記事FV
経理
2024/05/31 更新

経理業務はAIで必要なくなる?その真相と活用事例を解説

経理業務がAIによって不要になるかどうかは、現在多くの企業で議論されています。


確かにAI技術の進化により、データ入力や定型的な処理の自動化が進んでおり、経理担当者の負担は大幅に軽減されつつあります。


しかし、すべての経理業務がAIに置き換えられるわけではありません。特に、複雑な判断や高い専門知識を必要とする業務は、人間の手が不可欠です。


そこで、この記事では、AIの活用事例を交えながら、「経理業務がどのように変わりつつあるのか」や「AIでも置き換えられない領域」について詳しく解説していきます。


経理におけるAI活用の現状


現代では、経理業務におけるAIの活用が急速に進んでいます。


AI技術は、会計処理・データ分析・予測など多岐にわたり導入され、従来の手作業の大幅な効率化を実現。特に、日々のルーティンワークや膨大なデータ処理においては、AIの高速処理能力が大いに役立っています。


これにより、経理担当者はより付加価値の高い業務に集中できるようになり、企業全体の生産性向上にも大きく寄与。しかし、すべての経理業務がAIによって置き換えられるわけではなく、人間の判断や専門知識が必要な部分は依然として残されています。


この章では、経理におけるAI活用の現状について詳しく見ていきましょう。

経理業務のどの部分がAIに置き換わる?

経理業務の中でAIが最も効果的に活用される部分は、データ入力や定型的な処理です。


例えば、請求書の処理・経費精算・帳簿の記帳などは、AIの画像認識や自然言語処理技術を活用することで自動化が進んでいます。これにより、ヒューマンエラーの削減や処理速度の向上を測れるのがメリット。


また、AIは大量のデータを短時間で分析できるため、財務報告や予算管理においてもその力を発揮しています。特に、過去のデータを基にした予測や異常検知ではAIの精度が高く、人間では見落としがちなパターンを発見することも可能です。


このように、AIが得意とするのは大量のデータ処理や繰り返し作業であり、これにより経理担当者はより戦略的な業務に時間を割くことが可能となります。

AIが入り込む経理業務の種類とは?

AIが入り込む経理業務の種類は多岐にわたります。

【AIが入り込む経理業務の例】

  • 会計処理の自動化
  • AIを活用した予測分析
  • リスク管理
  • 財務データの可視化

AIが入り込む経理業務の一つ目として挙げられるのが、「会計処理の自動化」。例えば、銀行取引明細をAIが自動で取得し、仕訳を自動生成します。


二つ目に挙げられるのが、「AIを活用した予測分析」です。これにより、企業の財務状況を予測し、将来の資金繰りを見通すことができます。


他にも、「リスク管理」や「財務データの可視化」にもAIが利用され、不正検出・コンプライアンスチェック・データをグラフやチャートに変換するなど、さまざまな分野で経営者が迅速に意思決定できるようサポートしています。

AIでも置き換えられない経理業務の領域

AI技術が進化しても、すべての経理業務が置き換えられるわけではありません。特に、複雑な判断を要する業務や高い専門知識を必要とする領域は、依然として人間の担当が求められます。


例えば、「税務申告」や「監査対応」などは法規制や業界特有の知識が不可欠。戦略的な財務計画や経営判断に関わる業務も、人間の洞察力や創造力が重要です。


さらに、取引先とのコミュニケーション・交渉・信頼関係の構築なども人間ならではのスキルが求められます。


AIがサポート役として活躍する一方で、これらの業務は最終的な判断や決定は人間が行うべき領域。AIと人間が協力し合うことで、経理業務全体の効率化と質の向上が実現される分野です。

AI化で経理の仕事がなくなるのか?

AI化が進む中で、「経理の仕事がなくなるのか?」という問いがよく聞かれます。


結論から言うと、経理の仕事が完全に消えることはありません。


確かに、AIがデータ入力や定型的な処理の自動化を可能にし、経理担当者の負担を軽減しているのは事実。しかし、人間でなければできないことも存在します。


例えば、AIは大量のデータ処理や予測分析に優れていますが、「複雑な判断や法規制への対応」「戦略的な財務計画」など、洞察力や専門知識が必要な業務には対応できません。


AIの導入により、経理担当者はより付加価値の高い業務に集中できるようになるのがメリット。企業の競争力向上に貢献することが期待されています。


経理担当者に求められる新しいスキルとは

AI技術の進化に伴い、経理担当者には新しいスキルが求められるようになっています。


従来のルーティンワークが自動化される一方で、より高度な専門知識や分析能力が必要とされている現代。リーダーシップやコミュニケーション能力、そしてAIやIT技術への理解も重要です。


