記事FV
経理
2024/05/31 更新

経理のアウトソーシングとは?依頼できる業務って?外注のメリットを解説

経理のアウトソーシングは、企業が経理業務を専門の外部業者に委託するサービスです。多くの企業がこの手法を採用する理由は、「経費削減」「業務効率の向上」「専門知識の活用」など、多岐にわたります。


経理のアウトソーシングで依頼できる業務は、「会計処理」「給与計算」「税務申告」「財務分析」など。これにより、企業は本業に専念しながらも、正確で効率的な経理運営を実現できます。


この記事では、経理のアウトソーシングの具体的な依頼業務と、そのメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

経理のアウトソーシングとは

経理のアウトソーシングは、企業が自社の経理業務を外部の専門業者に委託するサービス。このサービスを利用することで、企業は経理に関する労力を大幅に削減し、コアビジネスに集中できる環境を整えられます。


経理のアウトソーシングには、「コスト削減」「業務効率の向上」「専門知識の活用」といったメリットがあります。特に、中小企業やスタートアップにとっては、限られたリソースを有効活用しながら、専門的かつ高品質な経理サービスを享受できるため、非常に有用です。


さらに、業務の正確性や透明性が高まり、コンプライアンスの強化にも寄与しています。

経理のアウトソーシングは2種類

経理のアウトソーシングは、主に2種類あります。


  • 派遣型
  • リモート型


「派遣型」は、外部の経理専門スタッフが企業内に常駐して業務を行う形式。一方、「リモート型」は、外部業者が自社のオフィスからオンラインで経理業務をサポートする形式です。


どちらの形式も、それぞれの企業のニーズに応じて選択することが可能。


以下で、「派遣型」と「リモート型」の特徴やメリットについて、さらに詳しく説明していきます。

派遣型

「派遣型」の経理アウトソーシングは、外部の経理専門スタッフが企業内に常駐して業務を行う形式。派遣型では、企業は必要な時に専門知識を持ったスタッフをすぐに利用できるため、急な業務変更やトラブルにも迅速に対応できます。


また、スタッフが直接社内にいるため、コミュニケーションがスムーズであり、業務の詳細な指示や確認が容易です。


派遣型の最大のメリットは、企業の文化や業務フローに迅速に適応できること。特に、定期的なミーティングや緊急対応が必要な場合に有効です。


一方で、常駐スタッフのコストや人材の確保が課題となることも。そのため、派遣型は短期間でのプロジェクトや特定の業務に対する迅速な対応が求められる場合に向いています。

リモート型

「リモート型」の経理アウトソーシングは、外部業者が自社のオフィスからオンラインで経理業務をサポートする形式。リモート型の主なメリットは、コスト削減と柔軟な働き方の実現です。


企業は、オフィススペースや設備にかかるコストを削減できる上に、必要に応じて専門的な経理サービスを受けられます。また、リモート型はテクノロジーを活用して、効率的な業務運営を実現。


例えば、クラウドベースの会計ソフトやオンラインでのデータ共有により、リアルタイムでの情報アクセスや共同作業が可能になります。


ただし、リモート型では直接のコミュニケーションが難しくなるため、コミュニケーションツールの活用や定期的なオンラインミーティングが重要です。そのため、リモート型はコスト効率を重視し柔軟な対応が求められる企業に向いています。

経理のアウトソーシングを活用できるケース

経理のアウトソーシングは、多様なビジネスニーズに応じて活用できる柔軟なサービスです。


特に、中小企業やスタートアップ、リソースが限られている企業にとっては、業務効率の向上やコスト削減を実現するための有効な手段となります。


経理のアウトソーシングを活用することで、専門知識を持つプロフェッショナルによる高品質なサービスを受けられ、経理部門の負担を軽減することが可能です。


以下で、経理のアウトソーシングを活用できる具体的なケースについて詳しく解説していきます。

経理部門の日々の業務が忙しい場合

経理部門が日々の業務に追われ、業務が過密化している場合、アウトソーシングを活用するのがおすすめです。


月次決算や年次決算・給与計算・請求書の発行といった定常業務が増えると、内部の経理スタッフだけでは対応しきれないことも。アウトソーシングを利用することで、これらの定常業務を外部の専門業者に任せられ、内部スタッフはより戦略的な業務に集中できます。


