても、その成果が具体的な数字で示されない場合、評価されないことがあります。

「正当に評価されない」場合の面接での回答例

「転職理由として、現在の職場では残業が多く、その努力が正当に評価されていないと感じました。例えば、アウトソーシングの提案や新しいツールの導入により業務効率を向上させましたが、それらが会社の方針で受け入れられなかったため、仕事とプライベートのバランスが崩れ、健康にリスクを感じました。そのため、正当な評価と、報酬やキャリアアップの機会を求めて転職を考えることになりました。」

情シスのスキルと努力が公正に評価される環境を求めて転職することは、合理的な選択であり、新たな職場での成功を追求するための一歩です。

職場の人間関係に課題

「人間関係の不満」も、転職理由として考えられる要因です。情シスのプロフェッショナルは、人間関係を大切にしなければなりません。しかし、部署内でのコミュニケーションの難しさや、上司との価値観の不一致、これらがストレスの原因となることがあります。

情シスの仕事では、プロジェクトごとにチームが組まれることが一般的であり、チーム内の人間関係が円滑でない場合、業務の効率が低下します。また、情シスは多くの部署と連携し、他の部署との人間関係も重要です。

人間関係に不満がある場合の面接での回答例

「現在の職場で人間関係に関してストレスを感じています。プロジェクト内でのコミュニケーションがスムーズにいかないことがよくあります。また、他の部署との連携も頻繁に必要で、そこでもコミュニケーションの調整に課題があります。この状態が長く続くと、業務の効率だけでなく、チームの士気にも悪影響を及ぼすと感じ、転職を検討しています。」

上記の回答は、人間関係が業務に及ぼす影響を認識していることや、問題の解決に向けた意欲を示しており、説得力のあるものとなっています。

情報システム(情シス)が転職理由を説明する際の要点

情シスが転職理由を伝える際のポイントを詳しく説明します。

  • 面接や履歴書で正直である
  • 転職理由と志望動機を整合させる
  • ポジティブな表現を心がける

これらの項目について詳細に説明していきます。

面接や履歴書で正直である

転職面接で「正直である」ことは肝要な要素になります。情シス担当者として、専門的なスキルと同様に信頼性が非常に重要です。しかし、信頼を築くために「嘘をつく」ことは致命的であり、失敗につながります。

嘘をついた場合、後でバレる危険性が高まります。過去のプロジェクト経験やスキルを大げさに話すことで、実際の仕事でスキルが必要になった際に矛盾が生じる可能性があります。

入社後、過去の経歴を確認する企業が最近は増えています。不正確な情報が明るみに出れば、信頼性は急速に崩れ去り、最悪の場合、解雇の危険性もあるでしょう。

面接では、自分のスキルや経験を正確かつ誠実に伝えることが不可欠です。

誠実さは短期的な利益よりも長期的な信頼を築く基盤になります。嘘をつくテクニックよりも、自身の価値を誠実にアピールする能力を高めることが、最終的に成功への鍵となるでしょう。

転職理由と志望動機を整合させる

転職活動の際、情シス担当者が直面する課題の一つは、転職理由と志望動機の整合性です。志望動機と転職理由が食い違っていると、新しい会社でどれだけの価値を提供できるかに疑念が生じるかもしれません。

例えば、転職理由が「前職では多忙でプライベートが不足していた」とした場合、志望動機が「成長速度の高い企業で働きたい」だと、食い違いが明らかです。

食い違いがある場合、自身の長期的なコミットメントが本当にあるのか疑問視されることがあります。食い違いを回避し、面接の回答に一貫性を持たせることで、面接官からの信頼を築くことができるでしょう。

ポジティブな表現を心がける

転職において、否定的な事柄を肯定的なものに転換するスキルが要求されます。情シス担当者は、技術的スキルだけでなく、コミュニケーション能力も高く評価されることがよくあります。

