記事FV
経理
2024/05/31 更新

経理代行とは?外注のメリットやおすすめ代行サービス10選を紹介

「経理業務が忙しすぎて、他の仕事に手が回らない…」そんな悩みを抱えていませんか?経理代行サービスを利用すれば、忙しい経理担当者や経理部門の負担を大幅に軽減することが可能です。

この記事では、経理代行とは何か、どんなケースに適しているのか、外注のメリットやデメリット、さらにおすすめの経理代行サービス10選を詳しく解説します。

記事を読むことで、経理代行サービスの選び方や、どのサービスが自社にぴったりかを知ることができ、業務効率化やコスト削減のヒントが得られます。忙しい毎日から解放され、本来の業務に集中するための第一歩を踏み出しましょう。

経理代行とは

経理代行とは、自社で行っている経理業務を外部の専門業者に委託することです。経理業務には高度な知識や経験が必要で、社内で全てを処理するのは難しく、大きな負担となります。そこで、経理代行サービスを利用することで、その負担を軽減することが可能です。

経理代行が利用されるケース

経理代行は、専門知識が求められる経理業務を外部に委託するサービスです。特に以下のようなケースで利用されています。

  • 経理部門の日々の業務が忙しい場合
  • 他部署との兼任や経理がいない場合

それぞれ見ていきましょう。

経理部門の日々の業務が忙しい場合

経理部門の日々の業務が忙しい場合、経理代行の利用が非常に効果的です。日々の帳簿付けや入出金管理、給与計算など経理の仕事は多方面にわたります。これらの業務を正確に行うためには、専門的な知識と経験が必要です。しかし、日常業務が忙しいと経理に十分な時間を割くのが難しくなります。経理代行サービスを利用することで経理業務をプロに任せ、本来の業務に専念することが可能です。

他部署との兼任や経理がいない場合

経理専任の担当者がいない場合や他部署との兼任で経理業務を行っている場合も、経理代行サービスが役立ちます。特に中小企業やスタートアップ企業では、経理に特化した人材を確保するのが難しいことが多いです。

兼任とは、たとえば営業部門や人事部門のスタッフが経理業務も担当している状況を指します。経理業務は専門性が高く、ミスがあると企業に大きな影響を与えかねません。そのため、本業との兼任では、経理業務に十分な時間を割くことが難しく、負担が大きくなりがちです。経理代行サービスを利用すれば、日常の経理業務を外部に委託でき、兼任の担当者は自分の本来の業務に専念できます。

経理代行に依頼できる業務

経理代行サービスに含まれる業務内容は、主に以下の4つです。

  • 記帳業務
  • 給与計算
  • 決算・申告業務
  • 年末調整業務

各サービス内容について、解説します。

記帳業務

記帳業務は、企業の経理において基本的な役割を担う重要な業務です。売上や仕入、経費の支払いなど日々の取引を記録し、正確に帳簿に反映させることが求められます。記帳は経営状況を把握するための基礎資料となるため、ミスなく行うことが重要ですが、取引が多い企業では手間がかかり時間も必要です。経理代行サービスを利用すれば、領収書や請求書、通帳のコピーなどの必要書類を渡すだけでプロが正確に記帳してくれます。企業は本来の業務に集中でき、経営判断のための信頼性の高いデータも確保できるため効果的です。

給与計算

給与計算は、毎月発生する重要な経理業務の一つです。従業員の勤怠データを基に、正確に給与を計算し、適切な時期に支払うことが求められます。計算ミスがあると従業員の信頼を損ない、モチベーション低下にもつながるため、非常に慎重に行うことが必要です。また、社会保険や税金の計算も含まれるため、専門的な知識がいります。経理代行サービスを利用すれば、これらの複雑な計算をプロに任せられるため、給与計算ミスを防ぐことが可能です。

