記事FV
経理
2024/06/27 更新

経理の仕事がきつい理由と効果的な対策法|ストレス軽減の秘訣

経理業務は、日々の帳簿管理・税務申告・財務報告など多岐にわたるため、専門知識と高い集中力が必要です。このような環境で長時間働き続けると、ストレスや疲労が蓄積し、モチベーションの低下や健康問題を引き起こすリスクが高まります。そのため、適切な対策を講じて経理業務の負担を軽減し、より健全な働き方を実現することが大切です。

この記事では、経理職のストレスを軽減するための効果的な方法について詳しくご紹介します。

経理の仕事がきついと感じる理由5選

経理の仕事は、非常に複雑で多岐にわたる業務をこなす必要があります。

【経理の主な仕事内容】

  • 毎月の締め処理
  • 法令遵守
  • 膨大なデータ処理
  • 他部署との連携

また、業務をこなすだけでなく、専門知識の習得も必要です。そのため、経理担当者は多くのプレッシャーとストレスに晒されています。

この章では、経理の仕事がきついと感じる理由について詳しく見ていきましょう。

毎月の締め処理とそのストレス

経理の仕事で最もストレスがかかるのが、毎月の締め処理です。

月末には、多くのデータを正確に集計し帳簿を締めなければなりません。非常にタイトなスケジュールで作業する必要があるにもかかわらず、この過程でのミスは許されないため常に緊張感が伴います。

さらに、締め処理の遅延や不備は会社全体に影響を与えるため、プレッシャーが一層増すのです。

法令遵守のプレッシャー

経理業務には、税法や会計基準などの法令遵守が不可欠です。これらの法令は頻繁に改正されるため、最新の情報を常に把握し、適用する必要があります。

違反があれば、企業に罰金や信用失墜などの重大なリスクが生じるため、法令遵守に対するプレッシャーは計り知れません。そのため、経理担当者は常に法律に対する知識を更新し続ける必要があります。

膨大なデータ処理

膨大な量のデータを扱う経理の仕事。取引データ・支出記録・売上情報など、毎日大量のデータを整理し、正確に入力・管理しなければなりません。

このデータ処理作業は非常に時間がかかり、集中力と注意力が必要です。データの正確性は業務の基盤を支える要素。ミスが発生すると後の作業に大きな影響を及ぼし、修正に多くの時間と労力を要します。

そのため、経理担当者は常に高い集中力を維持し、細心の注意を払って業務を遂行する必要があります。

他部署が協力的ではない

他部署とのコミュニケーションや協力がスムーズでないと、経理業務が滞ってしまい、担当者は一層のストレスを感じます。

情報の提供が遅れると、締め処理や報告書の作成が遅れ、全体の業務に悪影響を及ぼします。とくに、月末や年度末の忙しい時期には、他部署からの情報提供の遅れが重大な問題となり、経理部門の作業スケジュールが狂うことがあります。

経理業務の効率化を図るためには定期的なミーティングや共有ツールの活用を通じて、情報伝達を円滑にすることが大切です。

専門知識が必要だから

経理の仕事には、高度な専門知識が必要とされます。財務諸表の作成・税務処理・内部監査など、専門的な知識を持っていなければ正確な業務遂行は難しいです。

また、これらの知識は一度習得すれば終わりではなく、法令や会計基準の変更に対応するために常に更新し続ける必要があります。こうした学習と実務のバランスを取ることが、経理担当者にとって大きな負担となるのです。

