記事FV
経理
2024/06/19 更新

経理のおすすめ資格10選|転職・キャリアアップに有利な資格を難易度別に紹介

経理のスキルを磨き、キャリアアップや転職を目指す方にとって、資格取得は重要なポイントになります。しかし、どの資格が本当に役立つのか悩む方も多いでしょう。

本記事では、経理分野でおすすめの資格を10種類、難易度別に詳しく紹介します。自分に合った資格を見つけ、将来に向けた転職・キャリアアップにご活用ください。

経理における資格の重要性

ここでは、経理における資格取得の重要性について詳しく解説します。経理が資格を持つことは、自身のスキルを証明することにも繋がり、キャリアアップや転職市場での評価にも大きく影響するでしょう。自分の望むキャリアパスを叶えるための参考にしてください。

資格取得のメリット

経理における資格取得のメリットは多岐に渡ります。

資格試験を通じて得た知識やスキルは、日々の業務に直接応用可能です。これにより、日々の業務にもその知識・スキルを生かすことができ、効率化やミスの減少に繋がるでしょう。

転職活動の際には、経理が資格を取得すれば自身のスキルを客観的に証明する手段となります。取得した資格を履歴書に記載すれば、採用担当者に対して自分の能力をアピールする機会を得られるでしょう。

資格を持っていれば、会社内での評価が高まり、昇進や昇給のチャンスが増えるケースも少なくありません。競争率の高い企業へ転職する際には、他の候補者との差別化になり採用される確率が増える可能性が高まります。

資格がもたらすキャリアアップの可能性

資格を取得することは、キャリアアップへの強力な武器となります。例えば、「日商簿記」「公認会計士」のような資格は、専門職としての知識とスキルを証明するものです。より高度な業務を任されるようになり、責任のあるポジションに昇進する可能性が高まります。

また、資格の勉強を通じて得た知識やスキルは、日常業務だけでなく、新しい業務に挑戦する際にも役立つでしょう。例えば、「財務分析」や「コンサルティング」といった分野が挙げられます。

このように、資格を取得することで、企業内でのキャリアパスが明確化します。資格を生かして「どのようなポジションに進むべきか」「どのようなスキルを磨くべきか」を考えるきっかけとなるでしょう。

経理資格と転職市場の動向

最近の経理資格と転職市場の動向を見ると、資格を持つ求職者に対する需要が高まっている傾向が伺えます。中でも即戦力として期待されるポジションでは、資格保持者の採用確率が大幅にアップするでしょう。

例えば、「日商簿記2級・3級」「公認会計士」のような資格を持っていると、経理や財務の専門職として転職する際に有利です。基本的な経理業務から高度な財務分析まで対応できるスキルを証明することができます。

また、グローバル企業での採用を目指すなら、国際会計基準(IFRS)に関する知識を持つ資格も評価されるでしょう。

さらに近年では、ITスキルを持つ経理人材の需要も高まっています。例えば、経理業務の自動化やデータ分析に関する資格は、最新の経理システムを扱えるスキルを証明し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に貢献できる人材として高く評価されるでしょう。

初心者におすすめの経理資格3選

まずは、初心者におすすめの経理資格を3つ紹介します。これらの資格は、経理の基本をしっかりと身につけるためには最適です。資格取得を通じて基礎知識を固め、実務でのスキルアップを図ることができるでしょう。経理職に就きたい方や、現在の業務に役立てたい方は、ぜひ参考にしてください。

※勉強時間は一般的な目安、かかる費用は最低限必要な価格で表記しております。参考程度にご参照ください。

1. 日商簿記3級

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★☆☆
  • 受験料:3,300円
  • 勉強時間:100時間前後
  • かかる費用:4,500円~
  • 取得するメリット:簿記の基本的な知識が身に付く。今後、上位資格を取る際の基礎知識が習得できる。

日商簿記3級は商工会議所の認定試験で、基本的な簿記の知識を証明する資格となります。経理の入門資格として広く認知されているのが特徴です。

資格を取得することで、基本的な「仕訳」「財務諸表の作成方法」するスキルが身につき、日常の経理業務を正確かつ効率的に行うことができます。

経理職を目指す初心者や、経理の基礎を見直したい人にとっては必須の資格とも言えるでしょう。日商簿記は1級・2級・3級・初級の4つのレベルに分かれています。経理として実務に活かすのであれば、まずは3級からチャレンジしましょう。

2. 給与計算実務能力検定

  • おすすめ度:★★☆
  • 難易度:★★☆
  • 受験料:8,000~10,000円
  • 勉強時間:40~60時間
  • かかる費用:10,000円~
  • 取得するメリット:実務での即戦力となる。給与計算の正確性を向上させるとともに、能力の評価基準にもなる。


