記事FV
経理
2024/05/31 更新

経理で頭がおかしくなりそう!大変と言われる理由やストレス解消法を解説

経理の仕事は、数字と向き合い正確性が求められるため、多くの人が「頭がおかしくなりそう」と感じるほど大変な業務です。日々の業務において、細かなミスが許されず、締め切りに追われることもしばしば。


さらに、税務や法務の知識も必要とされ、常に最新の情報を把握しなければなりません。このような厳しい環境下で働く経理担当者は、常にストレスにさらされています。


この記事では、経理担当者がストレスを軽減し、より効果的に仕事をこなすための具体的な方法について解説していきます。


【業務】経理は頭がおかしくなると言われる理由

経理の仕事が「頭がおかしくなる」と言われるのは、その独特な業務内容とプレッシャーにあります。


日々の業務は正確性と効率性が求められ、少しのミスも許されません。さらに、繁忙期には業務量が急増し、細かい作業やルーティンワークが多いため、集中力と忍耐力が試されます。


また、税務や法務などの専門知識も必要で、常に最新の情報をキャッチアップしなければなりません。締め切りも厳格で、スピードと正確さの両立が求められるため、ストレスが溜まりやすいのです。


この章では、経理は頭がおかしくなると言われる理由について深掘りしていきます。

繁忙期は忙しい

年度末・決算期・税務申告の時期に集中する経理の繁忙期。これらの期間中は、通常の業務に加えて大量の書類作成・データ入力・報告書の作成など、膨大なタスクが一度に押し寄せます。


さらに、すべての作業が厳格な期限内に完了しなければならず、時間に追われるプレッシャーも…。そのため、通常よりも長時間の勤務や残業が必要となり、心身ともに疲弊することが多くなります。


繁忙期を乗り越えるためには、効率的な業務管理とチームの協力が不可欠。それでも、経理担当のストレスが大きくなっていくことはなかなか避けられません。

細かい作業やルーティンワークが多い

経理の仕事は、細かい作業やルーティンワークが多いのが特徴です。毎日の支払いや入金の確認、伝票の整理、帳簿の記帳など、非常に細かな作業を正確にこなさなければなりません。


これらの作業は、一見単調に見えるかもしれませんが、ミスが許されないため高い集中力が必要です。特に、同じような作業が繰り返されることから、精神的な疲労も蓄積しやすく、ストレスの一因となります。


また、ルーティンワークの中でも新しい規則や手続きが導入されることがあり、柔軟に対応する能力も必要。こうした細かい作業に対するストレスは、経理担当者にとって大きな負担となります。

専門性が高く覚えることが多い

経理の仕事は、高度な専門知識を必要とし、覚えることが非常に多いです。税法・会社法・会計基準などの法律や規則を理解し、適用する能力が求められます。


また、企業によっては独自の経理システムやルールが存在し、それらを迅速に習得することも必要。新しい会計ソフトやシステムの導入が行われることも多く、そのたびに新しい知識とスキルを身につけなければなりません。


これらの学習と実践のサイクルが絶えず繰り返されるため、経理担当者は常に自己研鑽を怠れないのです。こうした高い専門性と学習負担が、経理の仕事を一層大変なものにしています。

スピードと正確さが求められる

スピードと正確さの両方が求められる経理の仕事。毎日の業務には期限があり、効率良く処理しなければなりませんが、同時にミスを避けるために細心の注意を払う必要があります。


特に、月末の締めや決算期には多くのタスクが集中し、一つのミスが大きな問題につながる可能性も。そのため、経理担当者は迅速かつ正確に業務をこなすための高度なスキルと判断力を求められます。


これにより、常に高い集中力とプレッシャーを感じることになり、精神的な負担が大きくなるのです。スピードと正確さを両立させることが、経理の仕事の難しさを物語っています。

締め切りが厳格

経理の仕事には厳格な締め切りが設定されており、それを守ることが非常に重要です。月次決算・四半期決算・年度決算など、定期的な報告書の提出が求められるため、計画的に業務を進める必要があります。


しかし、突発的な業務や予期せぬトラブルが発生することも多く、その都度柔軟に対応しながらも、締め切りを厳守しなければなりません。これにより、常に時間に追われる状況が続き、精神的なプレッシャーが強まります。


経理担当者は、締め切りを守るために効率的な時間管理と優先順位の設定が求められますが、それでもストレスが大きくなるのは避けられないのが現実です。

【業務以外】経理は頭がおかしくなると言われる理由

経理の仕事が「頭がおかしくなる」と言われる理由には、業務内容だけでなく、業務以外の要因も大きく影響しています。


「周囲からの評価が得にくいこと」「年収の上昇が見込みにくいこと」「AIの進化による将来的な不安」などが、経理担当者の精神的な負担を増大させる原因に。これらが組み合わさることで、経理の仕事がますます厳しいものと感じられるのです。


