記事FV
資格
2024/06/23 更新

電子会計実務検定とは?試験内容、取得メリット、勉強方法を解説

この記事では、電子会計実務検定に焦点を当て、資格の詳細、取得の利点、および効果的な学習アプローチについて詳しく説明します。さらに、この資格が転職やキャリア向上にどのように寄与するかも明らかにします。

電子会計実務検定の概要

電子会計実務検定は、簿記の理論と知識をもとに、会計ソフトから得られる情報を分析し、実務で実践できる能力を評価する資格試験です。比較的新しい試験であり、2005年に導入されました。現代ではデジタル化が進み、会計分野でも電子化が急速に普及しています。そのため、会計ソフトを活用した電子会計のスキルがますます求められています。

電子会計実務検定は、伝統的な会計知識だけでなく、会計ソフトの実際の使用方法など、テクニカルなスキルをテストする独自の特徴があり、時代の変化に対応するための新しいスキルを養うために生まれたものです。

従って、電子会計実務検定は、現代のビジネスプロフェッショナルにとって非常に価値のある資格であると言えます。経理部門だけでなく、さまざまなビジネス分野で活躍する機会が広がっています。この資格に挑戦して、新しいスキルを身につけてみることをお勧めします。

参考:商工会議所の検定試験「電子会計実務」

簿記試験と電子会計実務検定の違い

簿記試験と電子会計実務検定は、どちらも会計に関連する資格ですが、それぞれが強調するポイントは大きく異なります。

簿記試験は、企業の経営活動における記録、計算、整理を通じて経営成績や財政状態を明らかにするスキルを評価します。それに対して、電子会計実務検定は、その名の通り電子会計に焦点を当てた資格で、会計ソフトウェアの操作に関する知識も不可欠です。

簿記試験では、伝票から財務諸表の作成までのプロセスを紙ベースで学びますが、電子会計実務検定はさらに進化し、会計ソフトウェアを使用して実際にデータ入力と経理処理をどのように行うかを評価します。この違いが最も大きく、IT技術と会計知識を組み合わせた新しい時代の会計専門家の育成を目指す電子会計実務検定は、現代のビジネス環境において非常に価値のある資格と言えます。

今後増加する電子会計の需要

現代社会は急速にデジタル化が進展しており、会計業界にも例外ではありません。従来の紙ベースの会計から電子化されたシステムへの移行が求められています。電子会計実務検定のような、ITと会計の知識を結びつけた資格の需要は今後ますます高まるでしょう。

企業の経理部門はもちろん、様々なビジネスシーンで電子会計システムの導入や活用が進行中です。これに対応するためには、従来の会計知識に加えて、最新の会計ソフトウェアの操作スキルも不可欠になっています。これらのスキルを習得することで、デジタル変革の波に適応したプロフェッショナルとして、自身の市場価値を向上させることができるでしょう。

電子会計実務検定は、このような需要に応えるための資格であり、その価値は今後のIT社会において一層高まると予測できます。

電子会計実務検定の受験に関する詳細

このセクションでは、電子会計実務検定についての詳細情報について説明していきます。

受験資格と申し込み方法

電子会計実務検定には特定の受験資格が必要ないため、誰でも受験可能です。試験を受ける場合、最初に近くのネット試験会場に問い合わせし、試験の開催場所と日程を確認します。その後、直接会場で申し込み手続きしましょう。

試験日程と試験会場

電子会計実務検定の3級と2級は、商工会議所や教育機関、企業など、特定の機関で随時受験可能です。これにより、試験日程を柔軟に選択できます。一方、1級は年に2回、2月と10月に決まった期日に実施なので注意してください。

受験の際に試験日程を確認し、自分のスケジュールに合わせて計画をたてましょう。

受験料

電子会計実務検定の受験料は受験する級によって異なります。

1級の受験料は10,480円、2級は7,330円、3級は4,200円です(いずれも税込み)。受験料は資格取得にかかるコストですが、スキル向上とキャリアアップに投資するものと捉えることが重要です。自身のスキルと目標に応じて、適切な級を選択しましょう。

合格発表

電子会計実務検定の合格発表方法は、受験する級によって異なります

2級と3級では、試験後にオンラインで採点結果が即座に表示されます。一方、1級は試験後に回答用紙を日本商工会議所に送付し、中央採点が行われ、合格結果は後日通知されます。これらの手続きについて理解し、試験に臨む準備を整えてください。

電子会計実務検定の試験内容について

各級において求められるスキルが異なるため、3級、2級、1級の試験内容について説明します。特に注目すべきは、試験に使用される特定の会計ソフトウェアです。その点にも注意を払いながら、自分のスキルに合った試験対策を立てましょう。

電子会計実務検定3級の試験内容

電子会計実務検定3級の試験は、択一式と数値入力式の問題実施します。この試験では、電子会計の基本知識が求められる内容になっています。具体的には、電子会計データのフローと電子会計情報の適切な活用についての理解が必要です。