給与計算実務能力検定は、給与計算に関する知識と実務能力が身につく資格です。正確な給与計算業務を担うためにおすすめで、1〜3級まであります。


給与計算は、「各種社会保険料」「所得税等の税金を国に納める代行作業」を担うため、重要な業務です。この資格を取得することで、給与計算の基本から応用までを網羅的に学び、法定福利費や税金の計算・年末調整などの業務を正確に行う能力を身につけることができるでしょう。

また、給与計算の知識は経理部門だけでなく、人事部門でも役立ちます。業務の幅が広がり、キャリアの選択肢も増えることにつながります。

3. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★☆
  • 受験料:1科目10,780円~
  • 勉強時間:30~80時間
  • かかる費用:1科目あたり12,000円~
  • 取得するメリット:Officeソフトの操作スキルを取得し、業務効率を向上させる。実践的なパソコンスキルを有することの証明ができる。

MOSは、Microsoft Officeの主要アプリケーション(Excel・Word・PowerPointなど)の操作スキルを証明する国際的な資格です。経理業務において、計算やデータの集計ができるExcelは特に重要なツールであり、高度な操作スキルを持つことで、分析や報告書作成の効率が大幅に向上します。

また、資格取得者はOfficeソフトの操作において他の従業員をサポートする役割を担うことができ、職場での評価も高まります。

MOSは経理だけでなく、ビジネス全般で活用できるスキルです。そのため、経理以外の道を考えた場合のキャリアアップにも強力な武器となるでしょう。

中級者向けの経理資格3選

続いて、中級者向けの経理資格を3つ紹介します。これらの資格は、基礎を学んだ後に「さらなる専門知識を深めたい方」「経理業務でのキャリアアップを目指す方」におすすめです。経理職としての専門性を強化し、将来のキャリアにも役立ちます。ぜひ、自分の目指す方向に合った資格を見つけ、さらなるステップアップを目指しましょう。

1. 日商簿記2級・1級

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★★
  • 受験料:2級:5,500円、1級:8,000円
  • 勉強時間:2級:100~200時間、1級:500~1,000時間
  • かかる費用:8,000円~
  • 取得するメリット:高度な簿記の知識を身につけることで、企業内での評価が高まり、キャリアアップにも有利。

日商簿記2級・1級は、経理の専門知識をさらに深めるための重要な資格です。2級は商業簿記と工業簿記の知識を問われ、1級ではさらに高度な内容が求められます。この資格を取得することで、財務諸表の作成や分析・予算管理など、実務に直結するスキルを身につけることができます。


とくに1級は、上級職や管理職への昇進を目指す場合に非常に有利です。資格取得によって、企業内での評価が高まり、責任あるポジションを任される機会が増えるでしょう。

また、将来的に公認会計士や税理士を目指す場合の基礎となるため、キャリアの選択肢が広がります。日商簿記2級・1級は、経理のプロフェッショナルとしての道を開く強力な資格となるでしょう。

2. ファイナンシャルプランナー(FP)

  • おすすめ度:★★☆
  • 難易度:★★★ ※受験級により差あり
  • 受験料:3級:8,000円、2級:11,700円、1級:20,000円 ※3級・2級は学科・実技の総合計
  • 勉強時間:80~600時間 ※受験級により、差があり
  • かかる費用:10,000円~
  • 取得するメリット:資産管理や運用の知識が深まる。経理業務の幅が広がる。

FPは、個人や企業の資産管理や運用に関するアドバイスを行う専門資格です。この資格を取得することで、「ライフプランニング」「リスク管理」「投資信託」「年金制度」など、幅広い金融知識を身につけることができるでしょう。


さらに、企業の資産運用やリスク管理に関する提案ができるようになるため、経理部門での役割が拡大し、戦略的な業務に携わる機会が増えます。また、顧客や従業員への資産管理アドバイスを行うことで、信頼関係の構築にも繋がるでしょう。


FPは、金融機関だけでなく一般企業でも評価されるため、転職市場でも有利に働きます。経理の専門知識に加え、資産管理や運用のスキルを持つことで、より多くのキャリアチャンスを掴むことができるでしょう。



3. ビジネス会計検定

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★☆
  • 受験料:3級:4,950円、2級:7,480円、1級:11,550円
  • 勉強時間:100~150時間
  • かかる費用:7,000円~
  • 取得するメリット:財務諸表の分析能力が向上し、企業の経営戦略にも貢献できる。