決算・申告業務

決算・申告業務は、企業が毎年行う重要な経理業務です。決算では年間の収支をまとめ、財務状況を明確にします。申告業務では税務署に対して正確な納税額を報告しなければなりません。これらの業務には、簿記や税法の専門知識が必要であり、ミスがあると税務調査の対象になるリスクもあります。経理代行サービスでは領収書や請求書、通帳のコピーなどを預けるだけで、記帳から決算書類の作成、さらには税務申告書の作成まで代行可能です。税理士資格を持つプロが対応するため、安心して任せることができます。

年末調整業務

年末調整業務は、毎年年末に行われる重要な経理作業の1つ。従業員の年間所得税額を精算し、適切に源泉徴収を行うために必要な手続きです。

しかし、経理代行サービスを利用すれば、必要書類をまとめて渡すだけで、年末調整業務をプロが代行してくれます。経理担当者は本来の業務に集中でき、年末調整のミスを防ぐことが可能です。また、税務署への提出まで代行してくれるサービスもあり、手間を大幅に減らすことができる点でも選ばれています。

経理代行を依頼するメリット

経理代行サービスを導入するメリットについて以下で詳しく説明します。

  • コア業務に専念できる
  • プロへの依頼のためミスを防げる
  • 経費削減につながる

それぞれのメリットを見ていきましょう。

コア業務に専念できる

経理代行サービスを利用することで、企業はコア業務に専念することができます。経理業務は時間と労力を要するため、他の重要な業務に集中できなくなることが多いです。特に経営者や現場従業員が経理業務を兼務する場合、本業に支障が出るほど経理作業が負担となることがあります。経理代行サービスを活用すれば、日々の記帳や給与計算、決算業務などをプロに任せることが可能です。社員は本来の業務に集中できる環境が整います。

プロへの依頼のためミスを防げる

経理代行サービスを利用することで、経理業務におけるミスを防ぐことが可能です。経理業務は正確性が求められるため、少しのミスが大きな問題につながることがあります。たとえば、記帳の誤りや税務申告のミスは、後々の税務調査や罰則に発展するかもしれません。経理代行サービスを実施する会社は、専門的な知識と経験を持つプロが対応するため、ミスを最小限に抑えることが可能です。

経費削減につながる

経理代行サービスの利用は、経費削減にも効果的です。経理業務を自社内で完結させるためには経理担当者を雇用し続ける必要があります。これには人件費や教育費がかかり、とくに専門知識を持つ人材の採用はコストが高くなることが多いです。

一方、経理代行サービスを利用すれば必要な業務を必要な時だけスポットで依頼できるため、常時雇用するよりもコストを抑えることが可能です。さらに、経理代行を導入することで経理担当者だけでなく、経営陣にとっても大きなメリットがあります。経理代行を利用することで経営陣は経理の煩雑な業務から解放され、より戦略的な経営判断に集中できるようになるでしょう。

経理代行を依頼するデメリット

経理代行を依頼した場合に想定されるデメリットは、以下の2点です。

経理代行サービスのデメリット

  • 自社にノウハウが残らない
  • 機密情報流出の恐れがある

それぞれ解説していきます。

自社にノウハウが残らない

経理代行サービスを利用することで短期的には経理業務が楽になりますが、自社にノウハウが蓄積されないというデメリットがあります。経理業務は専門的な知識が必要で、経験を積むことで向上するスキルです。しかし、経理代行に業務を任せると、そのノウハウは外部の代行会社に蓄積され、社内には残りません。結果として社員のスキルアップや経験値の向上が見込めず、将来的に経理業務を自社で完結させることが難しくなる可能性があります。

機密情報流出の恐れがある

経理代行サービスを利用する際には、機密情報の流出リスクを考慮しなければなりません。経理業務には企業の財務状況や従業員の個人情報など、非常に重要なデータが含まれます。情報を外部の代行業者に渡すため、万が一情報が漏洩するかもしれません。企業の信用に大きなダメージを与える可能性があるため、経理代行業者を選ぶ際にはセキュリティ対策がしっかりとされているかを確認することが重要です。たとえば、秘密保持契約(NDA)の締結や、データの取り扱いに関する厳格な手続きがあるかどうかをチェックしましょう。

