記事FV
情シス
2024/03/19 更新

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の給与と見込み年収|収入を増やす方法を説明

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)への転職を検討する際、まずは給与や年収の相場について知りたいと思う方が多いでしょう。企業が情報システムにどのような価値を見出し、収入を増やす方法を理解することは、転職への意欲を高めるのに役立ちます。

この記事では、情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の年収の相場と、収入を増やす方法について説明します。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の年収は?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(※1)によれば、2019年の男性システムエンジニアの平均年収は373.9万円、女性は322.6万円でした。この調査によれば、5年前の2014年と比較すると、男女ともに年収が10%増加したことが示されています。

企業の規模や経験年数によって異なることもありますが、多くの企業で情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の年収が向上していると言えるでしょう。

(※1)参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

年収相場が上昇している背景

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の年収相場が過去数年と比べて上昇している理由は気になる点です。急速なIT化や企業における情報システム業務の拡大がその背後にあることを理解しましょう。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の業務多様化

企業が情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)のポジションを導入するようになったことで、情報システム部門の業務内容が多様化しています。日々の問い合わせ対応、例えば社内システムの利用やネットワークのトラブルなどが、業務の中心になっています。

さらに、従業員からの要望に応えて新しいシステムの構築やサーバーの設置など、企業ごとに異なる要求に対応する役割が求められています。日本全体で情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)Eの役割が重要視されるようになり、これが年収上昇の要因の一つと考えられます。

参考:情シス(情報システム)とは?業務内容、必要スキル、役割について解説

5G時代への適応

5G(第5世代移動通信システム)の普及を見越し、企業は情報システムに高い価値を置くようになっています。5Gは、リアルタイムコミュニケーションや情報セキュリティ分野の効率向上が期待されている通信システムです。

5G時代への適応を考え、デジタル化が可能な領域の整理や導入プロセスの検討が必要です。多くの企業はデジタル化のスピードに追いつくために、情報システム部門に高い価値を見出していることでしょう。

専門人材への需要の高まり

RPAやDXなど、ITの急速な進化により、適切な専門家の需要が増加しています。RPAはパソコン業務の自動化技術で、キーボードやマウスの操作を高速化できるものです。

さらに、DXの実施により、高品質なサービス提供が増加します。どちらも高度で新しい技術力が必要であり、これらに対応できるスキルを持つ専門家が必要です。情報システムの内部で働く情シスの専門知識は、新しい情報技術に対応する能力が期待されています。

リモートワークの普及

最近のリモートワークの急速な普及に伴い、情報システム部門の需要が増加しています。また、新型コロナウイルスの拡散により、テレワークが急速に広まってきている状況です。

遠隔ツールによって仕事は効率的になりましたが、テレワークをサポートする情報システム部門には多くの負担がかかっています。テレワークの基盤構築やセキュリティ対策への対応が求められるため、情報システム部門のスタッフの追加が急務で、これが年収の向上要因の一つとなっているでしょう。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の収入を増やす方法

情報システムの需要について理解したら、実際に収入を増やす方法を知りたい人も多いでしょう。情報システムの収入を増やすための実用的な方法を理解しましょう。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の収入を増やす方法

情報システムの需要について理解したら、実際に収入を増やす方法を知りたい人も多いでしょう。情報システムの収入を増やすための実用的な方法を理解します。

大手企業の大規模な社内システムに転職

情報システムの収入を増やす方法として、大手企業の大規模な社内システムに転職することが考えられます。大手企業は多くの業務量と高度な知識が求められるため、年収が高く設定されていることが多いです。

転職活動では、学歴や実務経歴などが実力の指標として評価されることに留意しましょう。また、大手企業の求人情報は公にされないことが多いため、転職エージェントを通じて非公開求人を見つけて応募するのが一般的です。

企業内でシステムの企画ができるポジションに転職

情報システムの中で、企業内でシステムの企画ができる場合、年収を増やす可能性が高まります。システムの企画は上流工程の仕事であり、企業にとって重要なポジションです。

入社後、すぐに企画に携わることができなくても、努力次第でそのポジションに就くことができるかもしれません。ただし、企画ポジションが存在しない企業もあるため、転職先の情報システムの業務内容を事前に確認しましょう。

