記事FV
経理
2023/12/05 更新

経理の仕事を辞めたい理由とは?経理に向いていない人が知るべきミスマッチの解消法

経理の仕事に挑戦しようと考え、自分がこれに向いているかどうか気になる方もいるでしょう。また、すでに経理職についているけれど、将来にわたって続けていく自信がないと感じる方もいるかもしれません。

この記事では、経理の仕事を続けるか迷う人々に向けて、経理職を辞めたくなる理由や経理に不向きな人の特徴、そしてミスマッチを予防するためのアプローチに焦点を当て解説します。ぜひ参考にしてください。

経理の仕事とは

経理の役割は、企業活動を行う中で発生するお金の動きを集めて管理し、記録することです。入ってきたお金や出ていったお金など、すでに起こった過去のお金や現在のお金の動きを管理します。

具体的には、次のような仕事があります。

【経理部の仕事】

  • 仕入れ管理
  • 買掛金の管理
  • 売り上げ管理
  • 売掛金の管理
  • 請求書・領収書の発行
  • 現金の管理
  • 預金の管理
  • 小切手の管理
  • 手形の管理

なお、企業の規模によって業務の範囲は異なります。大企業は扱うお金の金額や対象となる部署が広いため、業務を細分化して分担します。中小企業やベンチャーでは少ない人数で業務に当たり、場合によっては総務や人事なども兼任するケースも多いです。

経理はお金を扱うため、責任ある専門性の高い仕事でやりがいがあるでしょう。

経理の職を辞める理由

経理の業務に馴染まず、新しい職に転職を検討する際の動機についてまとめます。一般的な理由は以下のとおりです。

【経理職を辞める理由】

  • 幅広い人間関係が厳しい
  • 大きなミスを犯し、肩身が狭くなった
  • より責任の重い仕事に就きたい
  • 給与が予想よりも低い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

幅広い人間関係が厳しい

経理業務は様々な部署と関連があります。企業全体の給与、資金、および資材の記録と管理を担当しているため、自然に広範な部署とのコミュニケーションが求められます。

多くの異なる人々とのやりとりや交渉、調整などが必要で、これが原因で気疲れし、「人間関係に疲れたため転職を考えている」という場合が多いです。

大きなミスを犯し、肩身が狭くなった

経理では、小さなミスが大きな問題に発展する可能性があります。例えば、インターネットバンキングでの振込先誤りや、入金額の1桁ミスなどが挙げられます。これらの作業自体は些細なミスかもしれませんが、その後の問題は非常に大きなものになり得ます。

より責任の重い仕事に就きたい

より責任のある仕事を希望し、その期待がかなわない場合には、仕事を辞めたいという気持ちになることもあります。大規模な企業では、前述したように業務が詳細に分割されていることが一般的です。そのため、期待通りの業務を担当できなかったり、機械的な作業しか割り当てられなかったりすると、より責任のある仕事を求めて転職したいという思いが強まるでしょう。

経理業務を包括的に経験したい場合には、中小企業やベンチャーが適しているかもしれません。

給与が予想よりも低い

給料が予想よりも低いことが原因でモチベーションが低下することもあります。経理職の年収相場は調査によってわずかに異なるかもしれませんが、一般的には400万円前後(※1)から450万円前後の範囲となります。

経理職は個人の業績を評価するのが難しく、営業職のように成果報酬が期待できない側面があります。そのため、経理部の給与は勤続年数に応じて上昇する傾向があり、初めから高い年収を期待することはあまりありません。

(※1)参考:賃金構造基本統計調査

経理部には不向きな人の特徴

経理部に適さない、合わないと考えられる人の特徴についてまとめます。以下はそのような特徴です。

【経理部に向いていない人の特徴】

  • コミュニケーションが苦手な人
  • 数字に対して自信がない人
  • 同じ作業の繰り返しに耐えられない人

事務職経験があるからといっても、経理と他の職種には異なる特徴があります。場合によっては経理に適さない場合もあるため、確認が必要です。これらの特徴について順に見ていきましょう。

コミュニケーションが苦手な人

まず、コミュニケーションが苦手な人が挙げられます。経理部は他部署とのやりとりが頻繁に発生します。やりとりの際にはある程度のコミュニケーション能力が求められます。

特に、財務管理よりも会計管理の担当の場合、他部署との連携がより一層多いです。しかも、相手にとって快く受け入れられない内容もあります。コスト削減のお願いや売上増加の交渉など、さまざまな調整が必要です。こうした状況ではコミュニケーション能力が不可欠であり、その点が苦手な人は人事としては適していない可能性が高いでしょう。

