記事FV
コラム
2024/06/27 更新

【組織心理学】組織内で発生する怖い現象「沈黙の螺旋」について解説

はじめに

本連載では、ビジネスで活用できそうな経営学理論や重要なキーワードをご紹介しております。

今回は、沈黙の螺旋(らせん)というカッコいいネーミングがついた理論をご紹介します。
この理論は、元々は政治学・社会学分野の理論ですが、組織論においても重要な理論なのでご紹介いたします。

1.沈黙の螺旋とは

沈黙の螺旋とは、自分のことを少数派である又はそうなりそうだと認識した人間は孤立を恐れて沈黙し、自分を多数派だと認識した人間は声高に発言し始め、その結果少数派はさらに少数派となっていくという理論です。

この理論はドイツの政治学者であるエリザベス=ノエル=ノイマンさんが提唱した理論です。

沈黙の螺旋は、日本的でいうと声の大きな人の言うことが通りやすくなってしまう現象のことですが、この現象の最も恐ろしいところは、多数派の意見が間違っている場合でも発生してしまうという点にあります。

ワンマン経営の会社でもよく発生する現象です。

実際に見た事例でいうと、現場では明らかに間違いだと考えられていたプロジェクトが無理矢理推進されていたにもかかわらず、誰もその問題を指摘せず、CEOと一部の取り巻きが暴走し続けて組織が崩壊したという事例があります。

この事例では、当該プロジェクトを間違いだと考えていた一般社員たちが、自分たちを少数派であると感じていたため、CEO及び一部の取り巻きの大きな声に影響を受けて、全体的に萎縮したのです。
その結果、その会社では数十億単位の損失が出て、重要なメンバーが大量に退職するという事態に陥りました。

沈黙の螺旋がどれだけ怖い現象なのかがわかると思います。

2.沈黙の螺旋の発生メカニズム

沈黙の螺旋は、元々政治世論の形成に関する理論なので、それを組織で起こる現象として一般化すると、以下の4つの仮説で構成されていると考えられます。

  1. 人は孤立への恐怖を感じやすい
  2. 組織は少数派を孤立させることで驚異(恐怖)を与える
  3. 人は孤立への恐怖から、多数意見の動向を伺っている
  4. どの意見が多数意見なのかという認知が公的な場での言動に影響を与える

これら4つの仮説が複雑に関連しあって、沈黙の螺旋が発生すると考えられています。

この理論を前提にすると、少数派に属する人たちのうち、周りによく配慮し、意見の趨勢を観察している人ほど沈黙の螺旋の影響を受け、発言が減少する(萎縮する)傾向が強いはずです。

そして、日本人の多くが配慮の塊みたいなものなので、沈黙の螺旋の影響を受けやすいといえるでしょう。

3.沈黙の螺旋の防止策

上述のとおり、沈黙の螺旋を放置しておくと、時に大きな失敗へとつながって行くことがあります。

そこで、沈黙の螺旋を防止するための策をいくつかご紹介します。

(1)ハードコア層の尊重

ハードコア層とは、自分が少数派だという認識を持った後でも臆せず意見を表明する孤立を恐れない人たちのことをいいます。

新しい意見や異なる意見を尊重することはとても重要なことなので、沈黙の螺旋の防止という観点から、一定の尊重を行うべきです。

ただし、注意も必要です。

たしかに、多数意見が間違っている場合、このハードコア層は非常に有り難い存在となりますが、一歩間違えば危ない人達にもなり得ます。
必要なときに論理的な反対意見を述べるのは大歓迎ですが、ハードコア層には一定数、何でもかんでも感情的に反対しまくる人がいるからです。

そもそも多数派意見が明確に間違っているというケースは、そこまで多くありません。
大勢の人間が考えて同じ結論に至るのであれば、一定の合理性がある結論が採用されることが多いので、明らかな間違いを犯すことも少ないのです。
そのため、組織のマネージャーは、ハードコア層の意見をよく検討して、その意見を尊重するかどうかを判断しないといけません。

(2)悪魔の代弁者の採用

悪魔の代弁者とは、多数派の意見にあえて反対意見を述べる役割の人をいいます。

悪魔の代弁者は、できればハードコア層の人間で、かつ、論理的な批判がしっかりできる人に任せるべきです。
これによって議論の質が向上します。

そして、反対意見からの批判にもしっかり対応できるだけの論理を組み立てることができれば、集団的間違いを未然に防ぐことができるはずです。

(3)マネジメント層の自覚

マネジメント層が自己の発言の影響力を自覚することも効果的です。

マネジメント層は、通常その組織内で大きな権限と裁量を持っています。
それゆえに、肩書と権限による効果で、発言に余計な影響力が発生してしまいます。
その結果、沈黙の螺旋を自ら発生させてしまう可能性が高まるのです。