経理代行を選ぶポイント

次に、経理代行サービスを選ぶ際に失敗しないための3つのポイントを紹介します。

  • 依頼したい業務を担ってもらえるか
  • 信頼できる企業かどうか
  • サポート体制が整っているか

「期待したメリットが得られなかった」とならないように、これらのポイントを詳しく見ていきましょう。

依頼したい業務を担ってもらえるか

経理代行サービスを選ぶ際には、まず依頼したい業務をきちんと担ってもらえるかを確認することが重要です。経理業務には記帳や給与計算、決算書類の作成など、さまざまな種類があります。自社がどの業務を依頼したいのかを明確にし、その範囲を経理代行サービスがカバーできるかをチェックしましょう。

信頼できる企業か

経理代行サービスを選ぶ際には、信頼できる企業かどうかを見極めることが重要です。経理業務には企業の財務情報や従業員の個人情報が含まれており、これらの機密情報を安全に扱える企業でなければなりません。信頼性の判断基準として、長く経営している企業や上場企業、悪いニュースがない企業などを選ぶと良いでしょう。

サポート体制が整っているか

経理代行サービスを選ぶ際には、サポート体制の充実度とコミュニケーションの取りやすさも重要なポイントです。自社の機密情報を扱うため、緊急時に素早く対応してくれるサービスがよいでしょう。また、問い合わせ時やトライアルキャンペーン中の対応から、コミュニケーションの取りやすさを判断するのがおすすめです。

経理代行サービスおすすめ10選

ここでは、おすすめの経理代行サービスを10選紹介します。

  1. SUPPORT+iA
  2. Remoba経理
  3. Wheat Accounting
  4. 株式会社つばさ会計事務所
  5. Smart経理
  6. freee経理アウトソース
  7. 会計アウトソース
  8. マネーフォワード経費BPO
  9. CASTER BIZ経理
  10. バックオフィス 経理スタンダード

それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

SUPPORT+iA

特徴

・高水準のサポート

・導入企業ごとに3〜6名の担当者がつく

・個人事業主でも利用可能

サービス内容

・経理業務全般

・財務、庶務、総務などにも対応

料金

・月額費用:12万円~

公式サイト

https://grancers-group.com/support-ia

SUPPORT+iA(サポーティア)は、非常に高いサポート品質を誇る経理代行サービスです。企業ごとに3〜6名の担当者が配置され、経理業務全般から財務、庶務、総務まで幅広く対応します。個人事業主にも対応しており、手厚いサポートを求める方におすすめです。月額12万円(税抜)から使用できます。初期費用については問い合わせが必要です。

Remoba経理

特徴

・業務はすべてRemobaに丸投げでOK

・クラウドサービスと経理に精通した専任のワーカーが効率化を実現

・オンラインかつリアルタイムでの見える化

サービス内容

・売上管理・請求業務

・支払い業務

・経費管理

・月次決算

料金

・6ヶ月プラン

月額料金¥200,000

対象:従業員数15名以下の企業様

・12ヶ月プラン

月額料金¥180,000

対象:従業員数15~50名の企業様

・トライアルプラン

お試しに3ヶ月間限定で1ヶ月更新のプランで利用が可能

公式サイト

https://remoba.biz/accountant

Remoba経理は、クラウド活用支援で高い評価を受ける経理代行サービスです。独自の研修を修了したプロフェッショナルチームが、経理業務を効率的にサポートします。既存のソフトウェアと連携して業務効率化を実現し、税理士との連携も可能です。料金は6ヶ月プランが月額20万円、12ヶ月プランが月額18万円で、トライアルプランも用意されています。