この章では、経理は頭がおかしくなると言われる業務以外の理由に焦点を当てて見ていきましょう。

周囲から評価されにくい

経理の仕事は、他の部門に比べて目立ちにくいことが多く、そのため周囲からの評価を得にくいと感じることが多いです。


経理部門は、企業の財務状況を正確に管理し、報告するという重要な役割を担っている職種。それにもかかわらず、その成果が直接的に業績として現れることが少ないため、他部門からの感謝や称賛を受けにくいのです。


また、経理の業務はミスが少ないほど良い仕事とされるため、目立たないことが優秀とされる場合が多く、その結果評価が低くなりがちです。


このように、自分の努力や成果が見えにくく評価されにくい環境が続くことで、経理担当者のモチベーションが低下しストレスが溜まる要因となります。

年収がなかなか上がらない

経理の仕事は、企業の運営に欠かせない重要な役割を果たしているにもかかわらず、年収の上昇が見込みにくいと感じることが多いです。


特に、中小企業では給与体系が硬直的であり、昇給の機会が限られていることも少なくありません。また、経理職の給与水準は、他の専門職に比べて低い傾向があるため、長期間働いても収入が思うように増えないことがストレスの一因となります。


さらに、業績連動型のボーナスが少ない場合、経理担当者は自分の仕事が評価されていないと感じることも。このような状況が続くと、経理担当者は将来への不安や不満を抱え、精神的な負担が大きくなります。

AIで将来仕事がなくなるかもしれない

近年のAI技術の進化により、経理業務の自動化が進んでいます。そのため、将来の仕事に不安を感じている経理担当者も少なくありません。


AIや自動化ツールは、「データ入力」「帳簿の整理」「決算報告書の作成」など、多くのルーティンワークを効率的にこなせるため、人間の関与が少なくなってきています。このような技術の進化により、経理職が将来的に減少する可能性があると懸念されているのです。


特に、若手や中堅の経理担当者は、自分のキャリアが不安定になるのではないかという恐れを抱くことが多く、これがストレスの大きな要因となっています。


このような不安に対処するためには、経理以外のスキルを身につけることや、業務の高度化に対応する能力を養うことが重要です。

経理には向き不向きがある

経理の仕事には、特定のスキルや特性が求められます。


【経理に必要なスキルや特性】

  • 細かい作業が得意である
  • 高い集中力を持っている
  • 数字やデータに強い興味がある
  • ルーティンワークに抵抗がない
  • 正確さを重視する
  • 忍耐力がある
  • 規則やルールに従うのが得意


経理の仕事は、細かいデータの入力や数字のチェックを正確にこなすことが重要。そのため、高い集中力を持ち、長時間にわたり作業に集中できる人が向いています。また、ルーティンワークに抵抗がなく、同じ作業を繰り返すことに耐性がある人もおすすめ。


さらに、正確さを重視し、多くの規則やルールを守ることが得意な人にもこの仕事は合っています。


一方で、これらの特性に当てはまらない場合は、経理の仕事が自分に合わないと感じることがあるかもしれません。自分の特性や興味をよく考えた上で、キャリア選択を行いましょう。

経理の短期的なストレス解消法

経理の仕事は日々の業務が細かく、プレッシャーも大きいため、短期的なストレス解消法を取り入れることが重要です。


以下で、経理の短期的なストレス解消に効果的な方法をいくつかご紹介します。

1日にすべきことを決める

毎日の業務を効率的に進めるためには、1日にすべきことを明確に決めておくことが大切です。


効率的な業務進行のためには、まずは1日の始めにその日のタスクをリストアップし、優先順位をつけることが大切。タスクの完了ごとにリストをチェックすれば、達成感やモチベーションを維持することができます。

また、1日の終わりにはその日の進捗を振り返り、翌日の計画を立てることで、次の日の業務をスムーズに進める準備が整います。特に、難易度の高いタスクや時間のかかる作業は早めに取り組みましょう。

こまめな休憩を取り入れる

集中力を維持するためには、こまめな休憩が欠かせません。長時間の連続作業は疲労を招き、ミスの原因となることもあるので要注意。


例えば、1時間ごとに5分から10分の短い休憩を取ることで、リフレッシュし再び集中して業務に取り組めます。休憩中には、軽いストレッチやリラクゼーションを行うことで、心身のリフレッシュを図りましょう。


