記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シス丸投げは危険!企業イメージ低下に繋がるリスクの解決方法

情シスに全てを任せ他の部署が関与しない状態では会社はスムーズに機能しません。この記事では情シス部門に業務を丸投げすることのリスクと解決策について詳しく説明します。

この内容を理解することで、あなたの会社は他社より優れた成果を出せるようになるでしょう。情シス部門の負担を軽減しスムーズな業務フローを作り上げるために一緒に取り組みましょう。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスへの丸投げ問題とは?どんなリスクが発生するのか?

情シスに業務を全て任せることは、さまざまなリスクを生み出します。以下では業務効率の低下、ノウハウの属人化、情シス部門の退職リスク、企業イメージの低下など、具体的な問題点を詳しく説明します。

企業全体の業務効率が悪くなる

情シスの運営を外部に完全に依存すると企業の業務効率が大きく低下する場合があります。全てを外部に委ねることで社内の連携が弱まり、プロジェクトの進行も滞ることがよくあります。さらに、必要以上に情シスに丸投げすることで社内の技術スキルや専門知識の蓄積が遅れ、自社で問題を解決する能力も衰えてしまいます。

また、外部がもたらすサービスの品質が不安定な場合は業務品質に直接影響を与えてしまうこともあります。これらの問題点をしっかり理解し適切な対応策を実施することは、企業が持続的に成長するために非常に重要です。

属人化しやすくノウハウが体系化されずらい

情シスの運用を外部に完全に丸投げすると社内での専門知識や技術の蓄積が難しくなり、特定の個人に業務が依存する状況が発生する可能性があります。このような状況では、重要な人材がいないときに業務が止まるリスクが高まります。また、新しい職員の研修や業務の引き継ぎが難しくなります。

もし社内で経験や知識の共有が不足していると、問題が発生した時の対応が遅れ、プロジェクトが遅れる原因になります。これらの問題に対応するためには、外部委託の範囲を慎重に決め、社内の情報共有や知識管理を強化する必要があります。適切な内部管理と研修プログラムを導入することで、業務が滞りなく続くようにし、組織全体の効率を高めることができます。

情シスの退職に繋がる

情シス部門の過度な丸投げが続くと従業員の退職率を高める原因になることがあります。全てを外部に丸投げすることで社内の情シス担当者はストレスが増え、仕事に対する満足感が大きく低下します。重要な判断が外部の手に委ねられることで社員は自分たちの必要性がなくなっていると感じ、これが転職を考える理由の一つとなる場合があります。

この問題に対処するためには、まず社内での役割分担を明確にすることが必要です。その上で社員が自分の能力を活かす機会を増やすことが求められます。さらに組織内のエンゲージメントを高め、従業員の満足度を向上させる取り組みを進めることが大切です。

企業のイメージが低下する

情シス部門を外部に完全に依存する戦略は、時に企業の評判を損ねることがあります。業務品質が落ちると、それが顧客の体験に直接的に悪影響を及ぼし、不満が口コミやレビューによって広がるリスクが高まります。

また、情シス部門に過剰な負担がかかると従業員の不満が増え、退職率が上がり、新しいスタッフの採用も難しくなることがあります。これにより企業の成長の機会が損なわれる可能性があります。この問題を解決するためには内部の効率を向上させ、外部リソースを適切に活用することが重要です。

情シス丸投げ問題の解決策

情シスへの業務丸投げ問題に対する解決策を以下で詳しく解説します。他部署との連携、新たな人材の採用、アウトソーシングの活用など、実践的な方法を紹介します。

他部署と連携し役割分担をする

情シスの運用では他部署との連携や役割の明確な分担が効率的な解決策であると考えられています。この方法を採用することで情シス部門の負担を軽減し、各部署の専門技術を活用して協力することが可能になります。たとえば人事部と連携して従業員のデータ管理を効率的に行ったり、販売部と協力して顧客管理システムを改善することができます。

これらの取り組みによって業務プロセスがスムーズになり、会社全体でリソースを効率よく使えるようになります。その結果、企業の生産性が向上しビジネスの競争力も強くなります。このような統合されたシステム運用は市場で持続的に成長するための重要な戦略です。

