記事FV
経理
2023/12/05 更新

会計と経理の違い|経理会計を目指す人におすすめの資格とその仕事内容

企業の管理部門の中で、経理と会計は財務・経営分野の中核的な業務を担当しています。しかし、これらの職種は混同され、「違いが理解しにくい」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では双方の仕事の具体的な違いや内容をわかりやすく解説します。また、会計・経理部門での転職を考える方にとって有益な資格の種類や適性についても補足するので、ぜひご参考にしてください。

経理・会計の違い

経理と会計は一見「同じような仕事」に思えるかもしれませんが、厳密には異なります。経理の役割は、日々の資金の動きを会社内で管理・記録する一方で、会計は経理業務で蓄積された情報をまとめ、全体的な資金の動きを管理・記録することを担当します。この違いを理解するためには、「会計業務には経理の仕事も含まれている」と考えると分かりやすいでしょう。実際、企業では経理部門で経理と会計の双方を担当するケースが一般的です。

経理の業務内容

経理は経営管理の略であり、主に会社の日々の資金の流れを管理します。以下は、具体的な仕事内容の例です。

【経理の仕事内容の例】

  • 現預金の入出金管理
  • 伝票・帳簿の記帳
  • 月次・年次決算に関する集計

経済状況のモニタリングや予算の策定など、経営に関する戦略的なアドバイスも行う場合もあります。

①現預金の入出金管理

日々の売り上げや仕入れの履歴、経費の精算、入金の確認など、会社の現預金の入出金を管理します。正確に入出金を管理することで、収支状況を正確に把握し、会社の利益拡大に貢献できます。

②伝票・帳簿の記帳

入出金の状況を記録するためには、仕訳伝票の作成や帳簿への記入が必要です。

会社の経営状況を正確に記録すると同時に、確定申告などの重要な作業にも貢献します。

③月次・年次決算に関する集計

月次業務では、月末での収支状況の確認や従業員の給与計算、取引先への買掛金の支払いなどが含まれます。これらは従業員の給与支払いや社会保険の算出など、年次の決算書を作成する上で重要な業務です。

年次業務では、年間の売上、利益、経費を計算して決算書を作成します。これは納税申告や決算書の公表など、企業の信頼性を確保する上で不可欠な業務です。

会計の業務内容

会計は経理で記録された日々の資金の流れに基づき、会社全体の収支や財政状況を理解し、記録し、管理し、財務諸表を作成する役割があります。 具体的には、以下の会計業務が含まれます。

【会計の業務内容の例】

  • 財務会計
  • 管理会計

①財務会計

事業活動の成果を社外の利害関係者である取引先、株主、銀行などに公表するための会計手続きです。

具体的には、経理業務で記録された情報をもとに決算報告書を作成し、外部に開示します。財務会計の開示によって、外部の利害関係者は企業の経営状況や資金の流れを把握し、投資や融資などの判断材料を得ることができます。

②管理会計

経営陣が自社の経営状態を把握するために導入された会計手続きを指します。

報告内容には特定の基準がなく、企業ごとに異なる指標や時期があります。経営陣は管理会計の内容を自社の経営方針や経営改善の施策、新規事業に関する意思決定の材料として活用します。

経理・会計が向いている人の特徴

経理や会計の業務を担うために適している人材には、以下の特性があります。

【経理・会計が向いている人】

  • 数字や計算が好き
  • 協調性がある

数字や計算が好き

日々の数字を追いながら、正確に管理・記録する業務があり、スムーズに計算を進め、的確に数字を分析する能力が求められます。収支や給与に関わる計算などの作業が好きな人にとっては、適していると言えます。

協調性がある

業務上で社内外のステークホルダーとコミュニケーションをとる機会が多いため、協調性も必要です。経理や会計の内容を経営陣や株主に報告する役割だけでなく、財務状況の改善点などに対して意見を求められる場面もあります。

また、経費精算や取引先の入出金に関する社内他部署とのやり取りや、取引先や関係官庁への問い合わせにも対応する必要があります。そのため、相手の話をきちんと聞いて理解・対応するコミュニケーション能力が必須とされます。

経理・会計の業務に有益な資格

経理・会計の業務を進める上で有益な資格として、以下が考えられます。

【経理・会計に有益な資格の一例】

  • 日商簿記
  • 給与計算検定
  • ビジネス会計検定

これらは経理・会計の職場でのスキル向上や転職時に役立つ資格です。目標や試験のスケジュール、内容を個々の状況に合わせて考慮した上で、資格取得を目指してみましょう。

①日商簿記

日本商工会議所が主催する資格試験で、取引内容を整理して帳簿に記入する簿記に関する能力を測定・証明する資格です。

1~3級、原価計算初級の試験があり、1・2級の合格者は高度な商業簿記や工業簿記の知識・技術を身につけ、経営内容の理解や会計実務の処理能力があると評価されます。1級合格者は企業会計に関する法規を理解し、経営管理・分析も実践できるとされ、税理士試験の受験資格も得られるでしょう。

3級の合格者でも、基本的な商業簿記の技術を習得し、経理関連書類を適切に処理できると見なされます。

資格名

日商簿記

試験形式

記述式

試験日程

年2・3回、6月・11月・2月 (ネット・団体試験は随時)

試験時間

級によって異なる

受講料

級によって異なる

合格率

級によって異なる

公式HP

https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

参考:日本商工会議所

②給与計算検定

給与計算検定は、内閣府認可および職業技能振興会認定の検定で、給与計算や社会保険手続きなどの知識や実務能力を評価する資格です。

この検定には1級と2級があり、1級合格者は労働法令や税務について正確な理解を有し、年末調整を含む年間を通じた給与計算に関する全ての業務に熟知していると認識されます。一方で、2級合格者は基本的な給与や賞与計算、明細書の作成が可能とみなされるでしょう。

資格名

給与計算実務能力検定試験®

試験形式

マーク・記述式(1級)、マーク式(2級)

試験日程

年1・2回、11月・3月

試験時間

120分

受講料

8000~10000円

合格率

50~80%程度

公式HP

https://jitsumu-up.jp

参考:一般社団法人実務能力開発支援協会

③ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は、大阪商工会議所などが主催する検定で、財務諸表に関する知識や分析力を評価します。

この検定には1~3級があり、1級合格者は財務諸表の情報から企業を評価し、企業の成長性や経営戦略などを理解できると評価されるので、自分のスキルを証明することができます。2級合格者は財務諸表を分析する能力を持ち、3級合格者は財務諸表の内容を理解する基本的な知識を身につけていると見なされるでしょう。

資格名

ビジネス会計検定試験®

試験形式

選択、記述式

試験日程

年1・2回、10月・3月

試験時間

120~150分

受講料

級によって異なる

合格率

級によって異なる

公式HP

https://www.b-accounting.jp/about/

参考:ビジネス会計検定試験

経理・会計の求人を見つけるには転職サイトを利用しよう

会計・経理は企業の経営陣や様々なステークホルダーと深いかかわりがあり、緻密な業務を通じて会社の財務を支える部門と言えます。 知識や技術を向上させ、より高度な分析力を身につけることで、会社経営に関する意見を求められる可能性もあり、向上心の高い人にとって適した職場となるでしょう。

経理や会計の求人をお探しの場合は、転職サイトを活用することをおすすめします。 管理部門に特化したこのサイトは、バックオフィス業務に関する求人が豊富に掲載されています。幅広い業種の企業の会計・経理業務の中から、自分の希望に合った勤務条件や勤務地の求人を見つけやすいです。気になる方はまずは登録してみましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。