たとえば、転職理由が「前職の環境が合わなかった」と感じた場合、それを「新たな挑戦を求めている」という形で表現することで、肯定的な印象を与えることが可能です。

否定的な内容を積極的なものに転換することで、面接官に対する印象が大きく変わり、転職の成功やキャリアの発展に寄与するでしょう。

情報システム(情シス)が転職理由を浮かばない場合

情シスの転職理由が浮かばない場合、どのように対処すべきかについて考えてみましょう。

転職理由が浮かばない時の対策

  • 過去の退職を振り返る
  • 自己分析を行う
  • 専門性の高い転職エージェントに相談する

これらの対策について詳しく説明します。

過去の退職を振り返る

転職を検討している情シス担当者は、転職理由を熟考することが大切です。情報システム部門では、スキルセットや業務内容が幅広いため、自身の特性を理解し、それに基づいて転職理由を考える必要があります。

まず最初に行うべきことは、退職を考えるきっかけや背後にある出来事を振り返ることです。プロジェクトが成功しても評価されなかった経験や、新しい技術を学びたいと感じた瞬間があるでしょう。

これらの経験や感情をどのように前向きに変換できるかが鍵です。例えば、新しい技術を学びたい場合、それが「技術力を向上させ、より価値ある成果を上げたい」といった具体的な目標につながると良いでしょう。

振り返った経験と感情をポジティブな要素に変換することで、転職プロセスを円滑に進めるだけでなく、次の職場での成功にも向けて一歩近づけます。

自己分析を行う

転職を検討している情シス担当者にとって、自己分析は非常に重要な段階です。自己分析は転職活動や面接での「転職理由」をはっきりさせるための基盤を提供します。

具体的には、自身の専門分野やスキル、目指すキャリアパスをはっきりさせることが含まれます。最初に、これまでに手掛けたプロジェクトや業績を一つひとつ振り返りましょう。

  1. 成功したプロジェクト、困難を克服した瞬間、専門的なスキルを活用した場面などを重点的に考えます。
  2. 自身の強みと弱み、改善すべき点を洗い出します。
  3. 今後挑戦したい職種やどのスキルをさらに磨きたいのかを考えます。

これらをもとに、転職先で何を達成したいのか、どのように貢献できるのかを明確にします。これを転職理由として面接官に明快に伝えることが大切です。

自己分析は、単なる自己満足に終わらせないように気をつけ、分析結果を具体的な行動計画に結びつけて、転職活動に実を結ばせることが成功への鍵となります。

専門性の高い転職エージェントに相談する

転職を検討している情シス担当者にとって、転職エージェントの利用は有益です。

転職エージェントは市場の情報に詳しく、あなたが得意とする領域や求められるスキルについて具体的なアドバイスを提供してくれるでしょう。

特に、情シスに特化したサービスを選ぶことをお勧めします。専門のエージェントサービスでは、あなたの過去の経験がどれだけ価値があるか、また次にどの方向に進むべきかを具体的に提案してくれます。

転職エージェントを活用することで、自身のスキルと市場の需要をうまく調整し、成功につなげることができます。自身の既存のスキルを高く評価してもらいたい場合や、未経験の分野に挑戦して新しいスキルを身につけたい場合でも、専門的なアドバイスを受けられるでしょう。

情報システム(情シス)への転職を成功させよう

情シスの転職を検討する際、最も重要なのは「転職理由」を明確にすることです。

例えば、以下のような理由が考えられます。

  • 新しい技術に挑戦したい
  • 経営陣とのコミュニケーションがしやすい環境で働きたい
  • キャリアの向上を望む

転職理由は人それぞれ異なりますが、具体的な理由が明確でない場合もあります。

転職理由をうまく表現できない場合、転職エージェントへの相談がおすすめです。エージェントは市場の動向や求められるスキル、業界のトレンドに詳しく、あなたのスキルと経験を評価し、最適な転職先を提案してくれます。また、自身では気付かなかった転職理由を明確にする手助けも行ってくれるでしょう。

より良い職場環境を見つけてください。

参考:情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:情シス(情報システム)転職のためのオススメサイト8選|成功のためのポイントを解説

著者画像

株式会社WARC

向井 達也

レバレジーズに入社し、IT領域を中心とした人材紹介事業に従事。その後ベンチャー企業の紹介事業においてグロースフェーズに携わり、2020年WARC入社。現時点でのキャリアやスキルを掘り下げ、潜在的な希望を引き出すキャリアアドバイスを心がける。ベンチャー、スタートアップにおける情報システム部門に強みを持ち、国家資格キャリアコンサルタントを保有。