ビジネス会計検定は、財務諸表の読み方や企業分析の技術を証明する資格です。この資格を取得すれば、企業の財務状況を的確に分析し、経営戦略に貢献できるスキルを身につけることができます。

例えば、予算策定やコスト管理・投資判断など、企業の経営に直結する業務を担当する機会が増えます。また、企業の財務状況を第三者に説明する際にも役立つでしょう。

経理の専門知識に加え財務分析のスキルを持つことで、企業内での評価が高まり重宝される人材となり、転職を検討する際も有利になります。

上級者・専門職向けの経理資格4選

ここでは、上級者や専門職向けの経理資格を4つ紹介します。これらの資格は、経理のプロフェッショナルとしてさらなる高みを目指す方や、専門的な知識を深めたい方に最適です。高度なスキルを証明するこれらの資格を取得することで、キャリアの選択肢が広がり、企業内外での評価も高まります。ぜひ、自分に合った資格を見つけ、さらなるキャリアアップを目指しましょう。

1. 公認会計士

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★★
  • 受験料:19,500円
  • 勉強時間:2,500〜3,500時間
  • かかる費用:60~70万円程度
  • 取得するメリット:会計のスペシャリストとして高い評価を得られ、監査法人や大手企業でのキャリアが広がる。

公認会計士は、会計監査や財務コンサルティングの専門家として認められる資格です。この資格を取得することで、企業の財務状況を詳細に分析し、監査業務を担うこともできます。

財務コンサルタントとして企業の経営戦略を支える役割を担ったり、独立してコンサルタントになったりと活躍の場が広がるでしょう。

また、公認会計士の資格は、企業の財務健全性を保証するための重要な業務を任されるため、社会的な信用も高まります。さらにこの資格は、国際的にも認知されているため、海外でのキャリア展開も視野に入れることが可能です。

2. 経理事務パスポート検定(PASS)

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★☆
  • 受験料:3級:1,100円、2級:3,300円、1級:4,950円
  • 勉強時間:30時間~
  • かかる費用:1,650円~
  • 取得するメリット:経理事務全般のスキルを証明し、即戦力として活躍できる。

PASSは、経理事務の基本から実務までを幅広くカバーする資格です。この資格を取得することで、仕訳や帳簿管理・決算処理など、経理業務全般を担当することができます。特に、網羅的に経理業務を任される中小企業や事務所では非常に重宝されるでしょう。

また、PASSは経理の基礎力を証明するものであり、転職市場でも評価されます。経理の実務経験が少ない方でも、この資格を取得することで即戦力として活躍できるでしょう。また、経理の基本をしっかりと学ぶことで、将来的により高度な資格取得を目指す際の基盤にもなります。

3. 経理・財務スキル検定(FASS)

経理・財務スキル検定(FASS)は、経理および財務の専門知識と実務能力を証明する資格です。

  • おすすめ度:★★☆
  • 難易度:★★☆
  • 受験料:一般:11,000円 、 日本CFO協会法人会員:8,800円
  • 勉強時間:40~60時間
  • かかる費用:10,000円~
  • 取得するメリット:経理・財務の専門知識を証明し、企業の経営戦略に貢献できる。

FASSは、経理および財務の専門知識と実務能力を証明する資格です。この資格を取得することで、財務分析や予算管理、資金調達など、企業の経営戦略に直結するスキルを身につけることができます。

FASS資格は、経理・財務部門でのキャリアアップに非常に有利です。特に、中小企業から大手企業まで、幅広い業種で評価される資格であり、実務能力を証明することで、即戦力として活躍できる場が広がります。また、財務分析や予算管理のスキルは、経営陣とのコミュニケーションや戦略立案にも役立ちます。

この資格を持つことで、企業内での評価が高まり、昇進や転職市場での競争力が向上します。経理・財務スキル検定は、経理のプロフェッショナルとしての地位を確立し、企業の経営戦略に貢献するための強力なツールです。

4. 米国公認会計士(USCPA)

米国公認会計士(USCPA)は、国際的に認められた会計の専門資格で、グローバルなキャリアを目指す方に最適です。

  • おすすめ度:★★★
  • 難易度:★★★
  • 受験料:1科目:$344.80~$364.80+日本会場追加料金:$390.00/1科目
  • 勉強時間:1,000〜1,500時間
  • かかる費用:70万円~
  • 取得するメリット:国際会計基準に精通し、グローバル企業でのキャリアを広げることができる。

USCPAは、国際的に認められた会計の専門資格です。この資格を取得することで、米国の会計基準(GAAP)や国際会計基準(IFRS)に精通し、グローバルな企業での会計業務を担うことができます。特に、外資系企業や国際的な業務を担当する際に非常に有利です。そのため、USCPA資格を持てば、海外でも活躍する可能性が開けるでしょう。