また、繁忙期やプロジェクトごとの業務量の増加にも柔軟に対応できるため、業務の安定運用が期待できるのもメリット。さらに、最新の会計ソフトやツールを活用することで、業務の効率化と正確性の向上が図れます。


このように、業務が忙しい経理部門にとって、負担軽減と効率化の両立を可能にしてくれるのがアウトソーシングです。

他部署との兼任や経理がいない場合

企業によっては、経理業務を専任で行うスタッフがいない場合や、経理業務が他部署との兼任になっている場合もあります。


こうした状況では、業務の優先順位が低くなりがちな経理業務が後回しになり、ミスや遅延が発生するリスクも。このようなケースでも、経理のアウトソーシングは有効な解決策となります。


専門業者に依頼することで、経理業務が確実かつ効率的に処理されるため、他の業務に集中できるのがメリット。また、経理専門の知識を持つスタッフがいない場合でも、アウトソーシングを利用することで、高度な専門知識を持つプロフェッショナルによるサポートを受けられます。


これにより、企業全体の業務効率が向上し、経理業務の正確性や信頼性も確保。特に、スタートアップや中小企業にとっては、限られたリソースを有効活用しながら、経理業務の質を高めることができるため、アウトソーシングの導入は大きな強みと言えます。

経理のアウトソーシングで依頼できる業務

経理のアウトソーシングを活用することで、多岐にわたる経理業務を専門の業者に任せられます。


【経理のアウトソーシングで依頼できる業務の例】

  • 記帳業務
  • 給与計算
  • 決算・申告業務
  • 年末調整業務


これにより、企業は内部リソースを最適化し、経理の専門知識を持つプロフェッショナルによる高品質なサービスを受けられます。


この章では、具体的に依頼できる主な業務について詳しく解説するので、参考にしてみてください。

記帳業務

記帳業務は、日々の取引を正確に記録する作業で、経理の基本となる重要な業務の一つ。アウトソーシングによって、専門業者が最新の会計ソフトを活用して効率的に記帳を行います。


これにより、企業は記帳ミスを防ぎ、迅速で正確な財務データを維持することが可能に。また、定期的な記帳作業の外部委託により、内部スタッフは他の重要業務に集中できるようになります。


特に、取引量が多くなると記帳業務は時間と労力を要するため、アウトソーシングによる負担軽減の効果は絶大。記帳業務のアウトソーシングは、企業の財務管理を強化し、経理業務全体の効率化に寄与します。

給与計算

給与計算は、社員の給与・手当・控除額を正確に計算し、支払いを行う業務。この業務は、法律や規制に基づく複雑な計算を伴うため、専門的な知識が必要です。


アウトソーシングを活用することで、専門業者が最新の法規制を遵守しながら正確な給与計算が可能に。これにより、給与計算ミスや法令違反のリスクを回避し、社員の信頼を確保できます。


また、給与計算に伴う業務負担を軽減することで、内部の人事・労務部門はより戦略的な人事施策に集中できるようになるのが魅力。特に、従業員数が多い企業や法改正が頻繁に行われる場合、アウトソーシングによる給与計算の正確性と効率性は大きなメリットとなります。

決算・申告業務

決算・申告業務は、企業の財務状況を正確に把握し、税務当局への報告を行う重要な業務。この業務は、年度末に集中して多くの時間と専門知識を必要とします。


アウトソーシングを利用することで、専門業者が企業の財務データを整理し、適切な決算書を作成することが可能に。さらに、税務申告に関する最新の法規制を遵守し、正確な申告業務をサポートします。