だからこそ、マネジメント層が自己の発言の影響力に自覚を持って、少数派の意見に耳を傾けるだけで、容易に沈黙の螺旋に歯止めをかけることができます。

優れた経営者の多くは、周りの人間の意見をよく聞いていることが多いので、一度自分の声の影響力を顧みてみるといいかもしれません。

おわりに

ということで今回は、沈黙の螺旋という厨二心をくすぐられるキーワードを解説させていただきました。

どこの組織でも発生し得る現象だと思いますので、知識として押さえておきましょう。

そもそも、経営上の意思決定を行う場合、どうしても多数決になってしまいがちですが、その多数意見が正しいとは限らないので、決断を下す前に十分な検討を行わなければなりません。
そんなときに沈黙の螺旋という現象を思い出していただいて自分たちの見解を客観的に分析してみてください。
それによって、更に良い結論にたどり着けるかもしれませんから。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

【お問い合わせ】

WARCで働きたい!WARCで転職支援してほしい!という方がもしいらっしゃれば、以下よりご連絡ください。
内容に応じて担当者がお返事させていただきます。

転職相談はこちら

コラムの関連記事

プラットフォーム型ビジネスモデルとは

エージェンシー問題とは

効率的市場仮説とは

経営戦略理論・RBVとは

三新活動とは

ビジネスモデルとは

集団浅慮とリスキー・シフトとは

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは

プロダクトライフサイクルの意味

ステークホルダーの意味や種類

沈黙の螺旋とは

PEST分析について

株式の制度やメリット

完全競争と不完全競争

M&Aの基礎知識

サーバントリーダーシップ理論とは

モラルハザードとは

経済学理論「逆選択」とは

情報の非対称性とは

組織心理学「PM理論」とは

パスゴール理論とは

心理学理論に基づくマネジメント

経営学の全体像

経営戦略の4つのレベル

経営戦略の4段階

高い業績を出す組織を作る方法

変革型リーダーシップ理論

カリスマ的リーダーの特徴

意思決定モデル4類型

組織内の「いじめ」対処法

科学的管理法と人間関係論

組織を崩壊させる「ゆでガエル理論」とは

ゲシュタルト心理学分野とは

権力の腐敗とは

組織内で起こる「同調現象」とは

マネジメントにおける「観客効果」とは

「自己検閲」と「マインドガード」

「集団極性化」とは

「傍観者効果」の危険性

「組織コミットメント」とは

モチベーションに影響を与える「心理的契約」

早期離職の心理学

早期離職を防ぐ可能性のあるRJP理論

サボる人間の心理学

職務特性理論とは

心理学に基づくストレス対処法

人事評価で気をつけたい認知バイアス

マネジメント理論「XY理論」とは

人材採用で気をつけたい「ハロー効果」

組織開発でも使える単純接触効果

ビジネスでも重要な恋愛心理学

ビジネスでも使える認知的不協和理論

ダニングクルーガー効果とは

極限の集中状態に入る条件

内発的動機づけの意味

「マジカルナンバー」とは

人事や採用担当が学ぶべき心理学

ベンチャー監査役の業務内容

ベンチャー内部監査で活かせる資格

ベンチャー総務の業務内容

ベンチャー人事の業務内容

ベンチャー労務に活かせる資格

ベンチャー法務に求められる能力

ベンチャーPR/IRの業務内容

ベンチャーの経営企画で活かせる資格

ベンチャー財務部の業務内容

ベンチャー経理経験の価値が高い理由

経営管理部門の採用の難しさ

応募が集まる求人票とは

職務経歴書の書き方とは

人材紹介という仕事に対する向き合い方

情シスのリモートについて

情シスで求められる志向性

年収から見た情シス市場の変化

ベンチャーにおけるCxOの役割

ベンチャー企業の基本類型

求人数から見た情シス市場の変化

著者画像

株式会社WARC

瀧田桜司

役職:株式会社WARC 法務兼メディア編集長/ 学歴:一橋大学大学院法学研究科修士課程修了(経営法学)及び京都大学私学経営Certificate/ 資格:司法試験予備試験・行政書士など/ 執筆分野:経営学・心理学・資格・キャリア分野のコラム記事を担当させていただく予定です