Wheat Accounting

特徴

・効率的な業務プロセス構築

・広い業務領域とフレキシブルな対応

・高品質・安定稼働のチーム体制

サービス内容

・経理業務全般

・記帳代行

・給与計算

・支払代行

・早期月次対応

・請求書発行、売掛金/買掛金管理

・管理会計(事業別、部門別、プロジェクト別管理等)

・各種システム導入

・会計、税務相談

・労務管理、労務手続

料金

・基本コース30,000円/月額(税別)+ オプション対応分

公式サイト

https://wheat-biz.com/accounting-service/

Wheat Accountingは、月々3万円からのオールインワン対応が魅力の経理代行サービスです。基本コースに加え、企業の要望に応じたオプションを追加でき、個別見積もりができます。帳簿付けや記帳代行などの基本業務に加え、給与計算や支払代行、請求書発行にも対応可能です。部分的な経理業務を代行してほしい企業におすすめします。

株式会社つばさ会計事務所

特徴

・低コスト

・専任担当者による幅広い知識で対応

サービス内容

・経理業務全般

・メイン:給与計算、年末調整

・年末調整に必要な資料収集から年税額計算、

給与支払報告書作成まで、的確に年末調整業務を代行

・社会保険労務士とも提携し、社会保険・労働保険に関する業務の支援も可能

料金

・要問い合わせ

公式サイト

https://www.tsubasa-kyuyo.com/

株式会社つばさ会計事務所は、低コストで利用できる経理代行サービスが特徴です。給与計算や年末調整をメインに、依頼内容に応じて専任担当者が対応します。税理士や社会保険労務士との連携もあり、フルアウトソーシングも可能です。

Smart経理

特徴

・領収書などスキャンしてクラウドでデータ共有

・試算表レポートで経営状態を確認

・必要な情報、確認はチャットでやりとり

サービス内容

・スタンダード:スタンダードプランでは、 請求書発行、支払業務、給与計算、経費精算、会計入力までを請け負います。

・エキスパート:資金繰りや融資の相談、資産管理といった経営者様のお悩みをサポートします。

料金

・スタンダード:15万円~/月

・エキスパート:30万円~/月

公式サイト

https://smart-keiri.com/

Smart経理は、素早いコミュニケーションが特徴の経理代行サービスです。チャットを使って簡単に担当者とやり取りができ、スムーズな対応ができます。スタンダードプランでは経理業務全般、エキスパートプランでは資金繰りや融資相談、資産管理まで対応可能です。素早いコミュニケーションを求める方におすすめします。

freee経理アウトソース

特徴

・請求書受領に関わる業務のアウトソースを実現

・電子帳簿保存法とインボイス制度に対応

・経理業務の安定化とデジタル化の促進

サービス内容

ワンストップでアウトソースすることでシンプルな業務フローを実現します。

料金

・記載なし

公式サイト

https://www.freee.co.jp/accounting-outsourcing/

freee経理アウトソースは、請求書のスキャン代行から電子データ保存、債務管理まで対応する経理代行サービスです。電子帳簿保存法やインボイス制度に対応しています。法改正にも強いのが特徴です。AI-OCRとオペレーターによるデータ化で、正確な経理処理を実現します。法改正に対応した経理代行サービスを探している方におすすめです。

会計アウトソース

特徴

システムで、専門性で、価格で、プロフェッショナルがお手伝いします。

サービス内容

・経理アウトソーシングサービス

日々発生する記帳・仕訳業務や売掛金・買掛金管理、経費精算など経理業務全般を代行いたします。また経営資料・決算報告書などの作成サポートもいたします。

・税務申告

世界中の会社の決算から税務申告までを引き受けます。世界の公認会計士が決算から申告のお手伝いをいたします。適正な価格で月次決算、年度決算を行います。

・業務改善

業務改善、世界の最前線の最新のシステム導入のリードまでお手伝いします。

料金

・記載なし

公式サイト

https://www.i-ap.net/service/accounting/

会計アウトソースは、単一の経理業務からフルアウトソースまで柔軟に対応するサービスです。記帳や仕訳業務、売掛金・買掛金管理、経費精算、税務申告などを提供します。バイリンガルのプロスタッフが在籍しており、日本国内だけでなく海外にも対応可能です。グローバルな視点を持つ企業におすすめします。