数字に対して自信がない人

数字に不安を感じる人も経理には向いていません。経理の職務は日々数字を操作します。しかも、これらの数字は単なる数値ではなく、取引の支払いや税金、給与などの金銭に関するものです。当然、業務を遂行する上での責任も大きくなります。

数字の誤りを避けるように業務を進め、途中で自分のミスに気づく能力や意識が求めらるでしょう。これに不安を感じる人は、経理の仕事にはあまり向いていないです。仕事を続けても、ストレスが蓄積しやすくなるかもしれません。

同じ作業の繰り返しに耐えられない人

同じ仕事を繰り返すことに苦手意識がある人も、経理の仕事には適していません。経理業務では、データ入力や伝票処理などが中心であり、同じ作業を繰り返すことが一般的です。外出の機会は銀行などを除いて少なく、通常は社内でのデスクワークが主になります。さらに、決算期や給与計算の時期には残業が頻繁に発生するケースもいいです。同じ作業を長時間、じっくりとこなさなければなりません。

変化のある仕事が好みで、ルーティンワークが苦手な場合、経理の職務は適していないでしょう。

経理職でのミスマッチを防ぐには

経理職でのミスマッチを回避するためには、どのような対策が考えられるでしょうか?経理職においてミスマッチを防ぐための対策について詳しく説明します。 具体的な対策としては以下の項目が挙げられます。

【経理職でのミスマッチを防ぐための対策】

  • 自己分析を徹底的に行う
  • 転職先を十分にリサーチする
  • 転職サイトのアドバイザーに相談する

これらの対策を実践することで、自分に関する深い理解と転職先についての情報を得ることができ、経理職でのミスマッチを予防する助けになります。それぞれの対策について詳しく解説していきます。

自己分析を徹底的に行う

自己分析を十分に行うことでミスマッチを防ぐことができます。自己分析は、自分が本当に望むことや自分に適した仕事を見極める際に欠かせません。転職を検討している際は、現在の仕事に対する不満が頻繁に生じることが一般的です。しかし、辞めたいという感情が強い状態で自己分析を行うと、感情に左右されやすくなります。客観的な自己分析のためには、自分の傾向や特徴を客観的に把握することが重要です。

具体的な手順として、まずは過去の経験や業務内容を書き出します。それをもとに、得たスキルや喜びを感じた瞬間、ストレスを感じた場面を挙げてください。これにより、自分自身が気づいていなかった価値観や傾向を明らかにし、客観的な自己分析を進めましょう。

転職先を十分にリサーチする

転職先を徹底的にリサーチすることで、事前に合致/不合致を正確に判断できます。高い給与だけがフィットするとは限りません。給与や休暇日数なども重要ですが、これらの表面的な条件だけで判断してはいけません。

転職を検討する際には、将来性や仕事の内容、社風などにも焦点を当てましょう。これらは入社後のマッチ度に大きく影響します。欠員の募集なのか増員の募集なのかといった背景も確認するべきポイントです。

仕事の内容は求人情報だけでなく、面接時に直接確認することが望ましいでしょう。特に、採用された場合に所属する部署の上司に質問すると、より具体的な情報を得ることができます。

企業の社風や雰囲気は、口コミだけでなくSNSや企業公式アカウントなどを通じて確認してみましょう。

転職サイトのアドバイザーに相談する

転職先のサイトのアドバイザーに相談することも、ミスマッチを減少させる助けになります。アドバイザーは、転職すべきかどうかや適した仕事についてのアドバイスを提供してくれます。特に未経験の業界の場合、その業界や企業についての情報も教えてもらえるでしょう。また、履歴書の書き方や面接の受け答えなどに関する具体的なノウハウや知識も提供されます。

アドバイザーに相談することで最新で生の情報を得られ、自分に適した企業を見つけるのに役立ちます。同時に、採用される可能性も高まるので、転職活動が進めやすいです。

経理の特性を理解しミスマッチを防ごう

経理の仕事には向いたり向かなかったりする傾向があり、転職を考える理由も一定のパターンが見られます。自分自身がそれに該当するかどうかよく考え、経理の職を選択するかどうかを決断しましょう。

そして、経理の道を進むことを決めた場合、成功への近道は役立つウェブサイトを活用しつつ転職活動に専念することです。転職サイトは、経験と知識が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、経理職への転職においても強力なサポートとなります。また、事務系職に特化したサイトなので、経理の求人も豊富に掲載されています。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。