これにより、企業は税務リスクを低減し、適正な納税を実現。また、決算業務の負担を軽減することで、経理部門は他の重要業務にリソースを集中させられるようになります。


アウトソーシングによる決算・申告業務のサポートは、企業の財務健全性を高め、長期的な成長を支える基盤となります。

年末調整業務

年末調整業務は、社員の年間所得に基づく税額の調整を行う業務で、正確な計算と最新の税制知識が求められます。


アウトソーシングを利用することで、専門業者が最新の税制改正を反映した正確な年末調整を行い、社員一人ひとりの税額を適正に調整。これにより、企業は年末の繁忙期における業務負担を大幅に軽減し、正確かつ迅速に年末調整を行えます。


また、社員からの税務に関する問い合わせ対応も専門業者がサポート。そのため、内部リソースを効率的に活用できます。


特に、社員数が多い企業や複雑な給与体系を持つ企業にとって、年末調整業務のアウトソーシングは業務効率化と正確性の向上に大きく貢献します。

経理のアウトソーシングを取り入れるメリット

経理のアウトソーシングを取り入れることは、企業にとってさまざまなメリットがあります。


【経理のアウトソーシングを取り入れるメリット】

  • 繁忙期に対応できる
  • 一から教育する手間が省ける
  • コア業務に専念できる
  • プロへの依頼のためミスを防げる
  • 経費削減につながる


以下で、経理のアウトソーシングを取り入れる具体的なメリットについて詳しく解説していきます。

繁忙期に対応できる

経理のアウトソーシングは、繁忙期における業務負担を大幅に軽減する手段として有効です。


特に、年度末の決算や税務申告、年末調整など、特定の時期には経理業務が集中し、内部スタッフだけでは対応が難しくなることも…。


アウトソーシングを活用することで、専門業者が繁忙期に対応し、必要なリソースを柔軟に使えるようになります。これにより、企業は繁忙期でもスムーズに業務を進められ、業務遅延やミスを防ぐことが可能です。


さらに、アウトソーシング業者は多くの企業の業務をサポートしているため、効率的な業務運営と迅速な対応が期待できます。

一から教育する手間が省ける

経理業務を新たに担当する社員を一から教育するには、多大な時間と労力が必要。特に、経理に関する専門知識や最新の法規制に対応するための教育は重要です。


アウトソーシングを利用することで、この教育コストを削減。外部の専門業者は、すでに高い専門知識と経験を持つプロフェッショナルで構成されているため、企業は教育の手間を省き、即戦力として利用できます。


これにより、業務の立ち上げがスムーズに進み、時間とリソースを他の重要な業務に集中させることが可能になります。

コア業務に専念できる

経理業務をアウトソーシングすることで、企業は本来のコア業務に専念できます。


経理業務は細かな作業が多く、時間と労力が必要。アウトソーシングを活用することでこれらの業務を外部に任せ、内部リソースを戦略的な業務や新しいビジネス機会の探索に集中できるようになります。


これにより、企業全体の生産性が向上し、競争力を強化することが可能に。特に、中小企業やスタートアップにとっては、限られたリソースを効率的に活用し、成長を促進するための重要な手段となります。

プロへの依頼のためミスを防げる

経理業務には正確さが求められますが、専門知識が不足しているとミスが発生しやすくなります。


アウトソーシングを利用することで、専門業者が最新の知識と技術を駆使して業務を遂行するため、ミスを防げるのがメリットです。


これにより、企業は財務情報の正確性を確保し、信頼性の高いデータに基づいた経営判断を行えるように。また、プロフェッショナルによる業務遂行は、法令遵守や内部統制の強化にも寄与し、企業のリスク管理を向上できます。

経費削減につながる

経理業務をアウトソーシングすることで、企業はコスト削減を実現できます。内部スタッフを雇用し、教育し、維持するためのコストを削減できるだけでなく、オフィススペースや設備の費用も削減できるのです。


さらに、アウトソーシング業者は多くの企業の業務を一括して管理するため、規模の経済が働き、効率的な業務運営が可能。この結果、コストパフォーマンスが向上し、企業全体の経費削減に貢献します。


