記事FV
経理
2024/05/31 更新

BPOなら経理業務は変わる!導入のメリットと成功のカギ

「人手不足で経理業務が滞っている」「経理のコストを抑えたい」「経理部門の効率化を図りたい」といった悩みを抱える企業経営者や経理担当者には、経理業務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が解決策となります。BPOは、企業の業務の一部を外部の専門業者に委託することで、コスト削減や業務効率化を実現します。

本記事では、経理BPOの基本知識、市場規模、メリット・デメリット、選び方のポイント、導入手順を詳しく解説します。経理業務の効率化を実現し、企業の成長をサポートする具体的な方法を知りましょう。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、企業が自社の業務プロセスの一部を外部の専門業者に委託すること。この手法により、企業はコア業務に集中でき、業務の効率化やコスト削減が期待できます。

BPOの種類

BPOの種類は、大きく分けるとフロントオフィスBPOとバックオフィスBPOに分類されます。フロントオフィスBPOは、顧客対応やマーケティングなど、顧客と直接関わる業務を委託。一方、バックオフィスBPOは、経理や人事、ITサポートなど、内部業務を対象とします。これにより、企業はそれぞれの専門業者の知識や技術を活用することができ、より高度なサービスを提供できるようになります。

例えば、経理業務のBPOを導入することで、企業は会計処理や給与計算などの煩雑な作業から解放され、財務報告の正確性とスピードが向上。このように、企業はBPOを導入することで専門性の高い外部リソースを活用でき、業務の質を向上させると同時に生産性を高めることができます。

BPOサービスの市場規模

BPOサービスの市場規模は年々拡大しています。特にデジタル化とグローバル化の進展に伴い、多くの企業がBPOを導入するようになりました。市場調査によると、BPO市場は今後も安定した成長を続けると予測されています。

この成長の背景には、企業のコスト削減ニーズや効率化の要求があると考えられます。例えば、経理業務をBPOに委託することで、企業は内部リソースを節約し、経費を削減することが可能です。また、専門業者のノウハウを活用することで、業務の品質も向上します。

市場規模の具体的な例として、2023年には、世界のBPO市場規模が約2600億ドルに達する見込みです。これは、多くの企業がBPOの導入によって業務効率化やコスト削減を実現している証拠と言えるでしょう。

このように、BPOは企業の競争力を高めるための重要な手段となっています。導入を検討することで、企業はさらなる成長と発展を目指すことができるでしょう。

電子化によるBPOの活用が広まっている

電子化の進展により、BPOの活用が急速に広がっています。企業は、経理業務などのバックオフィス業務を電子化することで、効率化とコスト削減を実現し、より競争力のある体制を構築しています。

電子化によるメリット:業務効率化が実現する

電子化によるBPOの最大のメリットは、業務効率化の実現です。

まず、電子化により紙ベースの作業が削減されるため、データの処理速度が上がります。これにより、経理業務のスピードが大幅にアップし、正確性も。例えば、従来の手作業で行っていた経費精算や請求書処理を電子化することで、データ入力ミスが減少し、迅速に処理が完了します。

さらに、クラウドベースのシステムを利用することで、場所や時間にとらわれずに業務を行うことが可能。これにより、リモートワークが可能となり、働き方に柔軟性が出ます。また、データのリアルタイムアクセスが可能になるため、経営判断の速さも上がります。

例えば、企業が経理業務の電子化を導入することで、月末の締め作業が半分の時間で完了するようになり、担当者の負担が大幅に軽減されます。また、リアルタイムでのデータ共有が可能になり、経営層が迅速に意思決定ができるでしょう。

このように、電子化によるBPOは、業務のスピードと正確性を高め、企業全体の生産向上につながります。

電子化によるデメリット:現場負担が大きい

一方で、電子化によるBPOの導入には、現場の負担が大きいというデメリットも存在します。

まず、システムの導入や移行には多大な時間と労力が必要。新しいシステムに慣れるための研修や、既存データの移行作業などが発生し、現場のスタッフにとっては大きな負担となります。また、システムのトラブルや障害が発生した場合、迅速な対応が求められますが、これが現場にとってストレスとなるでしょう。