ただし、休憩の取り方にも工夫が必要です。同じ姿勢で長時間作業を続けると、体に負担がかかりやすいので要注意。休憩中には、ストレッチや軽い運動を行って積極的に体を動かすことが大切です。そうすることで、血行が良くなり疲労感が軽減します。


他にも、深呼吸や瞑想などのリラクゼーション法を取り入れて心をリフレッシュするのもおすすめです。


休憩の取り方を意識しながら、日々の業務をより効率的に、そして健康的に進めていきましょう。

効率的な仕事の仕方を考える

経理のストレス解消には、業務の効率化を図るために、最新の技術やツールを取り入れることが有効です。


例えば、AIを活用するのがおすすめ。データ入力や帳簿の整理などのルーティン作業を自動化し、人的ミスを減らすことができます。


また、経理専用のソフトウェアやクラウドサービスの導入も注目されています。データの管理や共有がスムーズになり、作業時間を短縮することができます。


他にも、ペーパーレス化を推進することで、書類の管理が容易になりスペースの節約にもつながります。


最新の技術やツールを活用することは、経理部門全体の生産性を向上させるだけでなく、業務の透明性や正確性の向上にも貢献。業務効率化だけでなく、働き方や企業全体の運営にも大きなメリットをもたらします。


経理担当者にとっては、技術の進化を積極的に取り入れて、より戦略的な業務に集中できる環境を整えることがストレスを溜めないためにとても重要です。

スケジュールに余裕を持つ

厳格な締め切りに追われる経理業務ですが、スケジュールに余裕を持たせることがストレス軽減につながります。


タスクを前倒しで計画し、締め切りの数日前に完了するよう心がけることで、万が一のトラブルにも冷静に対応できる時間が確保できます。


また、定期的にスケジュールを見直し、過密にならないよう調整することも重要。余裕を持ったスケジュール管理を行うことで、精神的なプレッシャーが軽減され落ち着いて業務に取り組めます。

経理の長期的なストレス解消法

経理の仕事は短期的な対策だけでなく、長期的な視点でもストレスを解消する方法を考えることが重要です。


以下で、経理の長期的なストレス解消に効果的な方法をいくつかご紹介します。

経理に関係する資格を取る

経理のスキルを向上させるために、関連する資格を取得することが有効です。資格を取得することで、自信がつき、仕事に対するモチベーションも向上しますよ。


以下は、経理に関係する代表的な資格です。


資格

概要

日商簿記検定

  • 基礎から応用まで、会計の知識を体系的に学ベる
  • 3級から1級までのレベルがあり、段階的にスキルを磨ける

税理士資格

税務に関する高度な知識を習得でき、キャリアアップにもつながる

公認会計士(CPA)

  • 会計と監査のプロフェッショナルとしての証明になる
  • 国際的にも通用する資格

ファイナンシャルプランナー(FP)

経理業務だけでなく、個人や企業の資産運用に関するアドバイスも可能になる


これらの資格を取得することで、経理の仕事に対する自信と専門性が高まり、長期的なキャリアにもプラスになります。

メリットを考えて割り切る

経理の仕事は周囲からの評価を得にくい一方で、さまざまなメリットがあります。


例えば、ノルマがなく、自分のペースで仕事を進められるのは大きな利点。また、社外の人との関わりが少なく、内向的な人にとっては働きやすい環境です。


さらに、経理で身につけた会計知識は転職先でも役立つため、キャリアの幅が広がります。


こうしたメリットを考えると、経理の仕事を割り切って乗り切れます。評価が得にくいと感じるときでも、自分のスキルと知識が確実に積み上がっていることを意識し、前向きに取り組んでいきましょう。

働く期間をある程度決める

長期間同じ職場で働く疲れを感じた場合は、転職を考えるのも一つの方法です。あらかじめ働く期間を決めることで、目標に向かって計画的にスキルアップやキャリアアップを図れます。また、転職を視野に入れることで、現在の職場でのストレスを軽減し、新たな環境でのチャレンジも楽しめるようになります。経理の経験とスキルは他の職種でも役立つため、積極的にキャリアの選択肢を広げることが可能です。このように、自分のキャリアプランを明確にすることで、長期的なストレスを効果的に解消できます。


職場が合わない場合は転職を視野に入れよう

経理の仕事自体にはやりがいを感じていても、職場が合わないことでストレスが蓄積し、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。


このような状況を解決したい方は、転職を視野に入れてみましょう。WARCエージェントなら、転職に対するサポート体制も充実しています。今の職場でお悩みの方は、ぜひWARCエージェントをご活用ください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。