経理の仕事を楽にするための具体的な3つの対策

上記で挙げた理由から、強いストレスを感じやすい経理の仕事。担当者の負担を軽減するためにも、業務の進め方や環境を工夫して効率を上げていくことが重要です。

この章では、経理の仕事を楽にするための具体的な対策を3つご紹介します。経理業務の効率化とストレス軽減のために、ぜひ実践してみてください。

1.効率的な業務フローの構築

まず、経理業務を効率化するためには「業務フローを見直し、効率的なプロセスを構築すること」が重要です。

無駄な手順を削減し標準化された手順を設けることで、作業時間を短縮しミスの発生を減らせます。

たとえば、デジタルツールや自動化ソフトウェアを導入することで、手動作業の負担を減らしデータの正確性を高めることが可能です。

2.チームでの業務分担

経理業務は、一人ですべてをこなすよりも、チームで分担する方が効率的です。それぞれの担当者が得意分野を持ち寄り業務を分担することで、個々の負担を軽減できます。

また、チーム内での情報共有を円滑に行い、お互いにサポートし合う体制を整えることも重要。業務をスムーズに進行していくためには、定期的なミーティングやコミュニケーションツールの活用も効果的です。

3.定期的な休憩とリフレッシュ

忙しい日々の中でも、定期的な休憩とリフレッシュは欠かせません。適度な休憩を挟むことで集中力を維持し、疲労の蓄積を防げます。

とくに、長時間にわたるデスクワークが続くと心身に負担がかかりやすいため、こまめにストレッチをしたり、短い散歩を取り入れたりしましょう。リフレッシュすることで、仕事に対するモチベーションも維持しやすくなります。

経理の仕事に向いている人の特徴

経理の仕事は、専門性が高く多岐にわたるスキルや能力が必要です。細かい作業に加え、法令を遵守したり他部署とスムーズに連携を行ったりするスキルも求められます。

この章では、経理の仕事に向いている人の特徴について詳しく見ていきましょう。

細かい作業が得意な人

経理業務には、取引データの入力や帳簿の管理など、細かい作業が多く含まれます。そのため、細部に注意を払い、正確に業務を進めることができる人が向いています。

とくに、数字のミスは大きな問題に発展する可能性があるため、慎重かつ丁寧に作業を行わなければなりません。こうした細かい点にまで気を配れる能力は、経理の仕事で非常に重要であり、優れた成果を上げるポイントとなります。

法令遵守の意識が高い人

経理の仕事には、法令遵守の意識が高く、責任感の強い人が向いています。

経理業務には、税法や会計基準などの法令遵守が不可欠です。これらの法令は頻繁に改正されるため、常に最新の情報を把握し、適切に対応する必要があります。

違反が発生すると企業に重大な影響を与えるため、経理の仕事には誠実で正直な姿勢も求められます。

コミュニケーション能力がある人

経理部門は、他の部署との連携が不可欠なため、コミュニケーション能力がある人が向いています。

必要な情報をタイムリーに収集し共有するためには、良好なコミュニケーションが重要。経理担当者が他部署と円滑に連携できることは、業務全体の効率化につながります。

また、経理業務においては説明責任や報告書の作成も重要な役割を果たすため、わかりやすく伝える能力も求められます。

新しい職場でストレスフリーな経理生活を手に入れるために

経理の仕事は、さまざまな要因が重なることで心身に負担がかかることが少なくありません。

仕事だけでなく、プライベートにおいてもより充実した生活を送るためには、適切な環境を用意したりサポートを受けたりするのが効果的。ストレスを軽減しながら、心身の健康を保ちましょう。

経理の仕事がきついと感じたら転職も一つの手

もし、現在の職場で経理の仕事がきついと感じるようであれば、転職を検討するのも一つの方法です。

働きやすい環境や、サポート体制が整った職場に移ることで、ストレスを大幅に軽減できます。転職を考える際には、自分にとってどのような職場環境が理想的かを明確にすることが重要です。

また、経理職に特化した転職エージェントを利用することで、自分に合った職場を見つけやすくなります。

より良い環境で働きたいと思ったらWARCエージェントに相談しよう

より良い環境で経理の仕事を続けたいと考えるなら、WARCエージェントに相談するのがおすすめです。

WARCエージェントは、経理や財務の専門職に特化した転職支援サービス。豊富な求人情報と専門知識を生かして、あなたにぴったりな職場を見つけるサポートを行います。

スムーズな転職活動と理想の職場環境でストレスフリーな経理生活を手に入れるために、ぜひ一度プロのアドバイザーに相談してみてください。

経理の関連記事

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。