例えば、企業が経理システムを電子化した際、初期設定やデータ移行に予想以上の時間がかかり、その間に通常業務が滞ることがあります。また、新しいシステムに不慣れなスタッフが多く、操作ミスが頻発し、業務効率が一時的に低下する可能性も考えられます。

このように、電子化によるBPOには初期導入の負担が伴いますが、これを乗り越えることで長期的な効率化とコスト削減が期待できます。

経理業務のBPOサービスとは

経理業務のBPOサービスは、企業の経理業務の一部または全部を外部の専門業者に委託するサービス。これにより、企業は経理業務の効率化とコスト削減を実現できます。

まず、経理業務のBPOサービスを導入することで、企業は経理部門の負担を軽減し、コア業務に集中できるようになります。経理業務は、取引の記録、請求書の処理、給与計算、財務報告など多岐にわたり、その処理には専門的な知識と技術が必要です。これらの業務を専門業者に委託することで、企業は内部リソースを他の重要な業務に振り向けることができます。

さらに、経理業務のBPOサービスを利用することで、専門的なノウハウや最新のテクノロジーを活用できる点も大きなメリット。BPO業者は、最新の会計ソフトウェアやクラウドサービスを導入しており、これによりデータの正確性と透明性が確保されます。また、業者は継続的に法改正や会計基準の変更に対応しており、企業は安心して業務を委託できます。

経理業務でBPOを活用するメリット5選

経理業務でBPOを活用することには多くのメリットがあります。ここでは、特に重要な5つのメリットについて説明します。

1、人材不足を解消できる

経理業務でBPOを活用する最大のメリットは、人材不足の解消です。

多くの企業が、経験豊富な経理スタッフの確保に苦労しています。BPOを利用することで、外部の専門業者が経理業務を担当するため、人材不足の問題が解決されます。これにより、企業は重要な人材リソースを他の戦略的な業務に振り向けることができます。

人材不足を解消するためには、BPOの活用が非常に効果的です。

2、コストを削減できる

BPOを活用することで、経理業務のコスト削減が可能です。

経理業務を内部で行う場合、給与、福利厚生、トレーニング費用など、多くのコストがかかります。BPOを利用すれば、これらのコストを削減し、外部業者の専門知識と効率性を活用することができます。

コスト削減を目指す企業にとって、BPOは非常に有効な手段です。

3、ブラックボックス化が解消される

経理業務をBPOに委託することで、ブラックボックス化の問題を解消できます。

内部で経理業務を行うと、一部の業務が特定の担当者に依存し、業務内容が不透明になることがあります。BPOを活用することで、業務プロセスが明確化され、透明性が向上します。外部業者は標準化された手続きと定期的な報告を行うため、業務の進捗状況が把握しやすくなります。

ブラックボックス化を防ぐためには、BPOの導入が効果的です。

4. コア業務に注力しやすくなる

BPOを活用することで、企業はコア業務に集中できるようになります。

経理業務は重要ですが、多くの時間とリソースを必要とします。これを外部に委託することで、企業は戦略的なコア業務にリソースを集中させることができます。これにより、競争力が向上し、ビジネスの成長を促進します。

コア業務に注力するためには、BPOの活用が欠かせません。

5. 経理のプロに任せられる

BPOを活用することで、経理業務を専門のプロフェッショナルに任せることができます。

外部業者は最新の会計知識と技術を持ち、常に法規制の変更に対応しています。これにより、企業は高品質な経理サービスを受けることができ、内部でのトレーニングや法令遵守の負担が軽減されます。

経理業務をプロに任せることで、企業は安心して業務を進めることができます。

BPOの活用によるその他のメリットとしては、人材不足の解消、コスト削減、業務の透明化、コア業務への集中などが挙げられます。こうした点から、経理業務のBPOは企業にとって非常に有効な手段であると言えるでしょう。

経理業務でBPOサービスを選ぶ際の4つのポイント

経理業務をBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)に委託する際には、慎重な業者選びが重要です。ここでは、BPOサービスを選ぶ際に考慮すべき4つのポイントについて説明します。