特に、中小企業にとっては、限られたリソースを最大限に活用できるのが大きなメリットです。

経理のアウトソーシングを取り入れるデメリット

経理のアウトソーシングには多くのメリットがありますが、デメリットも考慮する必要があります。


【経理のアウトソーシングを取り入れるデメリット】

  • 自社にノウハウが残らない
  • 機密情報流出の恐れがある


外部業者に業務を委託することで発生するリスクや課題について理解し、適切に対策を講じることが重要です。


以下で、経理のアウトソーシングを取り入れる際の具体的なデメリットについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

自社にノウハウが残らない

経理業務をアウトソーシングすることで、自社内にノウハウが蓄積されにくくなるというデメリットがあります。


外部業者に業務を委託する場合、経理業務に関する知識や経験が社内に残らないため、将来的に内部で対応する際に困難を伴う可能性も…。特に、経理業務を担当する社員が退職した場合や、業務を内製化する必要が生じた場合、経理のノウハウが不足しているとスムーズな引継ぎが難しくなります。


そのため、アウトソーシングを利用する場合でも、一定の知識を社内で維持し、必要に応じて社員のスキルアップを図ることが重要です。定期的な社内研修や業務の一部を内部で処理するなどの対策が求められます。

機密情報流出の恐れがある

経理業務には企業の重要な財務情報や個人情報が含まれるため、アウトソーシングによって機密情報の流出リスクが高まる可能性があります。


外部業者に情報を提供する際、情報の取り扱いに関するセキュリティ対策が不十分だと、情報漏洩のリスクが増大。特に、クラウドサービスやインターネットを介して情報を共有する場合は、適切なセキュリティ対策が不可欠です。


このリスクを軽減するためには、信頼性の高い業者を選定し、機密情報の取り扱いに関する契約を明確にすることが重要。さらに、業者のセキュリティ対策やコンプライアンス体制を定期的に監査し、必要な改善を求めることが求められます。


社内でも情報管理に関する教育を徹底し、内部統制を強化することで、情報流出のリスクを最小限に抑えることが可能です。

経理のアウトソーシング先を選ぶポイント

経理のアウトソーシングを成功させるためには、適切なアウトソーシング先を選ぶことが重要です。


【経理のアウトソーシング先を選ぶポイント】

  • やってほしい業務を担ってもらえるか
  • セキュリティは万全か
  • コミュニケーションを取りやすいか
  • サポート体制が整っているか


業務の質・セキュリティ・サポート体制など、さまざまな要素を考慮して最適なパートナーを見つけるのがポイント。


この章では、アウトソーシング先を選ぶ際の具体的なポイントについて詳しく解説していきます。

やってほしい業務を担ってもらえるか

アウトソーシング先を選ぶ際には、自社が求める具体的な経理業務を確実に担ってもらえるかを確認することが重要です。


記帳業務や給与計算、決算・申告業務、年末調整など、依頼する業務の範囲や内容を明確にし、それに対応できる専門業者を選びましょう。


また、業者が提供するサービスの質や専門知識、経験についても評価することが必要です。業務内容に応じて、専門性の高い業者を選定することで、業務の正確性や効率性が向上し、企業の経理業務をスムーズに進められます。

セキュリティは万全か

経理業務には機密情報が含まれるため、セキュリティ対策が万全であるかを確認することが重要です。


アウトソーシング先がどのようなセキュリティ対策を講じているか、情報の取り扱いに関する規定や管理体制を確認しましょう。


具体的には、「データの暗号化」「アクセス制限」「キュリティ監査の実施状況」などをチェックし、信頼性の高い業者を選定することが必要です。


また、情報流出や不正アクセスに対する対応策も重視すべきポイント。業者との契約には、機密情報の取り扱いに関する条項を盛り込み、情報漏洩リスクを最小限に抑えるための対策を講じましょう。

コミュニケーションを取りやすいか

アウトソーシング先との円滑なコミュニケーションは、業務の成功に直結します。業者とのコミュニケーションが取りやすいか、迅速かつ適切な対応が可能かを確認することが重要です。


特に、業務に関する問い合わせやトラブル対応がスムーズに行えるかどうかがポイント。「定期的な打ち合わせや報告体制が整っているか」「専任の担当者がついているか」など、コミュニケーションの質を評価しましょう。