マネーフォワード経費BPO

特徴

・業務範囲:特定業務に特化

・業務範囲カスタマイズ:一部の項目をカスタマイズ

・利用システム:マネーフォワード クラウド経費、債務支払を利用

・コスト:安い

サービス内容

・クラウド経費BPO承認突合プラン

領収書のチェック、ファイリング、保管から申請の承認までの定型業務をアウトソースします。

・クラウド債務支払BPO請求書受取起票プラン

請求書の受け取りと入力をアウトソースします。

料金

・記載なし

公式サイト

https://biz.moneyforward.com/expense/bpo/

マネーフォワード経費BPOは、請求書の受取から経費精算に特化した経理代行サービスです。業務範囲のカスタマイズが可能で、個社ごとにフルカスタマイズではなく一部項目のカスタマイズができます。領収書の申請内容の承認や差し戻し、領収書のファイリングと保管、請求書のデータ化と書類の保管業務に対応が可能です。詳しく業務を決めて依頼したい方におすすめします。

CASTER BIZ経理

特徴

・最短3日で専門チームを立上げ

・経理・労務が止まらない環境を構築

・実務経験が豊富、採用率1%の高スキル人材

サービス内容

日常の仕訳はもちろん、すべての経理実務、業務コンサル、税理士連携まで幅広く対応します。

料金

・月額費用:

・従業員数20名以下:22.5万円(税抜)

(稼働時間:30時間)

・従業員数20〜50名:22.5万円(税抜)

(稼働時間:30時間)

・従業員数50~100名:22.5~68万円(税抜)(稼働時間:30〜80時間)

・従業員数100~200名:22.5~68万円(税抜)

(稼働時間:30〜60時間)

公式サイト

https://accounting.cast-er.com/

CASTER BIZ経理は、最短3営業日で専門チームを配置するスピード感あふれる経理代行サービスです。すべての経理業務に対応し、税理士との連携も可能です。従業員数に応じたプランを見積もってもらえるため、企業の規模に合わせた適切なサポートを行います。スピーディーで安心できるサービスを求める方におすすめです。

バックオフィス 経理スタンダード

特徴

・分かりづらい法令等の相談が可能

・完成された最適な経理業務プロセス

・圧倒的な導入スピードと低負荷

・セコムGの安全・安心のセキュリティ

サービス内容

TMJのバックオフィス 経理スタンダードは「最適な業務プロセスをパッケージ化」しています。パッケージされたプロセスには、「標準」として定価に組み込まれている業務と、「オプション」として選択可能な業務があり、貴社の環境や理想に合う形で単一業務での導入から支援致します。

また経理業務にとどまらず、人事業務等の他部門と連携する事務プロセスに関してもパッケージされたサービスが用意されています。

料金

・記載なし

公式サイト

https://www.tmj.jp/back_office/

バックオフィス 経理スタンダードは、セコムグループの安全・安心のセキュリティを備えた経理代行サービスです。効率的な業務プロセスをパッケージ化しており、どのような企業でも再現性とクオリティの高いサポートを実現します。経理業務全般に加え、法令に関する相談も可能です。安全性と高品質を求める方におすすめです。

経理を採用するならWARCエージェントがおすすめ

経理の採用を考えているなら、WARCエージェントがおすすめです。WARCエージェントは、経理専門の人材紹介サービスで、経験豊富なプロフェッショナルを紹介してくれます。

とくに中小企業やスタートアップ企業で、即戦力となる経理担当者を探している方にぴったりです。また、WARCエージェントは厳選された候補者のみを紹介するため、ミスマッチを防ぎ、採用の成功率を高めます。経理の採用に悩んでいる企業は、ぜひWARCエージェントの利用を検討してみてください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。