1. 実績があるか

BPOサービスを選ぶ際には、業者の実績を確認することが不可欠です。

実績のある業者は、過去の成功事例や顧客の評価を通じて信頼性と実力を示しています。特に経理業務は正確性が求められるため、実績のある業者を選ぶことで安心感が得られます。

2. 希望のサービスがカバーされているか

BPOサービスを選ぶ際の重要なポイントの1つが、希望する経理業務がすべてカバーされているかどうかです。経理業務には、記帳代行、請求書発行、給与計算、財務報告など多岐にわたる業務が含まれます。自社で委託したい業務内容がきちんと網羅されているか、またカスタマイズ対応可能かを確認することが不可欠です。

サービス内容が自社のニーズに合っているかどうかは、業者選定における大きな基準となるのです。

3. 費用対効果が高いか

BPOサービスを選ぶ際には、費用対効果の高さも重要なポイントです。

コスト削減はBPOの大きなメリットですが、安価なサービスを選んで品質が低下しては本末転倒です。サービスの品質と費用のバランスを考慮し、費用対効果が高い業者を選びましょう。

費用対効果の高い業者を選ぶことは、BPO導入の成功に直結します。

4. セキュリティ対策が講じられているか

最後に、セキュリティ対策がしっかり講じられているかを確認することが重要です。

経理業務には機密情報が含まれるため、情報漏洩や不正アクセスを防ぐための厳重なセキュリティ対策が必要です。業者のセキュリティポリシーや具体的な対策を確認し、信頼できるかどうかを判断しましょう。

セキュリティ対策の確認は、BPO業者選びの最終的な決定要因となります。

以上の4つのポイントを考慮することで、企業は最適なBPO業者を選び、経理業務の効率化と品質向上を実現できます。

経理業務でBPOサービスを導入するための3つのステップ

経理業務でBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを導入するには、計画的なアプローチが必要です。以下の3つのステップを踏むことで、スムーズな導入と効果的な活用が実現できます。

1. 委託する目的を明確にする

まず、経理業務をBPOに委託する目的を明確にすることが重要です。

目的が曖昧だと、効果的な業務委託ができず、期待する成果を得ることが難しくなります。経理業務のBPOを検討する際には、具体的な目標を設定し、それを達成するために何が必要かを明確にしましょう。

経理業務のBPOを成功させるためには、委託する目的を明確にすることが第一歩です。

2. 委託する業務を決める

次に、委託する業務を具体的に決める必要があります。

経理業務は多岐にわたるため、全てを一度に委託するのではなく、優先順位をつけて段階的に委託することが効果的です。例えば、記帳代行、請求書発行、給与計算などの業務を整理し、どの業務を外部に委託するかを決定します。

委託する業務を具体的に決めることで、BPOの効果を最大限に引き出すことができます。

3. サービス会社を選定する

最後に、信頼できるBPOサービス会社を選定します。

サービス会社の選定は、経理業務のBPO成功のカギとなります。実績、サービス内容、費用対効果、セキュリティ対策などの基準をもとに、複数の業者を比較検討しましょう。

信頼できるサービス会社を選定することで、経理業務のBPO導入は成功します。

以上の3つのステップを踏むことで、企業は経理業務のBPOを効果的に導入し、業務効率化とコスト削減を実現できます。明確な目的設定、具体的な業務選定、そして信頼できるサービス会社の選定が重要です。

経理業務の効率化にはBPOと優秀な人材の確保が欠かせない!

経理業務の効率化を実現するには、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の活用と優秀な経理人材の確保が重要です。BPOサービスを利用することで、定型的な経理業務を外部に委託し、コスト削減と業務の最適化を図ることができます。

一方で、戦略的な財務管理や経営判断に必要な経理業務は、社内の経理部門が担う必要があります。そのため、高度な専門知識とスキルを持つ経理人材の確保が欠かせません。

WARCエージェントは、経理領域に特化した人材紹介サービスを提供。豊富な実績と広いネットワークを活かし、企業の求める経理人材を的確に紹介できます。経験豊富な経理のプロフェッショナルを採用することで、社内の経理部門の強化と業務の効率化を実現できるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。