一部の問題では、実務操作で会計ソフトを使用する場面もあるかもしれません。具体的には、取引の記帳や、取引後の会計情報の出力などが出題される可能性も少なくありません。

3級を受験する方は、これらの基本的な電子会計の知識を習得し、実際の操作にも慣れることが求められます。スキルレベルに合わせて、適切な学習方法を選択し、試験に向けて準備を行いましょう。

電子会計実務検定2級の試験内容

電子会計実務検定2級の試験は、より高度な電子会計知識と技術が求められます。試験の形式は3級と同様に択一式と数値入力式です。具体的には、関連業務からの業務データ活用、電子会計情報の効果的な利用、電子会計データの保管と管理についての理解が求められます。

さらに、高度な会計ソフトの操作スキルも試されるので準備しておきましょう。データのインポートとエクスポート、複雑な取引の記帳、決算書の作成など、より高度な操作能力が必要です。

2級を受験する方は、基本知識に加えて、複雑な電子会計フローと情報利用方法を理解し、会計ソフトを高度に操作する技能を習得することが重要です。試験に向けた学習計画を策定し、実際のトレーニングを行いましょう。

電子会計実務検定1級の試験内容

電子会計実務検定1級の試験は、記述式問題が中心です。このレベルでは、電子会計の包括的な理解と実務スキルが求められます。試験内容は、電子会計情報の効果的な利用、会計ソフトの導入と運用、電子会計データの電子保存と公開、電子申告と納税システムの理解など、多岐にわたります。

また、企業の経理だけでなく、NPOや自治体など、企業経理以外の会計システムに関する知識も必要です。ここでは、業種や組織の特性に合わせた会計ソフトの選択、導入と運用の計画と管理、効果の評価など、実務スキルが問われます。

1級を目指す方は、幅広い知識とスキル、複雑な現場状況への適応能力を磨く必要があります。電子会計の最先端を学び、そのスキルを活かして会計業務の効率化と信頼性向上に貢献できるプロフェッショナルを目指しましょう。

電子会計実務検定の難易度

電子会計実務検定の難易度は、公に発表されている合格率ではなく、受験者の対象層によって推定されます。1級は、経営に関わり、経営にアドバイスを提供する経験と専門知識を持つ人々を対象としており、主に実務経験のある専門家が受験します。2級は、企業や公益法人などの会計実務および財務の責任者を対象とし、会計の実務経験が求められます。

一方、3級は、企業の経理担当者、一般の社会人、学生や生徒をターゲットにしています。3級は基本的な会計知識と会計ソフトの操作スキルがあれば、誰でも挑戦できるレベルです。

難易度は、受験者層の経験と知識の深さに比例します。また、各級の合格ラインは、通常、100点中70点以上です。この合格要件も難易度を評価する際の一因なので、難易度を考える際に参考にしてください。

電子会計実務検定のメリット

電子会計実務検定の取得には、いくつかの利点があります。それでは、就職や転職において有用な点、高いスキルの汎用性、および日常生活への適用性に焦点を当てましょう。

① 就職・転職での有用性

現代のビジネス環境では、電子会計の知識とスキルが必須です。会計業務のデジタル化があらゆる規模の企業で進行しており、スムーズな会計業務の実行が要求されています

電子会計実務検定は、このような電子会計に関する知識と実務スキルを客観的に証明するための資格です。この資格を取得することで、求職者は自身のスキルセットを明示的に示すことができ、企業もその人材の実力を素早く評価できます。

これは、就職や転職の機会で非常に有益であり、電子会計スキルの習得により、幅広い機会を手に入れることができるでしょう。

②高いスキルの応用範囲

電子会計実務検定は、その名前が示す通り、電子会計の「実務」に関連するスキルを認定する資格です。この資格では、会計ソフトを使用したデータ入力、帳票作成、データの保存・管理など、電子会計環境で必要なさまざまなタスクに関する知識とスキルが評価されます。

このスキルは、大手企業の経理部門だけでなく、中小企業や個人事業主など、会計ソフトを導入して業務を行うほぼ全ての組織で活かすことができます。さらに、業界に依存しないため、あらゆるビジネスにおいて会計情報の扱い方は重要であり、これを効果的に行える能力は、業務をスムーズに進めるために欠かせません。

そのため、電子会計実務検定を取得することで、このスキルをさまざまな状況で活用し、仕事の幅を広げることができます。このスキルの幅広い適用性は、この資格の主要な魅力の一つです。

③日常生活にも応用可能

電子会計実務検定を取得すると、その知識とスキルはビジネスシーンだけでなく、日常生活でも役立ちます。たとえば、家計簿を市販の会計ソフトを使って管理することで、収支が簡単に把握でき、生活の質を向上させることができます