信頼できるアウトソーシング先と良好な関係を築くことで、業務の進行が円滑になり、結果として業務の質や効率性が向上します。

サポート体制が整っているか

経理業務には予期せぬトラブルや緊急対応が必要になることがあります。そのため、アウトソーシング先のサポート体制が整っているかを確認することが重要です。


経理のアウトソーシングをする場合は、「24時間対応のサポートや緊急時の対応策があるか」「担当者の専門知識や対応力はどうか」などを評価しましょう。


特に、システムのトラブルや法改正に伴う対応が必要な場合、迅速かつ適切なサポートが求められます。サポート体制が充実している業者を選ぶことで、安心して業務を委託できるのがメリット。トラブル発生時にも迅速に対応できるため、業務の安定性が確保されます。


また、業者の評判や過去の実績も参考にし、信頼性の高いアウトソーシング先を選定することが重要です。

経理のアウトソーシング大手5社を紹介

ここからは、経理のアウトソーシング大手5社をご紹介していきます。


  • マネーフォワード経費BPO
  • freee経理アウトソース
  • SUPPORT+iA
  • 会計アウトソース
  • CASTER BIZ accounting


各アウトソーシングサービスの特徴や魅力を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

マネーフォワード経費BPO

  • 領収書BPOと請求書BPOの2つのサービスがあり、経費申請の承認や領収書の確認・保管、請求書のスキャンとデータ化を代行
  • クラウドシステムとBPO(業務プロセスの一括委託)を組み合わせることで、経理業務の効率化を実現
  • 煩雑な紙運用を廃止しペーパーレス化を実現し、業務負担を軽減


「マネーフォワード経費」は、「領収書BPO」と「請求書BPO」の2つのサービスがあるのが特徴です。


BPO経理業務の効率化を図るためには、「領収書BPO」と「請求書BPO」の2つのサービスを活用することが有効。「領収書BPO」では、経費申請の承認や領収書の確認・保管を代行し、「請求書BPO」では、請求書のスキャンとデータ化を行います。


また、クラウドシステムと業務プロセスの一括委託(BPO)を組み合わせることで、経理業務全体の効率化を実現。


さらに、煩雑な紙運用を廃止しペーパーレス化を進めることで、業務負担を大幅に軽減してくれるのも魅力です。

freee経理アウトソース

  • 請求書の受領から保管までの業務をアウトソースできる
  • 電子帳簿保存法とインボイス制度への対応が可能
  • 経理業務全体のデジタル化を実現し、業務の効率化を図れる
  • クラウド上にデータが蓄積されているため、内製化への切り替えがスムーズ
  • 会社の状況に応じて内製とアウトソースを使い分けられる
  • アウトソース専用の管理画面があり、タスクの進捗をリアルタイムで確認可能


「freee経理アウトソース」では、経理業務の効率化と柔軟な運用を実現するために、請求書の受領から保管までの業務をアウトソースすることが可能です。これにより、電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応できます。


また、経理業務全体のデジタル化が進み、業務効率の向上に貢献。クラウド上にデータが蓄積されるため、必要に応じて内製化への切り替えもスムーズに行えます。


企業の状況に応じて、内製とアウトソースを柔軟に使い分けられるため、最適な経理業務運用が可能。さらに、アウトソース専用の管理画面を通じて、タスクの進捗をリアルタイムで確認できるため、業務の透明性と管理の効率性が向上します。

SUPPORT+iA

  • 3〜6名程度のスタッフがチームを組み、クライアントに専門家集団としてフルコミット
  • 経理、財務、人事・労務、庶務、総務など幅広い業務に対応できるチームを構成
  • 公認会計士や税理士など、専門性の高い有資格者が在籍
  • 特に財務や経理関連業務における信頼性が高い
  • 従業員の研修体制が整っており、高い知識・スキルを持った人材が対応
  • 経理、財務、人事・労務、庶務、総務など企業のバックオフィス業務を丸ごと依頼可能
  • 最短2日で幅広い業務の依頼が可能