人材を新規採用する

情シス部門の外部への丸投げを減らし社内の技術力を向上させるには、新しい人材の採用が非常に効果的です。専門スキルを持つ人材を積極的に採用することで、企業内のIT環境を自社で管理・更新する能力が強化されます。これにより外部のサービスプロバイダーへの依存が減り、長期的にコスト削減と効率向上が可能になります。

さらに、新しいアイデアや技術の導入は組織全体の更新を促し業務プロセスの改善が期待できます。新たな人材が持ち込む新しい視点はさまざまな問題解決のアプローチをもたらし、企業全体の成績向上に貢献します。

アウトソーシングも視野に入れる

アウトソーシングは情シスの運用において重要な役割を果たし、とくにリソースが限られている中小企業にとって非常に有効な解決策です。すべての業務を社内で行うには限界があり、特定の専門知識を持つ外部リソースを効果的に活用することでコストを抑えつつ業務の質を維持することが可能です。

適切なアウトソーシングパートナーを選び、業務の一部を委託することにより内部リソースの負担を軽減し、自分たちの中心となる業務に集中することができます。この戦略により業務効率は大幅に向上し、企業の成長を促進するとともに市場での競争力を高めることが期待されます。

情シス丸投げを解決できるアウトソーシングのメリット

アウトソーシングは情シスの丸投げ問題を解決する上で非常に役立ちます。以下ではリソースを素早く手に入れ、重要な業務に専念し、業務効率を高めるといったメリットについて具体的に説明します。これらのメリットを活用して組織全体の成果を向上させる方法を見ていきます。

リソースが簡単に確保できる

アウトソーシングを利用することで企業は必要なリソースを素早く、簡単に確保することできます。とくにITプロジェクトが大規模になる時や特定の専門技術が短期間で必要になる時には、外部の専門企業から即時にサポートを受けることができます。これにより、内部での人材育成や採用にかかる時間とコストを大幅に削減できます。

このようにアウトソーシングを活用することで企業は戦略的な活動に集中しやすくなり、柔軟性と拡張性がビジネスの成長をサポートします。これらのメリットは組織の効率を向上させ、全体のパフォーマンスを改善するのに役立ちます。

優先度の高い業務に注力できる

アウトソーシングを活用することで企業は重要な業務に集中できるようになります。たとえばITサポートやデータ入力などの時間を要する業務を外部の専門業者に依頼することで、社内のスタッフは新製品の開発や市場戦略の立案など、より価値のある活動に専念することができます。

これによりリソースをより有効に利用するだけでなく組織全体が素早く対応し効率的に動くようになります。とくに技術の進化が速い業界ではアウトソーシングを使って速やかに人材を配置し業務を素早く処理することが競争で優位に立つために非常に重要です。

企業全体の業務効率が上がる

アウトソーシングを採用することで企業の業務効率は大きく向上することが期待されます。日常の業務プロセスを外部の専門業者に委託することにより社内リソースを戦略的なプロジェクトや重要な業務に専念させることができます。これは業務をスピードアップするだけでなく、エラーの減少と品質の一貫性を保ち、顧客満足度を高める効果もあります。

さらに、アウトソーシングにより技術の更新や市場の変動に柔軟に対応できるようになり、企業の成長を支える基盤が築かれます。このように、アウトソーシングは多くの企業が直面する課題を克服しビジネスの効率を高めるための重要な戦略として役立ちます。

WARCエージェントで情シスを採用して丸投げ問題を回避!

WARCエージェントを採用することで、情シスの完全な丸投げに起因する多くの問題を効率よく解決できます。この方法により情シス部門の丸投げを減らし、内部リソースをより有効に活用することが可能となります。適切なアウトソーシング戦略を設計し実施することで企業の業務効率が向上し、リソースの管理も効率的に行えるようになります。

これにより企業は技術的課題に速やかに効率よく対応できるようになり、業務の柔軟性と持続可能性を確保できます。情シスを効果的に管理することによって企業の全体的な成長とイノベーションを促進し、競争力を強化することが期待されます。このようなアプローチは、とくに変動が大きい市場環境で企業に重要なメリットをもたらすでしょう。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。