さらに、USCPA資格は高い専門性を持つため、給与面や待遇の向上も期待できます。企業の経営戦略に深く関与し、会計業務だけでなく財務コンサルタントや監査役としてのキャリアも展開できます。

米国公認会計士資格は、経理のプロフェッショナルとしての国際的な地位を確立するのにおすすめです。

経理資格取得のための勉強法

経理資格取得を目指す際には、効果的な勉強法や現場での知識の活用が効果的です。ここでは、「効率的な勉強法」「オンライン講座の選び方」「実務で役立つテクニック」について詳しく解説します。自分の求める資格を、最短で確実に取得するための参考にしてください。

効率的な勉強法と学習ツール

効率的な勉強法を実践するためには、まず学習計画を立てることが重要です。資格試験の日程を確認し、逆算して確保できる学習時間をチェックしましょう。それを元に、1日に使える勉強時間と勉強すべき内容を照らし合わせ、計画的に学習を進めるのがおすすめです。


また、効率的に学習するためには、教材・ツールの活用も欠かせません。テキストや参考書だけでなく、問題集や過去問を使って実践的な勉強を行いましょう。問題を解くことで、試験の出題傾向や問題形式に慣れることができます。また、学習アプリやオンライン教材を利用することで、通勤時間やちょっとした空き時間にも勉強することが可能です。アプリでは、問題を解くだけでなく、解説や動画講義を視聴することもできるため、理解を深めるのに役立つでしょう。


オンライン講座の選び方

オンライン講座は、自分のペースで学習を進められるため、資格取得を目指す方にとって非常に便利です。また、定期的に新しい情報に更新されるため、最新の知識が学べます。


数多く存在するオンライン講座から、自分に合ったものを選ぶためには、「講座の内容とカリキュラム」「コストパフォーマンス」「受験生のレビューや評価」の3つをチェックすると良いでしょう。


1. 講座の内容とカリキュラム

講座の内容とカリキュラムを確認する場合、「試験範囲を網羅しているか」「実践的な問題が含まれているか」をチェックします。担当している講師の経歴や評価も確認し、専門知識と教えるスキルを持っているかを見極めることも重要です。実績のある講師が提供する講座は、理解しやすく、試験対策にも効果的と言えます。


2. コストパフォーマンス

オンライン講座を選ぶ場合、コストパフォーマンスも考慮しましょう。高額な講座が必ずしも良いとは限りません。無料の体験版や、お試し期間を利用して、自分に合った講座を見つけることが大切です。また、資格取得のためには継続した学習が必要なため、自分の予算に合うかも確認することが重要になります。


3. 受験生のレビューや評価

オンライン講座を選ぶ時には、受講生のレビューや評価を参考にすることも大切です。実際に受講した人の意見を聞くことで、講座の良し悪しを判断することができます。また、オンライン講座の場合は、サポート体制についても要チェックです。質問ができる環境や、フォローアップのサービスが充実している講座を選ぶと、学習の途中で疑問が生まれた場合にも、安心して相談できるでしょう。



実務で役立つテクニック

経理資格の取得を目指す場合、机上の勉強だけでなく、実際の業務でその知識を活かすよう意識する事が重要です。

資格はあくまで、自身のスキルの証明をするもので、実践に活かすことができなければ意味はありません。学んだ知識を活用することで理論と実践を統合でき、知識が深く定着して実務に直結するスキルとなるでしょう。

例えば、正確なデータ入力と管理は経理の基本です。実際にExcelや会計ソフトを使って効率的なデータ処理を実践することで、学習した内容が確実に身につきます。

実務経験を通じて、学習内容を実際の業務にどう活かせるかを理解し、試験対策だけでなくキャリアにも役立つスキルを身につけましょう。


経理の資格取得を通じてスキルアップしたい方はWARCエージェントに相談しよう

経理の資格取得を目指すことで、スキルアップやキャリアアップが可能になります。しかし、どの資格を選び、どのように学習を進めるべきか悩むことも多いでしょう。そんな時は、WARCエージェントへの相談がおすすめです。


WARCエージェントは、ベンチャー・IT企業を中心とした経営管理部門の転職支援サービスであり、豊富な知識と経験を持つコンサルタントが在籍しています。個々のキャリア目標に合わせた最適な資格や学習方法を提案し、資格取得後のキャリアパスも一緒に考え転職活動をサポートするのが特徴です。


資格取得を通じてスキルアップを図り、より良いキャリアを築きたいという方は、ぜひお気軽にWARCエージェントへ相談してくださいね。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。