「SUPPORT+iA」は、3〜6名のスタッフがチームを組み、クライアントに専門家集団としてフルコミットするサービス。経理・財務・人事・労務・庶務・総務など幅広い業務に対応できる体制が整備されている点が大きな強みと言えます。


公認会計士や税理士などの専門性の高い有資格者が在籍しており、特に財務や経理関連業務における信頼性が高いのも特徴。さらに、従業員の研修体制が整っており、高い知識とスキルを持った人材が対応します。


企業のバックオフィス業務を丸ごと依頼することが可能で、最短2日で依頼に対応できる迅速なサービス提供が魅力です。

会計アウトソース

  • 公認会計士や税理士など、会計や税務の専門家が対応
  • 単なる記帳業務だけでなく、決算業務や税務申告業務までフルアウトソースが可能
  • 給与計算や経費精算など経理関連業務も一括して依頼可能
  • 電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応


「会計アウトソース」は、公認会計士や税理士などの専門家が対応するサービス。単なる記帳業務にとどまらず、決算業務や税務申告業務までフルアウトソースが可能。


また、給与計算や経費精算などの経理関連業務も一括して依頼できます。電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応しているため、法令遵守の観点からも安心です。


高度な専門知識を持つプロフェッショナルが対応するため、業務の正確性と信頼性が確保されます。

CASTER BIZ accounting

  • 経理業務のフルアウトソーシングが可能
  • 経費精算から売上管理、月次・年次決算まで、経理業務全般をプロの経理チームに委託できる
  • 経理部の新規立ち上げから大企業の業務アウトソーシングまで幅広く対応
  • 最短3営業日で専門のチームを立ち上げ、要件に合わせたサービス提供を開始
  • 最短5日でサービス利用を開始可能
  • 顧客継続率が96.7%と高い水準を維持
  • 高スキル人材の採用と厳格な管理体制
  • クラウドツールを活用したサービス提供により、状況変化に左右されずに経理業務を滞りなく回せる


「CASTER BIZ accounting」は、経理業務のフルアウトソーシングを提供するサービス。経費精算から売上管理、月次・年次決算まで、経理業務全般をプロの経理チームに委託できます。


新規立ち上げの経理部から、大企業の業務アウトソーシングまで幅広く対応しているのが特徴。最短3営業日で専門チームを立ち上げ、要件に合わせたサービス提供を開始します。


また、最短5日でサービス利用を開始でき、顧客継続率は96.7%と高い水準を維持しているのもCASTER BIZ accountingの魅力。高スキル人材の採用と厳格な管理体制に加え、クラウドツールを活用したサービス提供により、状況変化に左右されずに経理業務を滞りなく回せます。

経理が忙しいなら転職も方法の一つ

経理業務が過度に忙しく、職場環境や業務量に問題がある場合は、転職を考えることも一つの方法です。


自分に合った働きやすい環境を見つけることで、仕事のストレスを軽減。より、健康的な働き方を実現できます。


また、転職によって、新たな職場でキャリアアップのチャンスを掴むことも可能。例えば、より良いサポート体制や効率的な業務プロセスが整った企業で働くことで、自身のスキルをさらに磨き、専門知識を深められます。


経理の悩みを解決し、満足度の高いキャリアを築くためには、自分に最適な選択肢を見つけることが重要。現在の職場での問題を冷静に分析し、必要に応じて新しい環境への転職を検討することは、将来の成長と幸福につながります。

経理のお悩みはアウトソーシングで解決しよう

経理業務に関する悩みを抱えている企業にとって、アウトソーシングは効果的な解決策です。業務負担を軽減し、効率を高めるために、専門知識とスキルを持つプロフェッショナルに業務を任せられますよ。


しかし、アウトソーシングがすべての問題を解決するわけではありません。経理業務が過度に忙しい場合や職場環境に問題がある場合は、転職を考えることも一つの方法です。適切な選択肢を模索しながら、ストレスを軽減しつつキャリアアップを目指しましょう!

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。