これらのスキルを習得することで、経理担当者は企業の戦略的パートナーとして活躍の幅を広げられます。


この章では、経営者に求められる具体的なスキルについて詳しく解説するので、参考にしてみてください。

専門性の高い知識やスキルを身につける

経理担当者には、専門性の高い知識やスキルが求められています。


具体的には、税務や法務に関する深い理解が必要。特に税法や会計基準の変更には常に対応できるよう、最新情報の把握と適切な対策が不可欠となります。

また、財務分析や経営戦略の立案にも精通していることも大切。これにより、経営陣に対して有益なアドバイスを提供し、企業の財務健全性を維持できるようになるのです。


さらに、国際取引やグローバルな視点を持つことも重要。多国籍企業では異なる国の会計基準や税制に対応する必要があるため、グローバルな視野と知識があると役立ちます。


これらの専門性を高めることで、経理担当者はより高度な役割を果たすことが可能になります。

リーダーシップとコミュニケーション能力の向上

経理担当者にとって、リーダーシップとコミュニケーション能力の向上も不可欠です。


AIや自動化が進む中で、チームを効果的に導き、プロジェクトを成功に導くリーダーシップが求められます。


例えば、AI導入プロジェクトや業務改善プロジェクトにおいては、チームメンバーをまとめ、各メンバーの強みを最大限に引き出すことが重要。


また、経営陣や他部門との円滑なコミュニケーションも求められます。財務データや分析結果をわかりやすく説明し、経営判断に必要な情報を提供する能力が必要です。


さらに、対外的なコミュニケーション能力も欠かせません。取引先や監査法人との交渉や調整において、明確かつ的確なコミュニケーションが求められます。


これらのスキルを向上させることで、経理担当者は組織全体のパフォーマンス向上に貢献できるようになります。

AIやIT技術への理解を深める

経理担当者には、AIやIT技術への深い理解が求められます。


AIや自動化ツールの導入により、経理業務はますます高度化。これに対応するためには、AIや機械学習の基本的な原理や仕組みを理解し、実際の業務に応用する能力が必要です。


また、データ分析やビッグデータの活用も大きなポイント。経理担当者は、データを効果的に活用し、経営に役立つインサイトを提供する役割を担います。


さらに、サイバーセキュリティの知識も欠かせません。財務データの保護や情報漏洩防止のための対策を理解し、実施する能力が求められます。


これらの技術的なスキルを身につけることで、経理担当者は現代のデジタル経済において重要な役割を果せるようになります。

経理業務におけるAI活用事例4選

AI技術の進化に伴い、経理業務におけるAIの導入が加速。多くの企業がAIを活用して業務効率化を図り、ヒューマンエラーの削減やデータ処理の高速化を実現しています。


【経理業務におけるAI活用事例】

  • 株式会社ZOZOによる請求書処理効率AIのsweeepの導入
  • 花王グループによる「AI-OCR」というAI搭載ソフトを導入
  • RICOH Cloud OCR for 請求書の社内導入
  • C&Cビジネスサービスでの社内問い合わせチャットボットの導入

以下で、それぞれの事例がどのようにAIを活用し、どのような成果を上げているのかを詳しく解説していきます。

株式会社ZOZOによる請求書処理効率AIのsweeepの導入

「株式会社ZOZO」は、請求書処理の効率化を目的として、AI技術を搭載した「sweeep」を導入しました。


このAIソリューションは、請求書のデータを自動で読み取り、経理システムに入力する作業を自動化します。これにより、従来の手作業で行っていたデータ入力の時間を大幅に短縮し、ヒューマンエラーの発生を防止することが可能となりました。


また、「sweeep」は複数の請求書フォーマットに対応しており、異なる形式の請求書でも正確にデータを抽出できるのがメリット。


「sweeep」導入により、ZOZOは経理業務の効率を大幅に向上させ、経理担当者がより戦略的な業務に集中できる環境を整えました。

花王グループによる「AI-OCR」というAI搭載ソフトを導入

「花王グループ」は、経理業務の効率化と正確性向上を目指して、「AI-OCR」というAI搭載ソフトを導入しました。


「AI-OCR」は、紙の請求書や領収書をスキャンし、画像データから文字情報を読み取ってデジタルデータ化する技術です。この技術により、手作業で行っていたデータ入力作業が不要となり、作業時間の短縮とエラーの削減が実現しました。


また、「AI-OCR」は学習機能を備えており、使用するたびに認識精度が向上するため、長期的に見ても効果的なソリューションです。


花王グループは、「AI-OCR」の導入により、経理業務の効率化を達成するとともに、コスト削減にも成功しています。

RICOH Cloud OCR for 請求書の社内導入

RICOHは、社内経理業務の効率化を図るために、「RICOH Cloud OCR for 請求書」を導入しました。


このソリューションは、請求書の画像データをクラウド上で処理し、必要な情報を自動的に抽出する技術です。


クラウド技術の活用により、データの保存や管理が簡便になり、場所や時間にとらわれずにデータにアクセスできる利便性が向上しました。


また、AIによるデータ抽出の精度が高く、複数の言語やフォーマットに対応しているのも特長。そのため、グローバルな業務環境でも活用が可能です。


RICOHは「RICOH Cloud OCR for 請求書」導入により、経理業務の迅速化と精度向上を実現し、業務プロセス全体の改善に成功しています。

C&Cビジネスサービスでの社内問い合わせチャットボットの導入

「C&Cビジネスサービス」は、経理部門の社内問い合わせ対応を効率化するために、AI搭載の「チャットボット」を導入しました。


このチャットボットは、社員からの経理に関する問い合わせに24時間対応でき、迅速かつ正確に回答できるのがメリットです。これにより、経理担当者は繰り返し行われる同じ質問に対する対応時間を削減でき、より専門的な業務に集中することが可能となりました。


さらに、チャットボットは学習機能を持っており、使用するたびに回答精度が高まります。


C&Cビジネスサービスはこの導入により、社内のコミュニケーション効率を向上させ、経理業務の生産性を高めることに成功しています。

経理がなくなることはない!スキルを磨きたいならWARCエージェント

AI技術の進化に伴い、経理業務の自動化が進んでいますが、経理がなくなることはありません。


むしろ、AIが経理業務の一部を担うことで、経理担当者の役割は変化し、より高度なスキルが求められるようになります。


データ入力や定型業務はAIによって効率化されますが、複雑な判断や戦略的な財務管理は依然として人間の手が必要。


経理に関するスキルを磨きたい方は、ぜひWARCエージェントを利用してみてくださいね!


著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。