資格を取得して応募者との差別化

応募者の学歴や経歴が同等の場合、資格を取得することで他の候補者との差別化ができます。情報システムの実務スキルは複雑で、転職時に証明するのが難しいものです。資格は個人のスキルを示す指標の一つであり、履歴書に記載できるため、転職の際に有益です。

他の応募者が同等の資格や経験を持つ場合、資格の取得が採用の決定打となる可能性もあります。情報システムでの年収向上を目指す場合、資格取得によるスキルのアピールは有効な戦略です。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の収入向上に役立つ資格

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)の年収を増やす方法の一つとして、資格の取得が有効です。以下では、情シスの年収向上に役立つ11の資格を紹介しますので、各試験の内容を詳しく理解しましょう。

①ネットワークスペシャリスト資格試験

ネットワークスペシャリスト資格試験は、堅固なシステムを構築し、運用する能力を問う資格で、情報システムの基盤全体をリーダーとして支えるスキルをテストします。企業のネットワークを構築するには、組織の要望を理解し、それに合ったシステムを開発する必要があります。要件を理解し、ネットワークを構築することで、組織において重要な役割を果たすことができるでしょう。

②PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

PMPは、プロジェクトマネジメントの専門家であることを示す国際的な資格です。情シスがプロジェクトの主導を担当する場合、計画策定から完了までの包括的な管理が求められます。情シス部門全体の活動を監視し、目標達成に導くスキルが試される資格ともいえます。取得することで、プロジェクトマネジメントのリーダーとして活躍する機会が広がるでしょう。資格取得後は3年ごとの更新が必要なので、忘れずに更新してください。

③基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ICTや情報処理分野の知識を証明する国家資格です。この試験では、プログラミングの基礎知識が問われ、自力で必要なタスクを遂行できるスキルが求められます。業界内では、情シスの基本的なスキルが問われる試験として高く評価されており、ITエンジニアになりたい人に適しています。基本的なIT知識に自信がある方や、より高度なスキルを習得したい方に向いているでしょう。

④システム監査技術者試験

システム監査技術者試験は、システムの評価を独立かつ客観的に行うための知識を検証する国家資格です。情報システムの進化に伴い、セキュリティの脆弱性や運用上の問題が増えています。この試験では、システムの評価と報告に必要なスキルが試される試験内容です。組織に対してプロフェッショナルなアドバイスを提供し、企業の健全な活動に貢献できるでしょう。安全性向上に興味がある方におすすめの試験です。

⑤システムアーキテクト

システムアーキテクト試験は、情報システム戦略を策定する役割に必要な知識を検証する資格です。この試験では、システムを計画通りに実現するための段階に関する問題が出題され、上流工程からの開発スキルが評価されます。システムアーキテクト試験の合格は、アイデアから具体的な実装に導く能力を証明するもので、システム開発のスペシャリストとしての実力を示すものです。

⑥ITサービスマネージャー

ITサービスマネージャ試験は、システム運用の責任者を対象とした資格で、SEの中でも特にシステム運用と管理に焦点を当てています。この試験では、運用管理やオペレーション、サービスデスクなど、ITのリーダーとして必要なスキルがテストされます。試験内容は技術的な側面だけでなく、リスク管理やコスト管理などのビジネススキルにも及びます。コンサルタントやマネージャーとしてのキャリアを追求する人に向いているでしょう。

⑦データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、データ管理者としてのスキルを証明できる国家資格です。企業が膨大な情報を効果的に管理するためには、データベースの設計から運用まで多岐にわたる知識が必要とされます。この試験では、最適なデータベースを提供し、セキュリティ対策を行うためのスキルが評価される試験内容です。情報システム関連の分野で評価の高い資格であり、マネージャーとしてのスキルを証明し、年収の向上が期待できます。

⑧エンベデッドシステムスペシャリスト試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、システムエンジニアやマネージャーに向けた資格で、IoTなどの組み込みシステムの構築スキルや、設計から評価までの知識が求められます。実際のシステム開発スキルだけでなく、プロジェクト全体を統括するマネジメントにも関する理解が必要です。組み込みエンジニアやプロジェクトのリーダーを目指す人に適しており、収入向上を目指す際に役立つでしょう。