さらに、電子化された会計システムを使用して光熱費や食費などのカテゴリごとに支出を記録し、整理することで、自身の生活費の使い方を客観的に評価可能です。これにより、無駄な支出を削減し、スマートな消費行動を促進できます。

また、自営業者や副業をしている場合、専門的な会計ソフトを活用して、簡単に経理業務を自分で処理できるようになるでしょう。これは時間と費用の節約につながります。

つまり、電子会計実務検定は、仕事だけでなく、日常生活全般をスムーズにし、向上させるための資格と言えます。

電子会計実務検定の学習アプローチ

電子会計実務検定を目指す場合、まず基礎から徹底的に学ぶことが肝要です。スタート地点として、簿記の基本知識をしっかりと身につけましょう。その後、模擬問題を解くことで知識を確認し、市販のテキストや通信講座を活用して、試験対策を進めると効果的です。

最初に簿記の基本知識を習得する

電子会計実務検定は、簿記の基本知識が要求される資格です。そのため、学習の最初には簿記の基本知識をしっかりとマスターすることが不可欠でしょう。

具体的には、日商簿記の2~3級相当の知識を身につけることが勧められます。この基本的な知識を習得することで、電子会計システムを理解しやすくなり、実務での応用が可能となります。また、電子会計実務検定の試験範囲が幅広いため、基本知識を確実に習得することは、実務における具体的なスキルの習得にも役立ちます。学習のスタート地点として、基礎から着実に進めることをお勧めです。

電子会計実務検定の模擬問題を解く

電子会計実務検定の学習において、模擬問題の解答は非常に有効です。具体的には、商工会議所の公式ウェブサイトに掲載されている模擬問題を繰り返し解いてみることをお勧めします。

これらの模擬問題は、実際の試験と同じ形式で出題されるため、試験対策に非常に役立ちます。さらに、模擬問題を解くことで、自身の理解度や課題を明確に把握することが可能となります。理解に苦しむ部分があれば、それに焦点を当てて再度学習を進めることで、知識の定着を促進できます。

模擬問題は手軽に取り組めるため、日常の学習計画に取り入れてみる価値があると言えるでしょう。

市販のテキストや通信講座を活用する

電子会計実務検定の学習方法として、市販のテキストや通信講座を活用するのも効果的です。

まず、受験する級に合わせたテキストを選び、それを通じて知識を習得してみてください。これらのテキストは試験の範囲を網羅しているため、体系的に学習できます。さらに、弥生カレッジCMCやソフトキャンパスなどでは、経験豊富な講師による具体的な講座も提供されています。

これらの講座を受講することで、実践的な知識やスキルを習得でき、自己学習を補完する役割を果たします。市販のテキストや通信講座をうまく活用し、合格への道のりを進めていきましょう。

電子会計実務検定と適した資格

電子会計実務検定と適している資格として、ITパスポートやビジネス会計検定が挙げられます。これらの資格は、ITスキルと会計スキルをより深く、幅広く理解するためのものであり、電子会計実務検定と組み合わせて取得することで、ビジネス環境での実力を一層向上させられます。

ITパスポート

ITパスポート試験は、ビジネスにおけるITの活用力を証明する国家試験です。幅広い分野にわたる一般的なIT知識やビジネスに関連する法律、経済、経営などの知識が含まれています。

この資格を取得することで、業務での効果的なIT活用のスキルを獲得可能です。多くの企業では、ITパスポート試験が採用プロセスや社員研修の評価基準として採用されており、電子会計実務検定と組み合わせて取得することで、ITと会計の両方の知識とスキルを証明できます。これにより、自分のスキルセットを向上させるだけでなく、企業に対して高度なIT活用能力をアピールできるでしょう。

ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は、会計の基本的な知識だけでなく、企業の経営を理解し分析できるスキルを認定する資格です。これは、簿記の知識だけでは不足する、より高度なビジネススキルの獲得を可能にします。

電子会計実務検定とビジネス会計検定を併せて取得することで、電子会計の知識、簿記の知識、そして企業経営の把握と分析のスキルの3つの重要なスキルセットを持つことができます。

これらの資格は、経理や会計のプロフェッショナルとしてだけでなく、一般的なビジネス環境でも活用でき、多岐にわたる分野での成功に貢献するでしょう。またそれによって、キャリアアップへの道が開ける可能性もあります。

電子会計実務検定を受験して、経理・会計の未来を切り拓こう

電子会計実務検定は今後の経理・会計業務において極めて重要な資格であり、その取得は私たちのキャリアに多大な利益をもたらすします。

この電子会計実務検定を通じて、絶えず進化するテクノロジーを理解し、適切に活用するスキルを身につけることで、高度なプロフェッショナルとしての道を歩み始めましょう。今が、その第一歩を踏み出す最良の機会です。電子会計実務検定への挑戦をスタートしましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。