⑨ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、企業内でITを活用するために必要な知識を評価する国家資格です。この試験はエンジニア向けではありますが、マネジメント層にも適しており、実務に関する幅広い内容が出題されます。IT環境の分析やプロジェクトの進行における実務スキル、技術者としての知識が問われる内容です。ITプロジェクトをリードし、現場で活躍したい方に向いています。

⑩オラクルマスター

オラクルマスターは、日本オラクル社の製品に関する高度な技術力を証明する資格です。データベースの管理から運用、SQLを使用した情報取得に関するスキルが試験内容に含まれます。オラクルは世界的に有名なデータベースプロバイダーであり、この資格を取得することで幅広い知識を習得可能です。多くの大手企業や官公庁でオラクルが使用されているため、転職を検討している方におすすめの資格でしょう。

⑪Cisco技術者認定資格

Cisco技術者認定資格は、Cisco Systems社の製品に関するスキルを評価する国際的な資格です。この資格では、Cisco製品に関する技術的な知識だけでなく、ネットワークの基本原則についても学ぶことができます。シスコ製品は世界中で広く使用されており、この資格を取得することで、国際的なスキルを証明することができます。試験は初級から上級までさまざまなレベルが用意されており、段階的に受験することでシスコ製品の専門家としてのスキルを磨くことができます。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)に必要なスキルとは?

情シス関連の資格について理解したところで、実際に現場で求められるスキルに興味を持つ人も多いでしょう。ITの知識だけでなく、企業の情シス担当者に必要なスキルについても考えてみてください。

企業の業務に関する知識と理解

情シスとして活動するには、単にITの知識だけでなく、企業全体に関する知識と理解も必要です。情シスは日常的にさまざまな部署から問い合わせを受けることがあります。

問題を迅速に解決するために、トラブルの内容を理解するだけでなく、各部署の業務やニーズを把握することが重要になります。部署ごとの要求や業務フローを理解することで、より適切なサポートを提供でき、価値ある情シスとしての地位を築くことができるでしょう。

リーダーシップ能力

情シス全体を率いるポジションでは、リーダーシップスキルが非常に重要です。もし従業員から、業務の品質を向上させる新しいシステムの要望が寄せられた場合、それを設計する前に計画を策定する必要があります。

システムを効果的に構築し、効率的に運用するために、情シス全体に方向を示すマネジメントスキルが必要です。特に、IT戦略やシステム設計のような、上流工程のポジションでは不可欠とされるスキルです。

高いコミュニケーション能力

情シスには、単にPCやITの知識だけでなく、コミュニケーション能力も求められます。

情シスは他の部署からの問い合わせに日常的に応じる必要がありますが、従業員が何を必要としているのかを理解しなければ問題を解決するのは難しいです。全ての従業員がITの専門家というわけではないため、相手の話を注意深く聞き、簡潔かつ分かりやすい言葉で説明するスキルが必要になるでしょう。

従業員との円滑なコミュニケーションを重視することで、彼らが問題解決の一助になる可能性もあります。

業務改善の提案能力

情シスとして、急速に進化するIT環境の中で、業務改善に対する提案能力が求められます。

多くの従業員は日常業務で課題に直面し、解決策を見つけるのが難しいことがあります。情シスは、ITを活用した業務改善の提案ができる唯一のポジションであり、効果的な提案を行い、従業員のフィードバックを受けるスキルが必要です。業務改善のプロセスをスムーズに進め、従業員のニーズに応えることが求められます。

情シス(情報システム・コーポレートエンジニア)転職のアドバイスを受けて年収アップを

現代社会では急速なIT化が進行し、情シスの役割はますます重要視されています。年収を増やすためには、情シスとしての転職において、慎重な企業選択やスキル向上などの準備が必要です。

情シス転職の成功を収入向上につなげるために、個別のアドバイスを受けてみましょう。一つずつアプローチを試み、年収向上を目指しましょう。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。